【元銀ホスが解説】距離感を見極めるのが最重要!男を本気にさせるバレンタインの攻め方 

【元銀ホスが解説】距離感を見極めるのが最重要!男を本気にさせるバレンタインの攻め方 

アメリカのドラマを拝見していてもわかるように、海外ではバレンタインデーといえば、恋人や夫婦がラブラブしまくる日! 女性は下着にいたるまで全身、驚くほど...

アメリカのドラマを拝見していてもわかるように、海外ではバレンタインデーといえば、恋人や夫婦がラブラブしまくる日! 女性は下着にいたるまで全身、驚くほどセクシーにキメています。愛する男性のために、女としてデキることはなんでもやる! そんな彼女たちの意気込みを受け取り、男性も思いっきり楽しんでいるようです。このようないいことは、どんどん見習うべし! 我らヤマトナデシコもぜひ、あの手この手でお目当ての彼を攻めていこうではないですか。

バレンタインの攻め方〜カップル編〜

すでにカップルなら、いつもよりワンランクといわず、ツーランク上のセクシー下着と技で攻めるのも楽しいですよね。チョコレートなんざ、あくまでおまけです。10円チョコでもいいくらい。ただ、セクシーな演出が当たり前になってしまうと、来年のバレンタインデーへのハードルが上がってしまうので、「今日だけ、特別だよ」というひと言を添えて、ありがたみを押し付けておきましょうね。

バレンタインの攻め方〜片思い編〜

大人になると「放課後、校庭(もしくは階段のところ、部室の前でも可)で待ってます」作戦が使えないのが苦しいところ。ですが、バレンタインが片思いの彼に想いを伝える絶好の機会であることは、いくつになっても変わりません。もし、気になる彼がいるのであれば、どんどん渡していきましょう。渡し方は「これはイケるな」のレベルに応じて変わります。

なのでまず、「どれくらいイケそうか」を探ってください。探り方はこうです。本当は会ったときに直接探るのがいいのですが、LINEでもよしとしましょう。なにげない、どうでもいい話の合間に「◯◯くんにチョコあげたら、もらってくれる?」とさらりと挟み込むのです。そのときの反応を見てください。

そのとき、「もちろん!」と前のめりな勢いが感じられたなら、「じゃあ、せっかくだから食事しない?」とデートに持ち込んでしまいましょう。支払いはもちろん、こちらの全ゴチ覚悟で。無理のない範囲ですてきなお店を予約して、当日にチョコレートを手渡し。ここまで彼をご接待すれば、それなりに何か言ってくるでしょう。注意点は、この日にいきなり結ばれないこと。彼にもその気があれば、必ず、次回は向こうからデートのお誘いがありますから、そこまでは待ちの姿勢で。

そして残念ながら、お探りの時点で彼が引き気味だった場合は、何もしなくてもいいんじゃないかな。それでもチョコだけでもあげたいというのであれば、バレンタイン前後になんらかの都合で会う機会があるときに限り、サクッと渡す程度で。それ以上の深追いは禁物です。だからといって、そこで諦める必要はありません。時間が経てば、状況が変化する可能性はありますからね。そういうときはバレンタインにこだわらず、自然にイケそうなときを待って、仕掛けていくのがいいですよね。

photo : shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

関連記事