結婚に乗り気じゃない彼をその気にさせる10の方法

結婚に乗り気じゃない彼をその気にさせる10の方法

結婚相談所主宰のプロが伝授!
できれば今の彼と結婚したいのに、彼はまだその気じゃない……なんてお悩みの女子も少なくないのでは? でも、一体いつまで待てばいいのでしょうか。そこで、表参道の結婚相談所「ハピ婚相談所」主宰で、結婚したい女性へのアドバイスも行う大安ケイコさんに、「彼と結婚するための10の方法」を伺いました。
大安ケイコさん

■1.付き合って1年ぐらいなら、結婚のイメージを聞く

大安さんいわく「私との結婚ではなく、『結婚とかってどう思ってる?』と結婚自体に対するイメージを聞きます。彼がネガティブな反応をしたら半年待ってあげて。彼に覚悟を決める時間をあげてください」とのこと。ご飯を食べている時などに、さらっと聞いてOK。

■2.付き合って2〜3年なら、結婚願望を伝えてOK

「20代で付き合って数年経っていれば、彼にも結婚を考えるタイミングはあったはず。『私そろそろ身を固めたいんだよね』とストレートに伝えてOK。それで反応が鈍ければ『じゃあ合コン行くわ』と他の男性の存在をちらつかせましょう」(大安さん)

焦らせることも必要だそう!

■3.結婚がしたいのか、彼といたいのかを整理する

「自分の気持ちとして、とにかく結婚して子どもを持つという幸せが欲しいのか、今の彼と一緒にいたいのかハッキリしておくこと。今の彼と結婚したいなら、彼が経済的に安定して、結婚への気持ちが固まるまで、待つことも視野に入れましょう」(大安さん)
カップル

■4.周囲の結婚に影響されているわけではないことを伝える

「よく友達や同僚が結婚すると『あの子も結婚したよ』などとアピールする女子がいるのですが、男性は周りから固めようとする姿勢を嫌がります。あくまで『私が結婚したい』という主張を」と大安さん。真面目に伝えれば、彼もハッとするはず!

■5.結婚への焦りを素直に認めて、時には彼に伝えて

25歳を過ぎた頃から、女子は第一次結婚ラッシュに……。

「親しい友達がどんどん結婚すると『自分も早く!』と焦るのは当然です。この焦りと付き合うのはしんどいのですが、自分の気持ちを否定せず、素直に受け止めること。時には彼に伝えて、気持ちを分かってもらうことで結婚の後押しになることも」とのこと。

■6.彼と一緒に先輩夫婦に会いに行く

大安さんのおすすめが、既婚の会社の先輩など、結婚生活5〜10年経った先輩夫婦と会って話を聞くこと。

「新婚夫婦に会うと、うらやましくて落ち込む可能性が(笑)。落ち着いた夫婦なら結婚生活での苦労話なども聞けるので、リアルで参考になるはず。彼も一緒に会って良い刺激を」(大安さん)

■7.同棲は結婚への近道だと思うべからず!

「結婚前の同棲はあまりおすすめしません。女子は、同棲して家事をして、彼が自分の存在をありがたく思えば結婚に近づく、と思いがちですが、実際は反対。結婚せずにこんなラクな状況になったら男性は甘えて、結婚への決断は遠のきます」(大安さん)

■8.すでに同棲中なら、具体的な結婚話をして良し

今現在、すでに同棲中、という人はどうすれば?

「彼に具体的な結婚の話をしてください。『将来どうする?』『親にも言われるんだよね』『数年後には子供を産みたいと思う』などなど。同棲していてこれを言っても反応が悪ければ、残念ながら彼に結婚する気があまりないのかも」(大安さん)

■9. 33歳までに「彼と結婚していいのか?」の見極めを

どんなにアピールしても彼に結婚への意志が見えない場合は、「彼との結婚を諦めるという選択も考えてほしい」と大安さん。

「彼女の真剣な望みを叶えようとしない男とは別れるべき!! 私の相談所でも、待ちすぎて30代後半になって後悔している人をたくさん見てきました」(大安さん)

■10.結婚を先延ばしにする彼は要注意

彼と結婚できるかどうかの見極め方として最も有効なのがコレ。

「『いつか結婚しようね』と言葉ばかりで行動に移さない相手は、いつまで経っても話を進めないことが多いのです。しがらみが嫌で結婚をしたくない、という男性は一定層いるので、その場合は見切りをつけて、他にいい相手を探しましょう」(大安さん)
具体的な結婚へのアドバイスの数々。自分と彼に合ったものを選んで、今度こそアクションを起こしてみましょう!

(野々山幸/TAPE)

関連記事