イケメンがいたらハンカチを落とす!? 女性発明家の作品が面白すぎ

イケメンがいたらハンカチを落とす!? 女性発明家の作品が面白すぎ

憧れの恋愛シーンも1人で実現可能!?
みなさんはユーチューバーの藤原麻里菜さんをご存知でしょうか? 女子ならではの願望を「その手があったか!」という方法で現実化させる発明家として、人気を集めています。今回は、そんな藤原さんの発明品の数々をご紹介します!

藤原麻里菜さんってどんな人?

現在23歳で、「無駄づくり」をテーマに、日々無駄なものを作り続けている藤原さん。天才発明家の肩書きを持つ彼女のYouTubeチャンネル登録数は3万超え、総再生回数は700万回を突破しています。

そんな彼女の発明がこちら! タイトルは「歩く度におっぱいが大きくなる」。浮き輪に空気を入れる時に使う黄色いポンプをサンダルの底に設置し、2つの風船を胸に入れたら準備完了。歩く度にどんどんと胸が膨らんでいく様子に思わずクスッと笑ってしまいます。
歩くとおっぱいが大きくなる マシーン  | 無駄づくり
ちなみに、この動画の再生回数は100万回超え! 海外からも注目を集めているようで、その人気ぶりが伺えます。それでは、そんな天才発明家・藤原さんの作品を紹介していきましょう!

珍発明の数々……女子なら共感できるかも?

2人で分けることを想定しているパピコも、藤原さんの手にかかれば1人で同時に食べることができるようになっちゃいます! 2本のパピコをつなぎ、同時に吸い込むことのできるマウスマウントは、3Dプリンターで作った特注品なのだとか。
男性の姿をした貯金箱「ヒモ貯金箱」も開発しています。マネキンの下にはタイヤが付いており、お金を入れるとタイヤが動き抱き付く仕組みに。お金を渡せばやさしくしてくれる彼氏と一緒にいるような感覚が味わえます。
出会いのきっかけを作るため、「イケメンを見つけたらハンカチを落とすマシーン」も開発! 頭に付けたビデオカメラで自分の背後にいる人を撮影し、その様子を手元のスマートフォンに写して、イケメンが現れたら背中からハンカチが落ちる仕組みになっています。
彼氏がいなくて寂しい女子のために「だーれだ!」をしてくれるマシーンも開発! 頭に装着するハンドマネキンには、モーターが付いているのでスイッチを入れると目隠しをしてくれます。
予想の斜め上をいく発想とシュールすぎる演出、そして哀愁漂うオチ……。天才の源は、青春時代に置いてきた乙女心なのかもしれません。もはや、彼女は発明家というより、女子の想いを体現するパフォーマー! 女子の夢が詰まった彼女の作品から今後も目が離せません。

(ワルダクミ+ヒャクマンボルト)

関連記事