ダウンやムートンなど着膨れアウターをすっきり着こなすコツ

ダウンやムートンなど着膨れアウターをすっきり着こなすコツ

お出かけ前にチェック!
今年はビッグシルエットのトレンドが最高潮の年! でも、大きめのアウターって太って見えるからちょっと嫌だな……と困っている女子も少なくないのでは。そこで、ダウンやムートン、ロングコートなどの着膨れしやすいアウターをすっきり着こなすコツを、ファッション雑誌などで編集ライターとして活躍している薮田朋子さんに聞いてみました。

■一番簡単なのは、タイトボトムですっきり!

「コーデにメリハリを付けることが大事です。トレンドのプリーツスカートやワイドパンツも穿きたいですが、簡単に着やせしたいならスキニーパンツやタイトスカートを選んでくださいね。さらに、アウターの前を開けると縦長に見えてより効果的。プリーツスカートをどうしても穿きたい人は、足首に肌見せをするなど、細い部分を必ず見せましょう」

■首周りをスッキリさせるだけで-3kgやせ見え

「ビッグシルエットのアウターが着膨れして見えるのはもたつきやすいから。そこで、髪の毛はアップにするとか、首周りが開いたインナーを着て、抜けを作りましょう」
「ブルゾンを肩で落として着るのも流行っていますが、こちらも着膨れして見えないですよね!」

■ウエストマークするのもひとつの手!

「今年と来年の冬は、特にこの着方がおすすめ! どこかにピリッとした締め感を取り入れるのがトレンドなんです。ベルトでメリハリを付けることで、だらしなさも回避できますよ。ウエストに切り替えが入ったダウンも良いし、アウターの上からベルトを付けるのももちろんおしゃれ&細見えします!」

■錯覚テクニックも併用しよう

「小物だとショルダーバッグやマフラーが使えそう。簡単に縦長シルエットが取り入れられますよ。小物を派手なものにすると、より目立って良いと思います。あとは黒アイテムとの併用! やっぱり黒は引き締まって見えるから、やせ見えコーデの強い味方になりますね」

着膨れしやすいアウターのコーデのポイントは、「ゆる×タイトのバランス」、「抜け感や肌見せを作る」、「締めポイントを作る」、「縦長ラインを取り入れる」。いずれかができていれば、着膨れ回避できるようです。外出前に鏡の前でチェックしてみて。

(ALICEY編集部+ノオト)

関連記事