「たくあん+マヨ」が相性抜群! 変わり種コッペパンを作ってみた

「たくあん+マヨ」が相性抜群! 変わり種コッペパンを作ってみた

たくあん、プリン……納豆まで!?
コッペパンと聞くと、学校の給食を思い出すという方も多いのではないでしょうか。そんな懐かしさのあるコッペパンですが、最近では一風変わった具材を挟む“変わり種コッペパン”が話題なんだとか。そこで今回は、パンにも合いそうだけど、なかなかコッペパンには挟まない食材を使い、3種類の変わり種コッペパンを作ってみました!

■コッペパンの入手方法

実は中身が挟まっていない状態のコッペパンは、意外にもスーパーやコンビニではなかなか売っていないんです。そんな時は、最寄りのパン屋さんをチェックしてみましょう!
それでは早速、具材を挟んでいきたいと思います!

■たくあん×マヨネーズ

まずはこちら、たくあんとマヨネーズの組み合わせから。材料はたくあん6〜7枚と、マヨネーズを適量。なかなか味の想像がつかない組み合わせですが、コッペパンに合うのでしょうか……。
たくあんを細かく刻みます。歯ごたえのある食感を残したい場合は、少し大きめに刻むと良いでしょう。
刻んだたくあんを小皿に移し、マヨネーズを投入。
しっかり和えましょう。あれ、この見た目……意外と美味しそうかも!?
パンに乗せていきます。
できました! 気になる味ですが、これが驚くほど美味しいんです! たくあんが持つだしの風味とマヨネーズの酸味がベストマッチ。口に入れた瞬間は酸味を感じますが、後から甘みが押し寄せてきます。食感もシャキシャキしており、噛めば噛むほど旨味が出てきますよ!

■プリン×きなこ

お次はプリンときなこを組み合わせたスイーツ系コッペパンに挑戦。スイーツ×スイーツで、味がぶつかりそうな気もしますが……試してみましょう!
器の裏側に付いている芯を折り、小皿にプリンを入れます。
そこにきなこを10gほど投入。入れすぎると粉っぽくなるので、様子を見ながら少しずつ入れていきましょう。
プリンを崩しながら、きなこの“ダマ”が無くなるまでしっかり混ぜます。
しっかり混ぜ終わったら、パンに乗せます。「あれ、これは失敗かな……」という見た目ですが……。
完成! 気になる味ですが、これが意外と甘すぎない! きなこの上品な甘さがプリンの甘さを上品にまとめています。とはいえ、プリンのカスタードの風味もしっかり感じる。これはオススメです!

■納豆×バター

納豆と相性が良いのは、やはりご飯でしょう。しかし、今回はコッペパンに挟んで食べてみます! 材料は納豆1カップと、バター5g。
まずはお皿に納豆を投入。
そこにバターを投入し……
納豆のタレを加え、しっかり混ぜましょう。
パンに乗せました。見た目は……う〜ん……! なかなか勇気が要りますね。
できました! 実際に食べてみたのですが、これは好き嫌いがはっきり分かれるかもしれません……。大の納豆好きという方にはオススメですが、風味や匂いがダメな人には合わないかも。

でも、納豆とパンの組み合わせって、意外に美味しいんですよ! たしかに納豆はピザやパスタとも相性が良いので、納得ですね。しかし勢いよくガブっといくと、大量の納豆が糸を引いてくっついてくるのが難点。納豆好きの方はチャレンジしてみてください! 
お店ではほとんど目にすることが無いラインナップ。「え、美味しいの?」と首をかしげてしまうものばかりですが、どれも本当に美味しかったです! 興味のある方は是非一度、お試しあれ〜! 

(ぽめらにあん+ヒャクマンボルト)

関連記事