知ってる? 生クリームとホイップクリームの違い

知ってる? 生クリームとホイップクリームの違い

代用しても大丈夫?
ケーキ作りやスイーツ作りには欠かせない生クリームとホイップクリーム。みなさんはこの2つの違いをきちんと知っていますか? なんとなく気分や好みで使うだけじゃもったいない! 2つの違いを理解して、スイーツ上級者になっちゃいましょう☆

■生クリームとは

「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」において、「クリームとは、生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したもの」と定義されていて、その脂肪分は18%以上と規定されています。

生クリームには細かい定義があるんですね。添加物を使用していないため、消費期限が短いのも特徴の1つ。色は真っ白というわけではなく、牛乳中の乳脂肪に溶け込んだβカロテンの影響で、薄い黄色をしているそうなんです。

また、生クリームは乳脂肪分の量にも違いがあるんです。脂肪分が高くなるほど味わいは濃厚で、風味とコクが感じられます。反対に、脂肪分が低いと口当たりが軽くなるそう。脂肪分が多いから良いというわけではなく、仕上がりのコクや口当たりの好みによって選ぶとベスト。ホイップした際には、脂肪分が高いほうがしっかりとした仕上がりに、低いほうが柔らかい仕上がりになるそうですよ。

■ホイップクリームとは

ホイップクリームとは、植物性脂肪を主な原料とした生クリームの代替品のことを指します。生クリームとは異なり、安定剤や乳化剤などの添加物が含まれていることが多く、日持ちするのが特徴。また、生クリームに比べると、一般的には価格が安いものが多いです。

風味やコクは動物性の生クリームには劣りますが、さっぱりとした軽い口当たりのクリームに仕上がります。ケーキのデコレーションに使われることも多いですよね。クセがないので、牛乳が苦手……という人でも食べやすいそう。

■生クリームの代わりにホイップクリームを使えるの?

ケーキのデコレーションなどに使う際、生クリームの代替品としてホイップクリームを使用することはもちろん可能です。ただし、ホイップクリームには砂糖が添加されていることがあるので、他のものと混ぜて使用する際は気を付けて。味や仕上がりが変わる原因になってしまうことがあるみたい。

また、植物性のホイップクリームは熱に弱いので、加熱すると分離してしまう性質を持っています。そのため、シチューなど加熱する料理に使う場合には、代替はできないそうですよ。

意外と知らない生クリームとホイップクリームの違い。用途に合わせて使い分けてみてくださいね☆

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事