暴飲暴食、二日酔いにはチーズが効く?チーズの疲労回復レシピ

暴飲暴食、二日酔いにはチーズが効く?チーズの疲労回復レシピ

この季節は飲み会が多く、ついつい食べ過ぎや飲みすぎになりがちですが、栄養豊富なチーズには暴飲暴食を抑える効果や、二日酔いにも効果があるのをご存知ですか? そこで今回は、チーズの栄養効果をはじめ、二日酔いに効くレシピ、疲労回復に効果的なレシピを紹介したいと思います。

 

チーズは身近で栄養満点な天然サプリメント

チーズには豊富なカルシウムが含まれていますが、他の食材と比較して消化吸収率が非常に高いという特徴があります。青菜のカルシウムの吸収率が18%、小魚が30%であるのに対して、チーズは50~70%とされています。

また、カルシウムだけでなく、体の成長や目の健康に効果があるビタミンA、代謝を高め脂肪燃焼を助けるビタミンB2が含まれているところも注目すべき点。

そんな栄養豊富なチーズですが、さらにスゴい点は、牛乳から作られるチーズには、牛乳の栄養も濃縮されているということ。

牛乳をチーズに加工すると、その重量は1/10になり、おもに脂質(乳脂肪)とたんぱく質がチーズに移行します。つまりチーズ10gには、ミルク100cc分の脂質とたんぱく質が凝縮されるというわけです。

牛乳の栄養がぎゅっとつまっているチーズは、少量でも効率的に栄養摂取ができる天然のサプリメントと言えます。チーズには含まれないビタミンCを補うため、生野菜やフルーツと一緒に食べると、さらに栄養のバランスがよくなります。

 

暴飲暴食にも効果的!?

チーズはカルシウムやビタミンを豊富に含んでいるだけでなく、体調を整え、健康を維持するための様々な機能を持っています。

たとえばチーズは腹持ちがよく、ひと切れでも満足感が得られるため、食欲を抑える効果があるといわれています。暴飲暴食を防ぐためにお腹が空いたら、まずは一切れのチーズを食べてみましょう。

 

二日酔い防止と疲労回復の効果も!?

チーズには必須アミノ酸の一種であるメチオニンも豊富に含まれています。そのため、肝臓の働きを助け、アルコールの分解を促す効果が期待できます。お酒を飲む時や二日酔いの朝に効果的です。また、体力の回復、疲労回復の効果もあります。

運動後30分以内にアミノ酸を含んだ食品をとると、消耗した栄養を補うことができます。アミノ酸豊富なチーズは、運動後の栄養補給にも最適です。

 

栄養豊富なのに低糖質でダイエット向き

高タンパク高脂肪で栄養満点のチーズですが、チーズに含まれる脂肪分は小さな脂肪球状なので、すぐに消化され、蓄積されにくいといわれています。また、低糖質なので意外にもダイエット向きな食材なんです。

 

チーズを使ったおすすめのレシピ

それでは、今回はチーズを使ったおすすめのレシピをご紹介します。

 

小腹も満たして腸内環境も整えるチーズレシピ

ちょっとお腹が空いて、甘いものが食べたい。。。そんな時におすすめのデザートです。チーズとヨーグルトに含まれる豊富な乳酸菌が腸内環境を整え、便秘や下痢の予防にもなります。

 

リコッタチーズとヨーグルトのレアデザート

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/11808/recipe/132416

 

二日酔いの朝ごはんにおすすめのレシピ

肝臓の働きを助け、アルコールの分解を助けるメチオニンが豊富なチェダーチーズと、ビタミン豊富なブロッコリーのスープ。特に、二日酔いの朝におすすめです。

 

二日酔いに効果的!ブロッコリーとチェダーチーズのスープ

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/11808/recipe/144925

 

運動後の疲労回復におすすめレシピ

さくさくで口当たりのよいショートブレッドにチーズを合わせて。チーズの塩気と旨みがくせになります。チーズのアミノ酸をたっぷり含んでいるので、ランニング後の疲労回復やおやつにぴったりです。

 

パルミジャーノ・レッジャーノのショートブレッド

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/11808/recipe/134406

 

栄養豊富なのに低糖質でダイエット向きレシピ

糖質が高めのクルトンの代わりに低糖質の代表格・油揚げで代用。低糖質のチーズとたっぷりの野菜を使ったシーザーサラダです。

 

チーズと油揚げクルトンで糖質オフ!シーザーサラダ

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/11808/recipe/143323

 

家庭でのチーズの保存方法

日常の食事に適度に取り入れたいチーズですが、食べきれずにあまってしまった場合の保存方法をご紹介します。チーズは他の食品のにおいを吸収する性質があるので、ラップを密着させて空気を追い出すように包みます。ラップで包んだら、蓋付の容器やジッパー付きの袋に入れて冷蔵庫で保存してください。風味が落ちてしまうので、冷凍保存はおすすめしません。


栄養豊富でダイエット向きなチーズですが、もちろん食べ過ぎは禁物です。チーズだけを食べ過ぎてしまうと、塩分過多や体重増加につながります。適量のチーズと他の食材を上手に食べ合わせて、健康維持に役立ててくださいね。

 

関連記事
モッツァレラの中からクリームがとろ~り…!モッツァレラで作る話題のチーズ、ブッラータ
11月11日は「チーズの日」。チーズがとろ~り♪ 晩ご飯レシピまとめ
SNSで話題!とろ~りチーズがクセになるチーズフォンデュトーストの作り方

 

この記事のライター
 
丹下慶子
https://oceans-nadia.com/user/11808

関連記事