みずみずしい今こそ買い時♡旬の長芋アレンジレシピまとめ

みずみずしい今こそ買い時♡旬の長芋アレンジレシピまとめ

長芋の旬は年に2回。今まさに旬を迎えた「秋掘り」の長芋は、みずみずしく歯ごたえもサクサク♡ アレンジしにくいイメージのある長芋ですが、意外と色んな料理に活用できるんです! 今回はその中でもボリューム満点、しっかり食べ応えのあるレシピを集めました。

 

ホクホクの長芋がチリソースと合う♡長芋たっぷりのエビチリ

エビと長芋を別々に炒めておくのがポイント! ネギ、ニンニク、ショウガをみじん切りにしてゴマ油で炒めたら、エビと長芋をフライパンに戻して調味料を加え、手早く混ぜて味付けしていきます。茹でた豆をさっと合わせたら完成。辛いのが好きな人は唐辛子をたっぷりかけてどうぞ。

材料(2人分)
エビ 10尾
日本酒 小さじ2
長いも 160g
サラダ油 小さじ2
ごま油 大さじ1
A ネギ 50g
  しょうが 5g
  ニンニク 1片
B ケチャップ 大さじ2
  チリソース 大さじ2
  日本酒 大さじ1
  醤油 小さじ1
片栗粉 小さじ2
青豆 30g

くわしいレシピはこちら
●『しゃきしゃきっと長いもとエビのチリソース炒め』
https://oceans-nadia.com/user/11928/recipe/143652

 

ササッと作れてスタミナ満点!豚肉と長芋の大葉炒め

長芋は大きめの拍子切り、大葉は千切り、豚肉は食べやすいサイズにカットします。熱したフライパン長芋を並べ、あまり動かさないようにしてこんがりと焼き色をつけましょう。長芋をいったん取り出し豚肉を炒め、長芋と合わせて塩コショウで味付け。大葉は火を止めてから加えることで、キレイな色に仕上がります。

材料(2人分)
豚肉 150g
長いも 中太サイズ10cm
大葉 5~6枚
油 適量
塩、ブラックペパー 各少々

くわしいレシピはこちら
●『豚肉と長いもの大葉塩炒め』
https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/127772

 

豚コマ・ナス・長芋で!ごはんが進む、ピリ辛味噌炒め

テンメンジャン、コチュジャンなどの調味料は最初に合わせておきます。野菜はそれぞれの食感が残るよう、大きめの乱切りに。豚コマは塩コショウで下味を付け、薄力粉をまぶしましょう。豚肉から順に炒めて調味料を加え、お皿に盛ってからアスパラとシソをトッピング。しっかりした味付けなので、お弁当のおかずにもぴったりです。

材料(2人分)
豚小間切れ肉 200g
なす 160g
長いも 80g
アスパラガス 2本
しそ・葉 2枚
A 酒 大さじ2
  みりん 大さじ1
  テンメンジャン 大さじ1
  コチュジャン 小さじ1
  砂糖 小さじ1
塩・胡椒 適宜
薄力粉 適宜
サラダ油 大さじ1

くわしいレシピはこちら
●『豚肉と長いものピリ辛味噌炒め』
https://oceans-nadia.com/user/34997/recipe/138263

 

食感が決め手!皮付き長芋と豚肉のオイスターソース炒め

皮を剥くとツルツルして扱いにくい長芋ですが、皮ごと使えば簡単に♪ このレシピでは、長芋をよく洗って皮のまま拍子切りにし、さっと炒めることでサクサク&トロトロの食感を実現。下味を付けた豚肉をフライパンで炒め、ピーマン、長芋の順に入れてさっと炒め合わせて調味料を加えます。独特の食感とオイスターソースが絶妙な一品。

材料(3人分)
長芋 15cm
ピーマン 5個
豚肉(薄切り) 200g
米粉(薄力粉可) 適量
塩・胡椒 少量
菜種油(サラダ油可) 大さじ1
A オイスターソース 大さじ1
  しょうゆ 大さじ1
  砂糖 大さじ1
  水 大さじ1

くわしいレシピはこちら
●『皮付き長芋と豚肉のオイスターソース炒め』
https://oceans-nadia.com/user/15003/recipe/142946

 

シンプルに美味しい!サクサク長芋のジャーマンポテト

長芋は1cmの輪切りに、タマネギはくし切り、パプリカは乱切りにします。フライパンで長芋の両面をこんがり焼いて取り出し、残りの具材を全部炒めたら長芋を戻して炒め合わせ、塩のみで味付け。火を止めたらパセリを加えて器に盛り、コショウと粉チーズをかけてどうぞ♡ 長芋は炒める前に水気を拭き取っておくと、キレイに焼き色が付きますよ。

材料(3人分)
長芋 250g
ソーセージ 2本
玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
サラダ油 適宜
塩 適量
パセリ(みじん切り) 適量
黒こしょう 少々
パルミジャーノチーズ(削ったもの) 少々

くわしいレシピはこちら
●『長芋でジャーマンポテト』
https://oceans-nadia.com/user/13062/recipe/141207

 

美味しい長芋はどこを見て選ぶ?

スーパーなどで見かけるパック入りのものは、切り口に注目! 切り口が白くてみずみずしいものが新鮮な長芋です。また、細い長芋にはアクが強いものがあるため、なるべく太くてずっしりした長芋を選びましょう。

保存するときは切り口が空気に触れないよう、しっかりラップで包んで冷蔵庫へ。すりおろしてとろろにしたものは冷凍保存も可能! 保存用バックに入れて板状に凍らせれば、必要な分だけ割って使えるので便利ですよ。




こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
長いもは●●につけるとぬめらない!便利な調理テクと食感別レシピ
どちらがお好き?「シャキシャキ」「ホクホク」2つの食感を楽しめる長芋レシピ

関連記事