【動画】大人のリボンアレンジは、甘すぎない「編み込み」にするのが正解!

【動画】大人のリボンアレンジは、甘すぎない「編み込み」にするのが正解!

今年はリボンを取り入れたヘアアレンジが流行中! リボンというと甘いイメージですが、大人でもおしゃれに取り入れたいなら、リボンがちらりと覗く編み込みアレ...

今年はリボンを取り入れたヘアアレンジが流行中! リボンというと甘いイメージですが、大人でもおしゃれに取り入れたいなら、リボンがちらりと覗く編み込みアレンジがおすすめです。今回ご紹介する方法なら、簡単に可愛く仕上げることができますよ♪

リボン編み込みのやり方を動画でチェック!

リボン編み込みのSTEP

用意するもの

髪の2倍ほどの長さのあるリボン アメリカピン(アメピン) ヘアゴム

1. 髪全体をコテで巻いておきます。

2. ハチ上あたりの髪をざっくり取り、ゴムで結んでくるりんぱします。より華やかになるよう、毛束を引き出してニュアンスをつけましょう。

3. サイドの髪をでツイストを作り、毛束を引き出してニュアンスをつけたら、逆サイドで毛先をピンで留めます。反対側も同様に。この時、2のゴムがツイストで隠れるようにすると◎。

4. リボンを半分に折って、中央にアメリカピンを挟んでおきます。 5. リボンを挟んだアメリカピンを、左右どちらかの耳後ろあたりに差し込みます。リボンがしっかり留まっているのを確認したら、リボンを一束に見立てて残りの髪と一緒に逆サイドに向かって、編み込んでいきます。
6. 最後まで編めたら毛先をリボンごとゴムで結び、耳後ろあたりでピンで留めます。余ったリボンと毛先は編み込みの下にしまい込みましょう。


7. 全体のバランスを整えて完成です。

リボンにアメリカピンを挟む方法なら、どんなアレンジにも簡単にリボンを取り入れることができます。編み込みの他に、ツイストアレンジも可愛いですよ。イベントからデイリーにまで使えちゃうリボンアレンジ、ぜひ挑戦してみてくださいね。

photo:佐坂和也
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

関連記事