余った春巻きの皮でお手軽ガレット風ごはんはいかが?

余った春巻きの皮でお手軽ガレット風ごはんはいかが?

5分で完成♪
おしゃれなカフェで食べるイメージがあるガレット。家で作ろうとすると、そば粉を計量して水と混ぜて薄く焼いて……と手間がかかって、ちょっとハードルが高い印象。

でも、春巻きの皮を生地に見立てると、あっという間にガレット風の一品が完成するんですよ。ズボラ飯大好きな筆者も作ってみました。
材料は春巻きの皮、チーズ、生ハム(ベーコン、ハムでもOK)、卵、ミニトマト、ベビーリーフ、塩コショウです。野菜はお好みの物を用意してください。千切りキャベツや茹でたブロッコリーなどでもおいしいですよ。
春巻きの皮は2枚使います。くっついている場合はそのまま、剥がれている場合は少量の水を塗って、くっつけて使います。
火をつけていない状態で、フライパンの上に皮を置きます。その上にチーズを置いていきます(ベーコンやハムを使う場合は、チーズの前に敷いてください)。卵を入れるスペースを中心に丸く空けておくと、卵が横に流れていくのを防げます。
卵を落としたら、四隅を中心に折ります。折れないようでしたら、折る場所に少し水を塗ると折りやすくなりますよ。塩コショウ、あればパセリを振って、フタをして弱火で焼きます。
卵黄がお好みの固さになったら完成です♪ ここまでたったの5分程度です!
ベビーリーフ、ミニトマト、生ハムを添えていただきます! カリッとした食感はもちろん、春巻きの皮を2枚重ねたことで、もっちり感も出ました。食べ応えもあり、朝食にぴったり。
小麦粉100%の春巻きの皮なので、本来のガレットに感じるそば粉の風味はありませんが、また違ったおいしさがあります♪

びっくりするぐらい簡単にできちゃったガレット風ごはん。忙しい朝でもこれならできそう☆ 明日の朝、試してみませんか?


(田中いつき+ノオト)

関連記事