常備菜としてオススメ! お手軽サバそぼろを缶詰で作ろう

常備菜としてオススメ! お手軽サバそぼろを缶詰で作ろう

ごはんにもパンにも相性抜群!
忙しい日の食卓は品数が少なくなりがちに……。そんな時に役立つのが常備菜ですよね。今回はサバ缶と調味料を炒めるだけの簡単常備菜「サバそぼろ」について、基本の作り方と、アレンジレシピをご紹介します!

■サバそぼろの作り方

【材料】
・サバの水煮 1缶
・生姜 1片
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・白いりごま 小さじ2
・青のり 大さじ1/2
1 )サバの水煮を一口大に切り、ペーパータオルに乗せて水気を切ります。
2 )生姜をみじん切りにします。
3 )鍋にサバの身と酒を入れ、焦げないように混ぜながら弱火で炒めます。
4 )水気がなくなったら、生姜、みりん、砂糖、しょうゆを加え、さらに炒めます。
5 )水気が飛んでサバが細かいそぼろ状になったら、白いりごまを加え、火を止めれば完成です。
ご飯にサバそぼろを乗せ、青のりを散らしました。濃いめの味付けがご飯と相性抜群。サバ好きにはたまらない、最高のご飯のお供です! 多めに入れた生姜がサバ特有の匂いをカバーしているので、サバが苦手な人にも食べやすいかも。

■洋風アレンジ「サバそぼろトースト」

続いて、先ほど作ったサバそぼろのアレンジレシピをご紹介。まずはパンに乗せ、チーズと一緒に焼く「サバそぼろトースト」を作ってみます。乗せて焼くだけなので、5分もあれば作れますよ!
【材料】
・サバそぼろ 50g
・食パン 1枚
・チーズ 30g
・青のり 小さじ1
食パンの上にサバそぼろとたっぷりのチーズをのせ、そのままトースターへ。チーズが焦げないよう様子を見ながら2分半〜3分焼けば、サバそぼろトーストの完成です!
「パンとサバって合うの!?」と思う人も多いでしょうが、これが本当においしい! こちらもサバ特有の匂いはチーズと青のりがカバーしつつも、きちんと旨味が残っています。和と洋の絶妙なコンビネーションをお試しあれ!

■中華風アレンジ「サバそぼろチャーハン」

旨味が凝縮されたサバそぼろを使った「サバそぼろチャーハン」も絶品です。
【材料】
・サバそぼろ 80g
・ご飯 1合
・卵 1個
・青ねぎ 10g
・塩コショウ 適量
1 )まずは炒り卵を作ります。あまり火を通さず、ふわふわの状態になったら皿に取り出しましょう。
2 )フライパンにご飯を入れ、サバそぼろをすべて投入して炒めます。
3 )炒り卵をフライパンに戻し、青ねぎを加えたら、しっかり炒め、塩コショウを振って味を整えます。
サバそぼろチャーハンの完成です! 調味料は塩コショウしか使っていませんが、驚くほどの強い旨味を感じます。また、生姜の香りがふわっと鼻を通り、食欲をかきたててくれます。休日のお昼にぱぱっと作って食べたい超簡単チャーハンです!
一度作れば3日は日持ちするサバそぼろ。ご飯に乗せてシンプルにいただくのはもちろん、トーストに乗せて洋風に、ご飯と炒めて中華風にと、あらゆるアレンジが楽しめる万能常備菜です。家にサバ缶がある人は、ぜひ一度試してみてくださいね! 

(ぽめらにあん+ヒャクマンボルト)

関連記事