忙しいは言い訳! 汚部屋になりがちな人の共通点と改善法

忙しいは言い訳! 汚部屋になりがちな人の共通点と改善法

できることからやってみよう!
「仕事が忙しい」「時間がない」……そんな言い訳をして、お部屋の掃除や片付けをサボっていませんか? こまめな掃除や整理整頓が苦手な人って、案外多いですよね。気が付いたら汚部屋に……なんて人も、中にはいるのではないでしょうか。

汚部屋の脱出に成功し、Web上で、4コマ漫画「まさか、汚部屋を卒業できるとは。」を公開しているややこさん(@obeyayaco )にお話を伺いました。

■汚部屋脱出のきっかけはブログ

──ややこさんは、なぜ汚部屋になってしまったのでしょうか?

「わたしが汚部屋になってしまった理由は3つあると感じています。もともと片付けが苦手だったこと、仕事で遅くなる日が多かったこと、仕事のせいにして自分の弱さをごまかしていたことが原因だったように思います。

──ややこさんが思う、汚部屋になりがちな人の共通点はありますか?

「わたしの印象としては……小さいころから片付けが苦手だった人、買ったものや貰ったものがなかなか捨てられない人、1つのことに集中すると周りが見えなくなる人、家の外で気を遣い過ぎて帰ってくると疲れきっている人が汚部屋になりやすいのでは、と思います」

──ブログを始めたきっかけと、始めて良かったと思うことを教えて下さい。

「実はブログは汚部屋脱出後に始めたのではなく、このままではいけない! 変わりたい! と思い、リアルタイムで始めました。ブログを始めて良かったことは、実はたくさんあります。

全くの掃除の素人だったわたしですが、読者のみなさんのアドバイスで数々のピンチを切り抜けることができましたし、同じ立場の人と進み具合を報告したり、奮起し合ったりすることで、キレイなお部屋をキープするモチベーションを維持することもできました。

ブログに記録を残すことで少しずつ前に進んでいる実感も持て、さらにやる気も出ました。また出版社さんから連絡をいただき、電子書籍を発刊しました。思わぬ展開で小さいころからの夢であったイラストに携わる仕事に繋がりました」

■掃除する場所と時間を決めてみよう

──家全体が汚くて、どこから手をつけて良いのかわからないという人に、ここから始めてみては?という具体的な場所があれば教えてください!

「自分が一番挑戦しやすい場所から始めると良いと思います。例えば、明らかにゴミだとわかるもの(ペットボトルの容器、紙ゴミなど)がたくさんある場所だと、迷わずに作業が進められます。

具体的な場所を挙げるとしたら、オススメは玄関です。実はわたしも最初に挑戦した場所は、玄関の近くでした。玄関はそれほど広くなく、スペースが限られているので比較的短時間で片付けられますし、疲れて家に帰ってきても玄関がキレイだと、それだけで気持ちがウキウキとしてきますよ」

──掃除の習慣がない人はどうしたら、良いでしょうか?

「できれば毎日、自分の状況に合わせて続けられる時間を設定するのが良いと思います。わたしの場合は、基本的には朝の1時間を掃除の時間としていました。でも、日によっては忙しかったり、体調が悪かったりで15分だけの日もありましたし、お休みの日は休憩をはさみつつ1時間以上する日もありました。それくらいのスタンスのほうが、ルールを作って守れなくて落ち込むよりも気持ちの元気が長続きしました。

まずは、毎日続けられると自信を持てる時間を設定してみてはいかがでしょう。5分でも10分でも良いと思います。ちょっと長いな……と思う時は減らして、まだまだできるなと思う時は増やしてみてください。挑戦してみると、結構あっという間に時間が過ぎることに気付くと思います 」

■いきなり完璧を目指さなくてOK

──最後に、片付けられなくて悩んでいるALICEY読者へアドバイスやコメントをお願いいたします。

「わたし自身、小さいころから片付けが苦手で、この先もきっと克服することはできないだろうという、半分諦めたような気持ちを抱いていました。

そんなわたしでも、毎日のちょっとした積み重ねで、汚部屋を脱出することができました。例え、今日1mmの前進でも、積み重ねていけば着実にゴールへ近付きます。

一人で頑張るのが辛い時は、他の誰かに助けを借りながら、汚部屋がきれいになっていくのを楽しんでください。まずは一歩、どんな小さいことでも良いので行動に移してみると、案外 『なんだこんなに簡単だったんだ……』と思えるかもしれません。

いつの日か、あなたがキレイなお部屋でゆっくりくつろげる日が来るよう応援しています」

大事なのは、始めの一歩と毎日の積み重ね! 汚部屋に悩んでいる人も、無理せずできることから始めてみませんか? キレイなお部屋は気持ち良いですよ!

画像提供/ややこ

(やまかわきよえ+ノオト)

関連記事