ほぼ日手帳にオシャレを詰めて♪ ミズタマリさんの一日一絵に注目

ほぼ日手帳にオシャレを詰めて♪ ミズタマリさんの一日一絵に注目

毎日チェックしたくなる♪
自由度の高い手帳として人気のほぼ日手帳。あなたならどんな風に使いますか?
インスタグラマーのミズタマリさん(@mari919)は、この手帳をキャンバスに、「一日一絵」と題して、とってもオシャレなイラストを投稿しているんです。今回はミズタマリさん本人にお話を伺いました。

■「また楽しく絵を描きたい」という想い

──ほぼ日手帳にイラストを描いてInstagramにアップしようと思ったきっかけを教えてください。

「子どものころからの夢だったイラストレーターとして、以前絵を仕事にしている時期がありました。だけど妊娠・出産を機に、少しずつ仕事をセーブするうちに、徐々に自分の思うようにイラストが描けなくなり、モヤモヤとした気持ちを抱え……。『もう、絵を辞めよう』と思った時に主人に叱咤激励されたんです。

おばあちゃんになるまで、少しずつでいいから好きなものだけを描いていきたい、また楽しいって思えるようになりたい。迷いながらもそう思っていたころ、ほぼ日手帳が手元にやってきました」
「手帳は、絵を描くために買ったわけではありませんでした。ただ、練習がてら、だいたい一日一枚ずつ『ほぼ日』でInstagramに投稿したら、誰かが見てくれるかもしれないし、自分ひとりで描くより続くかもしれないって。だからバリエーションがあり、描いていて勉強にもなるファッションイラストを描くことにしたんです。とても楽しくて、意外ときちんと続けられています」
──ミズタマリさんのInstagramには、毎日とてもステキな女の子が登場しますよね。どんなものを参考に描いているのでしょうか?

「主にピンタレスト(画像共有サービス)などから、好みのコーディネートの写真や、描きたいと感じる美しい女の子の写真を選んで模写しています。シンプルなスタイルが好きで、描きやすくもあるので、そういうものが多いです。『こんな格好してみたいなあ』と思いながら描くのは楽しいですね」

──「こんなイラストが描きたい」というような想いはありますか?

「誰かが幸せな気持ちになったり、楽しくなったりするようなイラストが描きたいです。またイラストが好きだった自分のためにも楽しく描けるように心がけています」

■絵の持つ力を改めて感じた

──特に思い入れのあるイラストはありますか?
「これは昨年の熊本地震の際に描いたイラストです。自身が鹿児島に、親戚が熊本に住んでおり、本当に心配で恐ろしい日々を過ごしました。義援金や支援物資を送る他に、自分に何かできることはないだろうか……。そんな時、私が一日一絵として描いたイラストは『がんばれ』でも『負けるな』でもなく、自然と『怖かったね、辛いよね』とくまモンを抱きしめている絵になりました。私自身が安心したい、という気持ちが絵に表れたのかもしれません。

こちらの絵はたくさんの方にシェアしていただいて、今までで一番『いいね』をもらった絵となりました。『癒されました』『涙が出ました』と言ってくださる方もいらっしゃり、絵の持つ力を改めて感じる特別な1枚になりました」

──今までで一番驚いたことを教えてください。
「これはドラマでの石田ゆり子さんのあまりの美しさに、本来苦手な似顔絵にもチャレンジしたくなり、勇気を出して描いたイラストです。するとなんと石田ゆり子さんご本人からお礼のコメントを頂いたんです。とてもびっくりしました! まさか自分の人生で石田さんに絵を見てただける日があるなんて!! 本当に一日一絵をやっていて良かったなと思いました」

■もうすぐ365日達成!

──そんなミズタマリさんの一日一絵も、もうすぐ365日目! これからの抱負を教えてください。

「最初は10日を目指していて、次に1カ月、100日、200日……と目標を決めて続けてきた一日一絵。こんなに続けることができたのも、みなさんの『いいね』やコメントのおかげです! すごく励みになり、うれしく思っています。継続するのは大変ですが、確実に力にはなりますので、これからも続けられるだけ続けていきたいと思っています。365日目はどんな絵にしようかなあ(笑)」

■夢をあきらめないで!

──最後にALICEY読者にメッセージをお願いします。

「私は学生のころ、親の反対を押し切ってまで絵の道を切り開くことができず、普通のOLになり、自分にはなんの取り柄もないと思って生きてきました。でもある時、メモ帳に描いたささいな落書きがきっかけで、少しずつイラストの仕事を始めるようになったんです。

『楽しい! 私、こういうことをしたい!』という気持ち。その気持ちに正直になるために、30歳を過ぎてから会社を辞めてイラストレーターになりました。毎日がキラキラしていてすごく楽しかったです。今も一日一絵を通して、また新しいことが始まるんじゃないかとわくわくしています。

みなさんも夢をあきらめないでください。夢はあきらめなければ必ず叶うし、魂が喜ぶ好きなことは自分を求める場所へ導いてくれると信じています。つらいことや苦しいことがあっても、自分を粗末にせず誠実に生きていたら、そのおかげで今があると思える時が必ず来るので頑張ってください。私も頑張ります!」


毎日を彩る一日一絵。オシャレでかわいらしい女の子が生き生きと描かれた、ミズタマリさんの世界をあなたも覗いてみませんか?

画像提供/ミズタマリ(@mari919)

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事