好みの香りで気分転換! マスク用アロマスプレーの作り方

好みの香りで気分転換! マスク用アロマスプレーの作り方

癒やされたいならラベンダー×レモングラス
風邪予防や乾燥対策などで、マスクの出番が多くなるこの季節。マスクに香りを付けて、気分転換してみませんか? 今回は、マスク用アロマスプレーの作り方をご紹介します!

■アロマスプレーの作り方

【材料】
・マスク
・無水エタノール
・精製水
・精油 (今回は3%濃度のものを用意)

【必要な道具】
・スプレー容器(50ml)
・ビーカー(50ml以上のもの)
・化粧用スポイト
・ガラス棒(今回はマドラーを使用。無ければ菜箸等でもOK!)

今回はローズ、ユーカリ、レモングラス、ラベンダー、ペパーミントの5種類の精油を用意。無水エタノールと精製水以外は、100均でも手に入れることができますよ! それでは、さっそく作っていきましょう!
【作り方】
(1)無水エタノール30mlをビーカーに入れます。
(2)そこに、お好みの香りの精油を30滴入れ、マドラーで優しく掻き混ぜます。今回、精油はローズをチョイス!
(3)化粧用スポイトで精製水を20ml吸い上げ、ビーカーに入れます。
ここで注意したいのが、ビーカーには必ず「精油→精製水」という順番で入れること。誤って逆に入れてしまうと、きちんと撹拌ができず、ムラのあるアロマスプレーになってしまいます。
(4)精製水を加えたら、さらにマドラーで掻き混ぜます。
(5)混ぜた液体をスプレー容器に注ぎます。
(6)これでローズが香るアロマスプレーの完成です! どの香りか一目で分かるよう、マスキングテープでラベルを作りました。
使い方は、30cmほど離れた位置からマスクにまんべんなく吹きかけるだけ。マスクのすぐ近くで吹きかけると一点に集中し、シミになってしまうので注意してください。吹きかけた直後はアルコールの匂いが強いので、少し時間を置いてから着用するのがオススメ!

■「ユーカリ×ペパーミント」ブレンド

今回はローズ単体だけでなく、他の精油のブレンドにもチャレンジ! まず試したのが、「ユーカリ×ペパーミント」の組み合わせ。精油の分量は各15滴としました。
そして、先ほどと同じ手順で精製水を混ぜていけば完成です! ユーカリとペパーミントの爽やかな香りが気分をシャキっとさせてくれます。仕事や勉強など、集中力が必要な時に使いたいですね。

■「レモングラス×ラベンダー」ブレンド

続いて、レモングラス×ラベンダーのブレンドに挑戦! 果たして、どのような香りになるのでしょうか?
こちらは柑橘系であるレモングラスの爽やかさと、ラベンダーの甘い香りが絶妙にマッチ! ラベンダーの精油にはリラックス効果があるので、忙しい仕事を終え、一息つきたい時に良いかも。
調合が難しそうなイメージのあるアロマスプレーですが、このように簡単にできて、材料の大半が100均で揃うため、気軽に挑戦できるのがうれしいですよね! 手作りアロマスプレーをマスクに吹きかけ、 お気に入りの香りに包まれながら毎日を心地よく過ごしてみませんか? 

(ぽめらにあん+ヒャクマンボルト)

関連記事