冬服の大敵「毛玉」を最もキレイに処理できるのはコレ!

冬服の大敵「毛玉」を最もキレイに処理できるのはコレ!

スポンジ・カミソリ・毛玉取り器で検証!
お気に入りのセーターやカーディガンを着ようとしたら、生地の表面に毛玉が……なんて経験をしたことはありませんか? 毛玉は一度できてしまうとなかなか取れない上、強引に取ろうとすると衣類を傷めてしまう恐れもあります。

そこで今回は、ネット上で話題となっている3種類の毛玉処理法を実際に検証! はたして、どの方法が最も効果的に毛玉を取ることができるのでしょうか!

■スポンジ・T字カミソリ・毛玉取り器で検証!

まずはこちら、毛玉だらけのセーター! 年季が入っております……。
そして、スポンジ(裏面がざらざらしたもの)・T字カミソリ・100均の毛玉取り器の3種類を用意。
セーターの表面を3ヶ所に分け、それぞれのアイテムで毛玉処理を行い、どの方法が最も効果的に毛玉を処理できるのか調べていきます!

■︎検証その1「スポンジで毛玉を取る」

まずはスポンジ。ざらついた面を衣類にあてて動かします。
スポンジを裏返して見てみると、このようにざらついた部分が毛玉を絡め取っています。しかし、よく見ると衣類の繊維まで一緒に引っぱり出され、付着していることがわかります……。
そしてスポンジで毛玉処理を終えた後の仕上がりがこちら! 毛玉は期待していたほど取れなかったというのが正直な印象です。

■︎検証その2「T字カミソリで毛玉を取る」

次はカミソリ。衣類の表面を撫でるように滑らせていきます。力を入れすぎると衣類を傷めてしまう恐れがあるので要注意!
刃物をあてているだけあって、スポンジよりもさらに衣類の繊維が削れてしまっています。そして問題の毛玉の処理効率は、そこそこと言った印象。
そしてT字カミソリで毛玉処理を終えた後の仕上がりがこちら! スポンジと比べると、毛玉処理能力は高いことが分かります。ただ、何度もカミソリの刃をあてると衣類に穴が空いてしまうリスクがあるので、力を加減しながらでないといけないのがネックかもしれません……。

■︎検証その3「100均の毛玉取り器で毛玉を取る」

最後に100均で購入した毛玉取り器。本体のスイッチを入れ、衣類の表面に軽く触れるように撫でていきます。さて、その実力は…!?
このように毛玉処理能力は流石の一言! ワンコインで購入したアイテムで、毛玉がここまで取れるのであれば、言うことないですね。
このように、どのアイテムでも毛玉を取り除くことはできたものの、処理能力や仕上がりには大きな差が。100均で購入した毛玉取り器が最もきれいに毛玉を処理できることがわかりました! みなさんも毛玉取り器で厄介な毛玉とサヨナラして、お気に入りの冬物を復活させてみませんか?

(ぽめらにあん+ヒャクマンボルト)

関連記事