柄もの、色もの、地味目。おしゃれに見える器の選び方と盛り付けのコツ

柄もの、色もの、地味目。おしゃれに見える器の選び方と盛り付けのコツ

お料理好きさんには、器好きの方も多いですよね。Instagramにもお気に入りの器で盛り付けたおしゃれな料理がたくさん! 今回は、そんなおしゃれ料理の大事な要素「器」の選び方をご紹介。柄もの、色もの、地味目など、「上級者向きかも…」と悩むようなお皿を選ぶポイントをInstagramerのsumisumiさんが教えてくれます。

 

器選びはセンスの問題!?

おしゃれな器におしゃれな盛り付け、憧れますよね~。「でも器選びや盛り付けって、センスの問題だから…」と諦めていませんか? そんなことはありません! 選び方のコツや盛り付け、スタイリングのポイントをおさえれば、誰だっておしゃれな料理、盛り付けはできるんです。

おしゃれなInstagramが人気のsumisumiさんに器選びと料理の盛り付けのコツをお聞きしました!

 

■大胆柄のやちむんの器、地味色なら使いやすい!

こちらは、沖縄の「やちむんの里」で購入した器です。独特の大柄の器は一見使いにくそうですが、色味が落ち着いてるので意外と使いやすいんです。

渋い茶系の器なので、料理は大きな具材がごろごろ入ったスープカレーを盛ってみました。周りの小皿も全部やちむん! 柄は違えど、テイストを揃えると自然と統一感が生まれますね。

レシピはこちら
「具沢山!スープカレー」

 

■エスニック風のカラフル皿は模様と色を引き立てる盛り付けを

雑貨屋さんで買ったエスニック風のお皿。ふちの模様を引き立てるように、料理はお皿の中心にまとめて盛りました。

模様がどことなくエスニック風だったので、料理も合わせて中華をセレクト。お皿の赤を引き立てるように、マットはブルーをチョイスすれば、なんだか気分は東南アジア!?

レシピはこちら
「簡単本格!鶏モモのカシューナッツ炒め」

 

■大胆柄は「白」の面積多めを選べば、爽やかに決まる!

こちらもカラフルなお皿ですが、定型の柄ではなく、大判でバーンとした印象の柄。

買う時に「料理を盛ったときにうまくマッチするかな?」と思ったのですが、白の分量が多いので爽やかな印象になりました。

柄の色と料理の具の色を合わせるとおしゃれ感も倍増です!

レシピはこちら
「ジェノベーゼパスタ」

 

■ひとつあると便利!黒の器はデザイン性の高いものを

Instagramでも黒い器でかっこよくコーディネートしてる方が多いですよね! 食卓が暗くなるかなーと思いがちですが、マットな質感だったり、ヘリに模様が入っていたり、デザイン性の高いものを選べばOK。

シンンプルな和風パスタを盛り付けましたが、器のおかげ(?)でお店のパスタみたいな仕上がりになりました(笑)。

レシピはこちら
「朝10分!ツナと蓮根の和風だしパスタ」

 

■シックな色のスタイリッシュプレートは小皿で差し色を

「ためらう色ベスト3」に入るであろうグレイのお皿。お料理がまずくなりそう! というイメージの色ですが、小皿をさし色に使えばとってもスタイリッシュな仕上がりになります。

盛ってある料理は何てことない常備菜ですが、小分けに盛り付けた「和ンプレート」にすればカフェ風プレートの出来上がりです。



お洋服を衣替えするように、料理や季節によって食器を変えてみるのもいいですね。センスよく盛り付けて、おうちランチや家飲みの時にお友達をびっくりさせちゃいましょう!

こちらの記事もチェック!
・【今日からできる!】作り置きおかずで作るおしゃれな「和ンプレート」
・「いつもの鍋」に飽きたら、SNSで自慢できちゃう「フォトジェニック鍋」を作ろう!
・センスいい!と言われるワンプレートの盛り付けテク

この記事のライター

instagramer sumisumi
https://oceans-nadia.com/user/24157

関連記事