自宅で贅沢ランチ! フランスパンで作る本格キッシュ

自宅で贅沢ランチ! フランスパンで作る本格キッシュ

タルト皿やパイ生地は不要!
ベーカリーではおなじみのお惣菜パン「キッシュ」。とはいえ、自宅で作ろうとすると、タルト皿を使ったり、パイ生地を用意したりと、複雑な手間がかかるイメージがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、気軽にキッシュを作りたい人のために、フランスパンを使ったキッシュの作り方をご紹介します! 自宅で過ごす週末の贅沢ランチにオススメですよ!

■ベーコンとほうれん草のキッシュ

【基本の材料】(1人分)
・フランスパン 1本(長さ20cmのものを使用)
・卵 2個
・牛乳 50cc
・バター 10g

今回は、基本の材料に加え、下記の材料も用意。
・玉ねぎ 1/4個
・ベーコン 40g
・ほうれん草 2把
・塩こしょう 少々
1 )まず、パンで器を作ります。フランスパンの上部1/4を切り取り、残ったパンの中身をくり抜きましょう。中をくり抜いたパンの器は190℃で余熱しておいたオーブンに入れ、そのまま10分焼きます。
2 )カリッと焼きあがったら、パンの内側にバターを塗ります。この時、バターは全て使い切らず、野菜やベーコンを炒める時のために少し残しておきましょう。
3 )先ほど残しておいたバターで、食べやすい大きさに切った玉ねぎ、ベーコン、ほうれん草を炒め、塩こしょうで下味を付けます。
4 )ボウルに卵と牛乳を入れてよく混ぜたら、先ほど炒めた野菜とベーコンを加えてさらに混ぜます。
5 )パンの器に具材入りの卵液を流し入れ、190℃のオーブンで25分焼きます。
完成! パンに浸みたバターの良い香りが広がります。
フランスパンは固い食感ですが、これはサクッとした軽い口当たり。パンの内側に卵液が浸みてしっとりしています。ほうれん草、ベーコン、玉ねぎも具だくさんで、お店で売られているものにも劣らない、見事なお惣菜パンができあがりました!

■サーモンとアボカドのキッシュ

【材料】(1人分)
・基本の材料
・アボカド 1個
・スモークサーモン 適量
・塩こしょう 少々
1 )「ベーコンとほうれん草のキッシュ」と同じ手順でパンの器を作り、オーブンで焼いたら内側にバターを塗ります。
2 )アボカドを薄切りにし、パンの器の中に並べます。
3 )卵と牛乳を混ぜ、塩こしょうで下味を付けた卵液をパンの器に流し入れ、190℃のオーブンで25分焼きます。
5 )仕上げにスモークサーモンと、カッテージチーズを散らせば、完成!
まったり濃厚なアボカドの味わいに、スモークサーモンの脂の旨みと塩気がマッチ! レモン汁を絞ると、全体的に味がキュッと締まるので、味わいの変化も楽しめる一品です。
パイ生地で作る軽い食感のキッシュとは違い、フランスパンで作るキッシュはパン自体に弾力があるから、ボリューム満点。みなさんもぜひ、のんびり家で過ごす週末は、キッシュ作りにチャレンジしてみてくださいね!

(べこやまザラメ+ヒャクマンボルト)

関連記事