捨てるのはもったいない! 余ったコスメの再利用テク

捨てるのはもったいない! 余ったコスメの再利用テク

意外な使い道があったんです!
コスメは最後まで使うのが意外と難しいもの。使い切る前に、ついつい新商品を買ってしまい、気が付くと中途半端に余ったマニキュアやリップクリームが何本も……なんて人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、中途半端に残りがちなコスメを上手に使い切るテクニックをご紹介します!

■その1「リップクリームはネイルオイル代わりに!」

リップクリームに含まれている保湿成分には、指先のささくれや爪の剥がれ、割れを保護してくれる効果があるのだとか。ネイルオイル代わりに使えるということで、実際に試してみました!
あなたの家にもありませんか? こんな感じでわずかに余ったリップクリーム。
指でリップクリームをすくい、爪の根元と指先に塗り込んでいきます。
さらに指全体にも塗ってみました。爪だけならネイルオイル代わりに、指全体に塗り込むとハンドクリームと同じ役目を果たしてくれます。

■その2「トイレットペーパー+香水で芳香剤代わりに!」

用意するのは、無香料のトイレットペーパーと、使い残した香水。余った香水をトイレットペーパーに適量吹きかけてトイレに置いておくだけで、芳香剤の役割を果たしてくれるんです! トイレ内が良い香りで満たされますよ!

■その3「チーク+トップコートでオリジナルマニキュアに!」

チークは量が減ってくると、こんな風に中央だけ薄くなって、だんだん使いにくくなってくるもの。そんな時は、余ったチークとトップコートを組み合わせることで、オリジナルカラーのマニキュアが作れちゃうんです!
まずはチークの上にラップをかぶせ、割り箸で表面を削っていきます。
削ったチークの粉末をトップコートの中へ入れます。瓶の口が狭いので、紙を丸めて作った「ろうと」を使うことで、手元を汚さずに移し替えることができますよ!
チークの粉末はトップコートに溶けにくいため、爪楊枝や割り箸できちんと混ぜます。
ある程度チークの粉末が溶けたら蓋を閉め、縦に強く振るとより混ざりやすくなります。
こちらが完成したもの。さっそく試してみましょう!
好みの濃さになるまで丁寧に重ねて塗っていきます。
仕上がりがこちら! マニキュアを塗っていない方の爪(写真左)と比べると、ほのかにピンクに色づいて、艶もかなり出ています!
自然な色合いなのでビジネスシーンでも浮かず、周囲に女性らしい印象を与えられそう!
何かと余りがちなコスメですが、組み合わせ次第でこんな風に再利用できるならうれしいですよね! みなさんもこれを機に、引き出しに眠っている使い残したコスメを復活させてみませんか?

(ぽめらにあん+ヒャクマンボルト)

関連記事