お手頃マグロに●●を加えればネギトロに大変身!

お手頃マグロに●●を加えればネギトロに大変身!

お寿司のネタはもちろん、居酒屋やファミレスでも人気の「ネギトロ」。じつは、どこの家庭の冷蔵庫にもある、あの調味料で簡単に作ることができるんです! 魚料理が得意な筋肉料理人さんが、その秘密を教えてくれました。

こんにちは、筋肉料理人です!
皆さん、ネギトロはお好きでしょうか? ネギトロはお寿司のネタとしてはもちろん、居酒屋、ファミレスでも人気の料理なので、大好きという方が多いと思います。


寿司ならネギトロ軍艦、居酒屋さんならネギトロ+海苔で、ネギトロ巻きに、ファミレスならネギトロ丼がお馴染みでしょう。

 

もともとは寿司屋のまかない料理

そんな人気のネギトロですが、もともとは寿司屋さんのまかない料理だったそうです。マグロの中落ちや皮の下の脂、すじ肉を包丁で叩いて丼飯にのせ、臭み消しにネギをちらして作ったものなので、本来はマグロを1本買いするようなお店でしか作れないものでした。それがいつしか商品化され、手軽に食べられるように工夫したのが今のネギトロです。

 

ネギトロは高級品!

本来は本マグロで作っていたネギトロですが、本マグロのネギトロはお値段高く、庶民は手軽に食べられません。


そこで考えられたのが、お値段の安いキハダマグロやビンナガマグロの赤身を使い、これに脂分を加えて作ったネギトロです。


お手頃価格で食べられるネギトロはほとんどがこれ。冷凍品なども手頃な値段で売られています。業務用スーパーに行くと、チューブ入りの冷凍ネギトロがありますが、おそらくこれも同じだと思います。

 

少量のネギトロなら、手作りしちゃいましょう

業務用の冷凍ネギトロも今では十分においしいので、ネギトロ好きで家族の多い方は業務用のものを買ってくるのもお薦めです。ですが、家族が少ない方や、一人分でいいんだけどという方は自分で作っちゃいましょう。

 

必要なのは「マヨネーズ」

ネギトロの自作は簡単です。ちょっと前まで魚料理屋さんでは鮪の赤身にネギトロ専用の油を混ぜていましたが、これ、マヨネーズで代用できます。

材料はマグロの赤身とマヨネーズなのでとても簡単です。マグロの赤味はスーパーでお買い得商品になっていることが多いので、そんな時に買ってきて作るとお得です。


マグロを半分に切り分け、最初に薄く切ります。切ったマグロを半分に分け、片方にはマヨネーズを加えてペースト状になるまで包丁で叩きます。もう片方はそのまま包丁で粗く叩きます。

ピンクっぽいのがマヨネーズを混ぜた方で、赤いほうがマヨネーズなし、粗く叩いたものです。これを混ぜ合わせます。

混ぜ合わせると、この段階で充分おいしそうです。遠慮なくつまみ食いして下さい。そして、「おいし~」と思ったら、このまま食べていいです。もしも、もうちょっと旨味が欲しいなあ~と思った時は、「うま味調味料」を一振りしましょう。


「うま味調味料!?」
エエエ~~~~ 工エエェェ(´д`)ェェエエ工


なんて思われるかもしれませんが、私を信じて下さい。おいしくなってます(断言!!)

出来上がったネギトロを皿盛するとこんな感じです。

丼飯にのせればこんな感じ。丼にする時は海苔と卵黄は必須です。海苔の風味はネギトロとご飯に抜群に合うし、卵黄を潰して一緒に食べれば旨味倍増です。

こんな感じで簡単ネギトロ、お手軽に作れますので、作ったことがない方は、是非、お試し下さい。


くわしいレシピはこちら
●「なんちゃってネギトロ丼、ネギトロもどき」
https://oceans-nadia.com/user/24115/recipe/143140

動画でも作り方を詳しくご紹介しています!

こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
アレンジ自在!鶏むね肉七変化レシピ
筋トレ男子が教える!忘年会シーズンを乗り切る「太らない」食べ方

 

この記事のライター
 
筋肉料理人
https://oceans-nadia.com/user/24115

関連記事