一番脚がキレイに見えるデニールはどれ? グレータイツを厚さ別にお試し!

一番脚がキレイに見えるデニールはどれ? グレータイツを厚さ別にお試し!

正しい履き方もマスターして美脚をGET!
冬のコーデの定番アイテムであるタイツですが、毎回黒ばかり履いていると飽きてしまいますよね。そんな時に活躍してくれるのが、グレーのタイツ! 今回は40・80・110デニールと、厚さの異なる3種類のグレータイツを履き比べし、どのタイツが一番万能なのか検証してみました!

■うっすら肌が透けてセクシーな40デニール

まずは40デニールのタイツから。肌の透け感が強いので、ミニスカートなど膝上のボトムスと合わせることで、セクシーなコーデに見えます!
タイツの生地を引っ張ってみると、その薄さが良くわかります。少し肌寒いですが、色っぽさも出せるので、気合いを入れたいデートの日などは、思い切って40デニールにチャレンジしてみるのも良さそう!

■上品な透け感の80デニール

続いて80デニールに履き替え。脚全体ではなく、ふくらはぎやくるぶしが部分的に透けていて、ほど良い抜け感があります。膝上のスカートと合わせても上品に見えるかも!
やはり40デニールと比べて厚みがあるので、暖かさは十分に感じられます。適度な透け感が得られつつ、暖かさも保てるという点では、かなり万能! 幅広いシーンで活躍しそうです!

■真冬も乗り切れる110デニール

最後に試したのが110デニール。40・80デニールと違い、かなり厚みがあります。透け感が全くなく、脚のシルエットにメリハリが出ないので、全体的にのっぺりとした印象になっています。
暖かさは抜群! 真冬の外でも肌寒さを感じないほどです。どちらかというと、オシャレよりも防寒を優先したい時に良いかもしれません。
このように実際に履き比べをした結果、適度な透け感を出しつつ、温かさも感じられる80デニールが、冬は、最も万能。透け感があり、脚のメリハリがわかりやすい40デニールが脚をキレイに見せてくれるという結果に。

■履いた後のひと手間で見え方が変わる! 

そして実は、脚の見え方はタイツの履き方によっても左右されるんです! ここでは、より脚をきれいに見せるためのテクニックをご紹介しちゃいます!
まず、タイツをいつも通りに履きます(ここでは40デニールのタイツを使用)。そして、足首からふくらはぎにかけて撫で上げます。こうすることで、タイツを履いた時にできてしまった色ムラや、指の跡をなくすことができます。
膝周りはタイツを引っ張り、膝の骨格がよく見えるようにします。このひと手間によって、脚の見え方にメリハリを出すことができるんです! この時、爪を引っかけて伝線しないように注意!
仕上がりの比較画像がこちら! 右側がタイツを撫で上げた後の写真ですが、左側と比べると、色ムラがないことがわかります。デニール数は同じでも、このひと手間を加えるだけで、こんなに見え方が変わるんです!
自然な色合いのグレータイツなら、プライベートはもちろん、職場に履いてくのもOK。キレイに見せるためのポイントや相応しいシーンを意識すれば、どの厚さのタイツでも履きこなせそうです! そろそろ黒タイツに飽きてきたという人は、ぜひグレータイツを試してみてくださいね!

(ぽめらにあん+ヒャクマンボルト)

関連記事