かわいくて持ちやすい! ベルト付きスマホケースの作り方

かわいくて持ちやすい! ベルト付きスマホケースの作り方

100均の材料で作れちゃう! 
韓国で人気に火が付き、日本にもじわじわと浸透してきているベルト付きスマホケース。指にひっかけて使うリング付きのスマホケースはすでにお馴染みのアイテムとなっていますが、ベルト付きスマホケースはどんな使い心地なのでしょうか?

今回は100均で買える材料のみでベルト付きスマホケースを作ってみます!

■ベルト付きスマホケースの作り方

【材料】
・スマホケース
・カバン紐
・Dカン 2個
・裁縫キット
・手芸用接着剤
・ハサミ
1 )まずはカバン紐を42cmに切り、写真のような間隔で折り曲げて紐に跡をつけます。
2 )紐の左端からDカンを1つ通し、先ほど付けた折り目に沿って、このように折り畳みます。
3 )紐を折り畳んだら、通したDカンが抜けないよう、このように一部を四角く縫い付けます。
4 )今度は反対側の端を縫っていきます。(1)で一番右に付けた折り目で紐を折り畳み、縫い付けます。
5 )2つ目のDカンを(4)で縫い付けた右端から通します。
6 )紐の右端を持ち、1つ目に通したDカン、2つ目に通したDカンの順で、写真のように通していきます。
7 )スマホケースと接着する面に手芸用接着剤を塗り、ケースに貼り付けます。そして乾かしたら……
ベルト付きスマホケースの完成です! 
実際に手をはめて持ってみると、ゆらゆらと揺れるベルトが手元のアクセントに。ポケットにスマホを入れている時に、ベルトがチラっと見えるのもかわいいです! 

使用感としては、指をひっかけるだけのリング付きスマホケースとは違って、ベルト付きスマホケースは手のひら全体でスマホを包むように握れるので、より安定感があります。
100均の材料だけで作れちゃうベルト付きスマホケース。ベルト自体の存在感が強く、ファッションアイテムにもなるので、ベルトは自分のファッションに合うものを選ぶのがオススメですよ! みなさんもぜひ作ってみてくださいね!

(吉田リオカ+ヒャクマンボルト)

関連記事