パスタの種類とおいしくするソースの選び方<ロングパスタ編>

パスタの種類とおいしくするソースの選び方<ロングパスタ編>

みんな大好きなパスタ料理。手作りする際にソースと麺の種類の関係を知っていると、アレンジが無限大! パスタ料理がもっとおいしくなりますよ! ソースと麺の相性を知って、もっとパスタを楽しく作りましょう。

 

地方やメーカーによっても異なるパスタの種類

パスタの種類は地方やメーカーによって、名前や形も違います。さらに手作りした場合まで含めると、分類すらできないものもあります。今回はロングパスタに注目し、代表的なパスタの種類と相性のいいソースをご紹介いたします。

 

ロングパスタも種類はさまざま

ロングパスタは長い棒状で、日本人にもなじみ深いパスタです。ラザニアのような平たいパスタもロングパスタの仲間に入ります。断面や、太さによってさまざまな種類があります。

 

パスタの種類とソースの関係

さまざまな種類があるパスタですが、形状とソースには密接な関係があります。今回はロングパスタを中心に深く掘り下げてみましょう。パスタの名前には、おもしろい意味も含まれています。知っていると楽しいので、ぜひ覚えてみてください。

 

円形状パスタ

 

スパゲッティー(spaghetti)

語源:「紐」という意味
太さ・形:1.8mm~1.9mm前後

じつはスパゲッティーという名前のパスタは想像していたよりも太め。濃い目のソースなどにとてもよく合います。日本では茹でて、いったん冷ましてから炒める「ナポリタン」などでよく見かけます。

 

スパゲッティーニ(spaghettini)

語源:「より細いスパゲッティー」という意味
太さ・形:1.6mm~1.7mm前後

一般的によく流通しているのは、こちらのスパゲッティーニ。オイルパスタからクリームパスタまでオールマイティーに使えるので、サイズに迷ったらこちらを選ぶとよいでしょう。アルデンテも非常に感じやすいです。

 

ブロッコリーとアンチョビのシチリア風パスタ

スパゲッティーニと相性のいいオイル系のパスタです。パン粉をかけて食べるのがシチリア風。

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/12773/recipe/133716

 

フェデリーニ(fedelini)

語源:「糸」「薄い」という意味
太さ・形:1.4mm~1.5mm前後

細めのパスタなので、さっぱりとしたオイル系や、スープパスタによく合います。少しのびやすいので、扱いには注意が必要です。スパゲッティー二などと同量を調理すると、少し多くなるので若干量を減らして調理すると、ちょうどいいと思います。

 

きゅうりの冷製タプナードパスタ ヨーグルトクリームソース

さわやかなきゅうりのすりおろしをタプナードソース仕立てにし、ヨーグルトソースにからめていただきます。

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/12773/recipe/137725

 

カペッリーニ(capellini)

語源:「毛」という意味
太さ・形:0.8mm~1mm前後

とても細いパスタで、冷製パスタや、スープなどに使われます。カペッリ・ダンジェロ(capelli d'angelo:天使の髪の毛)とよばれる、丸くまとめられたものもありますが、使い方は棒状のカペッリーニと同様です。

 

トマトとサーモンの冷製パスタ レモンペパーミントソース

オクラの食感も楽しい、ペパーミントがさわやかな冷製パスタ。グレープシードオイルとレモンでさっぱりとしたソースです

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/12773/recipe/129474

 

さまざまな形状のパスタ

 

リングイネ(linguine)

語源:「舌」という意味
太さ・形:短径1mm、長径3mmほどの楕円形

ジェノベーゼソースなどに代表されるパスタ。濃い目のトマトソースなどにも、とてもよく合います。

 

鯖と醬油麹のトマトソースパスタ

鯖の水煮缶で簡単にあっという間にできてしまうトマトソースパスタ。醬油麹がコクの秘訣です。

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/12773/recipe/146595

 

フェットゥチーネ(fettuccine)

語源:「小さなリボン」の意味
太さ・形:幅7 - 8mmの平たい形状

イタリア北部ではフェットゥチーネとよばれていますが、南部~中部ではタリアテッレ(tagliatelle)とよばれます。同じ形のパスタに、もう少し幅が広いタリオリーニ(tagliolini)と呼ばれる卵入りのパスタもあります。クリーム系や、ラグーソース(野菜と肉を煮込んだソース)などとの相性は抜群です。

 

スモークサーモン フェットチーネ

レンジで作れるソースなので、あっという間にできちゃいます。セージを香りのアクセントにしました。

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/12773/recipe/134383

 

バッパルデッレ(pappardelle)

語源:「食いしん坊」「豪快に食べる」などの意味
太さ・形:20 - 30mmの平たいリボン状のパスタ

濃厚なラグーソース(ジビエを使ったものなど)や、濃厚なクリームソースと合います。名前の意味からわかるとおり、ボリュームたっぷりのパスタです。

 

キッタラ(chitarra)

語源:「ギター」という意味
太さ・形:2mmほど 四角い断面

木箱にギターのように弦を張り、その上に伸ばした生地を押し当てて切り、麺にします。そのため、麺の断面が正方形になっているのが特徴。子羊を煮込んだソースで食べるのが伝統的な食べ方です。

 

エビとバジルのクリームキッタラ

モチモチののキッタラは、しっかり味のクリームで。食べごたえのある1品です。

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/12773/recipe/125016

 

ブガティーニ(bucatini)

語源:「穴」という意味
太さ・形:直径が2mm~3mm 管状で穴があいている

名前の通り、中心に穴が開いているパスタです。アマトリチャーナ(リコッタと塩豚のトマトソース)が代表的なソースです。濃厚なソースに非常に合います。

 

アマトリチャーナ

 

ソースとの組み合わせを考えれば、バリエーションは無限大

今回は日本でも比較的簡単に手に入るパスタをご紹介しました。こちらでは紹介しきれませんでしたが、他にもさまざまなパスタの種類があり、お取り寄せなどで手に入るものもあります。生麵や、蕎麦を混ぜ込んだもの、チーズや具を混ぜたものなど、まだまだたくさんの種類があります! さらにソースとの組み合わせを考えれば、バリエーションは無限大です。ぜひ、パスタにこだわって、いろいろと作ってみてください。

 

関連記事
【憧れ料理道具辞典・蒸籠】選び方やお手入れ方法、おすすめレシピ
おしゃれパスタネストはパーティにぴったり♡
1分でパスタがゆであがる!?その秘密は水漬け&冷凍保存にあり

 

この記事のライター
料理研究家/テーブルコーディネーター 松尾絢子
https://oceans-nadia.com/user/12773

関連記事