暮らしに植物の癒しを! ボタニカルキャンドルの作り方

暮らしに植物の癒しを! ボタニカルキャンドルの作り方

自分の「好き」を閉じ込めよう!
部屋のインテリアにグリーンを取り入れたいけれど、毎日の水やりはちょっと面倒だし、すぐに枯らしてしまうかも……。そんな人にオススメなのが、植物の鮮やかさや瑞々しさを透明なキャンドルの中に閉じ込めた、ボタニカルキャンドルです。

今回は、キャンドゥで発売されているジェルキャンドル「キャンドルゼリー」を使った、ボタニカルキャンドルの作り方をご紹介します!

■意外と簡単! ボタニカルキャンドルの作り方

【材料】(1個分)
・キャンドルゼリー 2本
・キャンドルホルダー 1つ
・座金付きのキャンドル芯 1本
・湯煎用のステンレス容器 1つ
・ドライフラワー 数種
・エッセンシャルオイル 適量
1 )キャンドルホルダーの中心に座金付きのキャンドル芯を立てます。この時、芯が倒れないように、容器からはみ出た芯は割り箸に挟んで固定しておきます。
2 )完成像をイメージしながら、お好みのドライフラワーをキャンドルホルダー内に配置します。ドライフラワーが手に入りづらい時は、100均で販売されているポプリでも代用できますよ!
3 )ステンレス容器にキャンドルゼリーを出し、液状になるまで湯煎します。この時、キャンドルゼリーを溶かそうとかき混ぜたりすると、完成時に気泡がたくさんできてしまうので、決して触れないのがポイント!
4 )キャンドルゼリーが溶けてさらさらの液状になったら、お好みの香りのエッセンシャルオイルを数滴落とします。
5 )溶けたキャンドルゼリーをキャンドルホルダーの中に流し込んでいきます。この時も気泡ができるのを防ぐために、ゆっくりと流し込みましょう。
6 )キャンドルゼリーが固まったら、キャンドル芯を適度な長さで切り離せば完成です!
今回はドライフラワーの色が異なる2種類のボタニカルキャンドルを作成!  ピンクのドライフワラーの方はキュートに、紫のドライフラワーの方は大人っぽい雰囲気に仕上がりました。 

また、火を灯すと、キャンドルが溶けるにつれてエッセンシャルオイルがふわっと香るので、1日の終わりのリラックスタイムにもぴったりなアイテムです。
日々の生活に植物の癒しをもたらしてくれるボタニカルキャンドル。今回、ドライフラワーとエッセンシャルオイル以外の材料は100均のキャンドゥで揃ったので、ぜひみなさんも気軽に作ってみてください。ギフトにもオススメですよ!

(べこやまザラメ+ヒャクマンボルト)

関連記事