失敗しない!洋菓子店のような本格シュークリームの作り方

失敗しない!洋菓子店のような本格シュークリームの作り方

家で作ってみてもうまくできない…とよく言われるのがシュークリーム。でも一つ一つポイントをおさえていけば、だれでも本格シュークリームが作れます! 今回はしぼまない柔らかシュー生地の作り方となめらかに仕上げるカスタードの作り方を徹底解説します。

 

失敗しないシュークリームの作り方教えます!

お家で作るとうまく膨らまなかった、焦げてしまった、などシュー作りで失敗してしまった話をよく耳にします。ふわふわの生地にとろーり濃厚なカスタードがびっしり詰まったシュークリームは憧れですよね。そんなシュークリームを自分でも美味しく作るコツをご紹介します!

 

しぼまない!固くならない!本格シュー生地の作り方

「オーブンの中では膨らんでいたのに取り出したらしぼんでしまった」「それ以前に膨らまないし固いクッキーみたい」という失敗をした方も多いのではないでしょうか? 美味しいシュークリーム成功のカギはシュー生地にあります。まずはシュー生地の作り方をしっかりとおさえていきましょう。

【材料】

牛乳・・・50ml
水・・・50ml
バター・・・50g
塩・・・1つまみ
薄力粉・・・60g
卵・・・2個

【下準備】

・バターは4等分位にカットしておきます。
・卵は常温に戻し、溶いておきます。
・薄力粉はふるっておきます。

【作り方】

1、鍋に牛乳、水、バター、塩を入れて中火にかけ、バターを溶かして沸騰させます。鍋はなるべく厚みのあるものを使います(この分量だと20cmがオススメ)。バターが溶けるのと、水分が沸騰するのが同じタイミングくらいになるように火加減を調節しましょう。小さい泡がブクブクとでてきたらOKです。

2、そのまま加熱すると、吹きこぼれてしまうので火は一度止めます。火を止めて薄力粉を入れ、再び中火にかけて1分かき混ぜます。薄力粉は一度に入れましょう。粉を入れると下の写真のような状態になります。

粉がダマにならないようにゴムベラや木ベラなどでしっかりと1分ほど混ぜていきます。だんだんと1つの塊になり、鍋底に薄く膜が張った状態になるのが混ぜ始めて1分ほどです。薄力粉を糊のようにねっとりした状態にしていきます。

3、溶いた卵を3回に分けて入れ、混ぜます。ここはかなり力のいる作業になります。溶き卵を入れながら、その都度、生地に馴染むまでしっかりと混ぜていきます。

ゴムベラなどで生地を持ち上げて落とした時に、ゴムベラについた生地が逆三角形になる位の固さがベストです。

卵の状態、湿度などによって卵2個が混ざり切らない場合もあります。卵の量よりも固さを目安にして作るのがおすすめです。

力に自信のない方はフードプロセッサーを使うととても便利! 卵は3回に分けて入れ、その都度攪拌します。生地が出来た時にほんのりと温かい状態になっているのがベストです。

4、丸口金をつけた絞り袋に生地を入れ、オーブンシートを敷いた天板に直径4㎝位に絞り出し、フォークなどに水をつけて絞り口を平らにならして、霧吹きをします。

霧を吹くことでよりしっかりと膨らんでくれます。霧吹きがなければ粉糖をかけてくださいね。

絞り出す時にオーブンシートの下に円を描いたものを敷いて生地をのせると、大きさを均一にできます!

5、200℃に予熱したオーブンに入れ、10分焼き、その後、170℃に下げて20〜25分焼きます。焼き上がったあともしばらくオーブンに入れたままにし、しっかり乾燥させればシュー生地の完成です!

 

王道!濃厚なめらかカスタードクリームの作り方

シュークリームの王道といえば、カスタードシュークリーム。この機会に美味しい基本のカスタードの作り方をマスターしてくださいね!

【材料】

卵黄・・・3個分
グラニュー糖・・・90g
牛乳・・・350ml
バニラオイル・・・少々
薄力粉・・・20g

【作り方】

1、小鍋に牛乳、グラニュー糖の半分、バニラオイルを入れて中火にかけ、小さく沸騰させて火を止めます。

2、ボウルに卵黄、残りのグラニュー糖を入れて、ざらざら感が少なくなり、レモン色になるまで混ぜます。

3、2に薄力粉をふるいながら静かに入れ、混ぜます。ダマにならないようにやさしくしっかり混ぜましょう。

4、3に1の半量をいれてホイッパーで素早く混ぜます。

5、鍋に残っている1に4を入れ、中火にかけます。ここではやや弱めの中火くらいがちょうどいいです。1度クリームがブツブツとなりますがそのまま混ぜ続けます。

6、クリームが緩み、再びぽってりしてくるとぽこぽこと沸騰してきます。鍋の中央までぽこぽこと沸騰したら火を止めます。

できたら、空気を含ませないようにしっかりとラップで密封し素早く冷やしておきまよう。

 

カスタードをきれいに詰める方法

シュー生地の上から1/3位をカットし、カスタードクリームを詰めます。カットした時に表面に生地の膜があるときは、底が破けないように注意しながらスプーンなどで押し付けてクリームを入れます。

カットしたシュー生地の上の部分をかぶせて完成です! シュー生地は保存袋などに入れて冷凍庫で保存しておけます。使うときは常温に戻してから使いましょう。また、しんなりしてしまった時はトースターで2~3分温め直すとサクッと感が復活します。

 

一工夫加えて アレンジシューを楽しもう♪

 

リングシュー

シュー生地は、リングの形に2重に絞り出して作ります。できたリング型のシュー生地に生クリームとイチゴを飾って完成。見た目もかわいいリングシューができます。星口金でシュー生地を絞ると、生地の表面にうっすら模様が出てきます。

詳しいレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/29/recipe/100600

 

シューケット

シュー生地を1㎝位の大きさに絞った生地を使うと、フランスの国民的おやつ「シューケット」風に。一般的なシューケットはあられ糖をまぶしますが、手に入りにくいのでチョコレートを溶かしてかけてアレンジ。お皿に盛るときはホイップクリームを添えてあげるとかわいらしく仕上がります!

 

バレンタインにもおすすめ!本格シュークリーム作りに挑戦してみては

コツをつかめば、誰でも本格的なシュークリームが作れます。バレンタインのプレゼントにもおすすめです。ふわふわの柔らかいシュー生地に濃厚でなめらかなクリームを挟んだ洋菓子店のようなシュークリームに感動すること間違いなし。ぜひ挑戦してみてくださいね。

こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
【かわいいレシピ大集合☆】いちごの簡単&おしゃれレシピまとめ
甘みたっぷり!りんごの大量消費レシピまとめ
ホームベーカリーもオーブンもなくても作れる!話題のちぎりパンレシピ

この記事のライター

とさかりえ
https://oceans-nadia.com/user/29

関連記事