クリスマス気分を盛り上げる!アイシングクッキーを作ろう

クリスマス気分を盛り上げる!アイシングクッキーを作ろう

もうすぐクリスマス。今年のクリスマスは大切な人にアイシングクッキーを作ってみてはいかがでしょうか? コツをつかめば誰でもできる可愛らしいクリスマスモチーフのアイシングクッキーの作り方を徹底解説します。この機会にぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

クリスマスプレゼントにアイシングクッキーはいかが?

クリスマスシーズンはパーティーなどにおよばれしたり、家に友人を招いたりとおもてなしの機会が増える時期。市販のお菓子もいいけれど、今年はちょっと頑張って「アイシングクッキー」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか? 歓声が上がること間違いなしのプレゼントですよ!

 

クリスマスカラーでカラフルクッキーを作ろう!

今回デコレーションで使うものはこちら!

左から時計回りに
・アラザン
・キラキラ光る細粒のカラーシュガー
・クリスマスのモチーフのスプリンクルス(チョコなどの飾り)
・アイシング用のペースト状のアイシングカラー
・色粉入りのアイシングシュガー
これらは製菓用品店で手に入れることができます。

ますは基本のアイシングクリームを作ります。
作り方はこちら
https://oceans-nadia.com/user/29/article/434

スプーンで持ち上げた時にとろとろと落ちる位のやわらかさにします。5〜6㎝のクッキー20枚位をつくる際は、約300gの粉糖を使ってアイシングクリームを作ります。

基本のアイシングクリームができたら、色粉を加えて色をつけていきます。今回は緑、赤、黄色の4色を用意しました。赤は「クリスマスレッド」という色を使用します。普段の淡い色よりもビビットで濃いめなので、よりクリスマス感がでますよ! 他に茶、黒、水色も用意しておくと便利です。ポイントとして使用することができます。

色を付けたアイシングクリームは小さめの容器に入れておきます。コルネも多めに用意しておきます。

比較的面積の広い部分に使うクリームの色はゆるめに、線や文字、模様など細かい部分に使うクリームはは固めに作ります。時間のかかる作業なので、途中で乾燥して固くなって来たら水を数滴垂らして調整しましょう。

 

クリスマスツリーのクッキーを作ってみよう!

クリスマスの代表的なモチーフといえば「クリスマスツリー」。準備しておいたクリームを使ってかわいいクリスマスツリーのクッキーを作ってみましょう! 土台となるクッキーをジンジャークッキーにすれば、よりクリスマス感を味わえますよ。

ジンジャークッキーのレシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/10571/recipe/119790

コルネを浮かせながらふちを1mmほど残して縁取ります。幹の部分は茶色で同じ様に縁取ります。

アイスクリームスプーンなどで縁の外にはみ出さない様に塗ります。しっかりと乾かし、光沢が無くなってから次の工程に入りましょう。

白のコルネで斜めにモールの模様と星、ドット柄などを描いてデコレーションします。乾かないうちにピンセットでアラザンをのせるとさらに可愛らしくしあがりますよ! アラザンなどの細かい飾りはピンセットを使うのが便利です。

模様をぷっくりとした立体的な仕上がりにしたいときは、このように一工程ごとにしっかり乾燥させてから作業するときれいにできます。線がにじんでしまう場合はアイシングが緩いので粉糖を足して調節してくださいね。

 

雪の結晶を作ってみよう!

冬の可愛らしいモチーフ「雪の結晶」のアイシングクッキーもできます。絵柄は色々ありますが今回は基本の結晶模様を描いてみましょう。

クリスマスツリーと同じ要領で白で縁取り、縁の内側を塗ります。

しっかり乾燥させたら、コルネで結晶の尖った部分から3本線を描きます。今回は描いた線が見やすくなるように薄い水色を使用しています。

さらに中心から半分位まで線を対角線に3本描きます。

長く伸びたところに矢の様な模様を入れていくと結晶らしく仕上がります。

中心にアラザンをのせれば、きらりと輝く雪の結晶のできあがり!

 

【応用編】スノーマンやジンジャーマンもできる!

細かいパーツを加えれば、可愛いスノーマンやジンジャーマンだってできます。まず広い面積を色付けし、あとは細かいパーツを足していくだけ。コルネの先を細くカットすると細い線が描きやすくなります。

スノーマンの場合は、体の白の部分や帽子の黒の部分塗って乾燥させてから、マフラーやボタンなどの細かい部分を描いていきます。

文字を書く時は、大きさのバランスを考えて、はっきりした色で書くとわかりやすいです。

スプリンクルスやカラフルシュガーもアクセントに使用すると、ぐんと華やかな仕上がりに。

 

出来上がりはオーナメントとして飾っても

アイシングをしたら、一晩くらいおいて、しっかり乾燥させましょう。ラッピングは必ず乾燥させてから行ってくださいね。袋に穴をあけてリボンを通せば、オーナメントとして飾ることもできます! いろいろなバリエーションのアイシングクッキーを作って、自宅に飾ったり、大切な人にプレゼントしてクリスマスを楽しんでみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もチェック!
・【初心者さんでも失敗なし】アイシングッキーの作り方徹底解説!
・クリスマスの伝統スイーツ、シュトーレンを作ろう!
・【鍋に!焼き魚に!】いつもの料理が何倍もかわいくなる!大根おろしアートの作り方

この記事のライター

とさかりえ
https://oceans-nadia.com/user/29

関連記事