火加減の心配は不要! 100均の卵専用グッズが優秀

火加減の心配は不要! 100均の卵専用グッズが優秀

卵の丁度いいゆで具合がわかる!?
シンプルなように見えて、実は少しの火加減で出来上がりに大きな差が出る卵料理。ゆで卵1つでもその半熟具合をコントロールするのは至難の技……。そこで今回は、定番卵料理が失敗知らずになると評判の100均便利グッズをご紹介します!

■ダイソーの「エッグタイマー」

こちらのエッグタイマーは、かわいいヒヨコがお腹の色でゆで具合を教えてくれる便利グッズ。タイマーより細かく自分好みの固さのゆで卵を作ることができる優れものです。今回は3つの卵を使い、半生、半熟、固ゆでと、異なる固さのゆで玉子を作り分けてみます!
1 )鍋に水、卵、エッグタイマーを入れて火にかけます。
2 )始めはピンク色をしていたヒヨコのお腹の部分がだんだんと外側から白くなっていきます。そして、「SOFT」と書かれた部分が白くなったところで半生のゆで卵の完成です!
実際に卵を取り出して切ってみると黄身が見事な半生状態に! ゆで加減が目で確認できるので難しい半生も簡単にできました。ただ、半生から半熟までの火の通りが速いので、よそ見は禁物ですよ!
4 )続いて「MEDIUM」と書かれた部分が白くなったので、卵を一つ取り出してみます。
半熟のゆで卵が完成! 黄身の外側にのみ、ほどよく火の通った、絶妙な半熟具合になっています!
5 )最後は固ゆで卵。「HARD」の部分まで白くなったので取り出してみると……
しっかりと中心まで火が通った固ゆで卵に! このように、エッグタイマーさえあれば、きちんとゆで分けられることがわかりました。これなら他の料理にタイマーを使わなければならない時でも安心ですね!

■ダイソーの「ドンブリハムエッグ」

お次は、レンジでチンするだけで目玉焼きやどんぶりが簡単に作れる便利グッズ。今回は目玉焼きを作ってみます!
容器に油をひかずに、そのまま卵と水を入れたら、蓋をして500Wで1分30秒温めます。レンジに入れる前は、加熱中に黄身が爆発しないよう、必ず黄身に3か所ほど穴を空けておくのをお忘れなく!
仕上げに塩、こしょうを振って完成! 油を使わずに作れるのでとってもヘルシーな上、フライパンを汚さずに調理ができるのがうれしいですね。温める時間を調節すれば黄身の火の通り具合を自分好みにできますよ。

■ダイソーの「レンジで簡単だし巻きたまご」

こちらは上手く巻けずに失敗しがちなだし巻き玉子が、レンジで温めるだけで簡単にできてしまう便利グッズです!
1 )容器に玉子と水を入れ、白身を切るようによくかき混ぜます。そして蓋をせず電子レンジに入れ、500Wで40秒加熱します。
2 )加熱後、顆粒だしを入れてよくかき混ぜたら、蓋をせず、再度500wで40秒加熱します。
3 )加熱後、黄色い押し型蓋をゆっくりと重ねたらそのまま固定し、1分間待ちます。
完成です! 材料を混ぜてレンジで加熱するだけで、本当にだし巻き玉子ができました。実際には巻いていないのに形もこんなにきれいです。お好みで砂糖や塩を加えてもおいしく作れますよ!
おいしい卵料理が、簡単かつ手早く作れる100均便利グッズ。時間のない朝や、あと1品おかずが欲しいと思った時の助けになること間違いなしです。みなさんも日々の料理アイテムの1つに加えてみてはいかがでしょうか?

(吉田リオカ+ヒャクマンボルト)

関連記事