食パンの耳で作る★ 一口クイニーアマンがかわいい!

食パンの耳で作る★ 一口クイニーアマンがかわいい!

一度食べたら止まらない!
フランスの伝統的な洋菓子クイニーアマン。外側は香ばしく、中はバターのコクが広がる甘いデニッシュ。そのおいしさにハマる人も少なくありません。

そんなクイニーアマンが、なんと食パンの耳で作れてしまうとか。筆者も早速作ってみました!

■用意する材料はなんと3つ!

材料は8枚切の食パン3枚、バター(マーガリン可)大さじ2、砂糖50gです。この他に、爪楊枝(12本)とクッキングシートをご用意ください。
食パンの耳を切り落とします。今回使うのは、耳の方ですよ!
霧吹きで湿らせ、くるくる丸めて爪楊枝で留めます。
フライパンにバターを入れ、溶けたら食パンの耳を両面焼きます。焼けたら、お皿に取ります。
フライパンに残ったバターを拭き取り、砂糖を溶かします。焦げないように、弱火から中火で慎重に… …。
砂糖が少し茶色っぽくなってきたら、フライパンを火からおろし、食パンの耳に溶かした砂糖を両面に絡ませて、クッキングシートに置いて冷まします。溶かし砂糖が硬くなってしまったら、また火にかければ柔らかくなります。
爪楊枝を外せば、一口クイニーアマンのできあがり~♪ 外側は飴でコーティングされているのでカリッとして、中はバターを吸った食パンがふんわりまろやか。バターのコクと砂糖の甘さがバランス良く口の中に広がり……これはまさしくクイニーアマン!

比較的残りがちなパンの耳で作れるのはうれしいですね。サンドイッチやフレンチトーストでパンの耳が余った時は、ぜひ作ってみて!

(やまかわきよえ+ノオト)
関連キーワード

関連記事