焼きおにぎりが進化! 食べ応え◎の「ライスドッグ」作ってみた

焼きおにぎりが進化! 食べ応え◎の「ライスドッグ」作ってみた

日本版アメリカンドッグ!?
ライスバーガー、ライスピザ、ライスコロッケ……。今やごはんは、そのまま食べるだけではなく、さまざまな料理に姿を変えています。今回紹介するライスドッグもその1つ。アメリカンドッグの日本版とも言えるようなライスドッグとは、一体どんな料理なのでしょうか?

■ライスドッグを作ってみた

用意する材料は、ごはん約1合 、ウインナー(8cm程度のもの)3本、塩コショウ、麺つゆ、ごま油です。
ウインナーを半分に切り、斜めに切り込みを入れ、 レンジで加熱します。ボイルまたはフライパンで焼いてもOKです。
ラップにごはんとウインナーを乗せます。ご飯は、あら熱が取れたぐらいのものがベスト。熱すぎる場合は少し冷まし、冷めている場合は少し加熱して下さい。
ウインナーがごはんの中心にくるようにラップをくるっと巻き、ラップの片方をしっかりねじります。
空気を抜くようにギュッと詰めながら、もう片方をねじります。
すべて巻き終わったら、フライパンにごま油を引いて、塩コショウを振りながら焼きます。
こんがり焼き色が付いたら麺つゆを少量かけ、全体的に馴染ませるようにフライパンを転がします。麺つゆの水分がなくなったら完成です!
お好みで刻み海苔をかけたり、海苔で巻いたりして召し上がれ~! ごま油の香ばしさと、和風だし香る麺つゆがごはんに染み込んでおいしい! ウインナーとごはんの組み合わせも◎。食べ応えも十分な一品になりました。

筆者はウインナーで作りましたが、魚肉ソーセージでももちろんOK。小さめのウインナーで作ればお弁当にもピッタリ。あなたもぜひ作ってみて!

(やまかわきよえ+ノオト)

関連記事