スタバに行ったらこうやって撮る! おしゃれ写真のコツ

スタバに行ったらこうやって撮る! おしゃれ写真のコツ

センスをアピール☆
全10種類のデザインが話題のスタバのクリスマスカップ。これはぜひ写真におさめて、Instagramにアップしたいところですよね!
筆者も早速撮ってみたのですが、ご覧の通り、なんだかパッとしない写真になってしまいました……。

そこで、いつもInstagramに素敵な写真をアップし、「いいね!」をたくさんゲットしているオシャレインスタグラマーの写真を見て筆者が研究しました!

■下からのアングルで撮る

カップの下から、つまりローアングルから撮るだけで、柄が明るく写り、より印象的な写真になります。スタバのロゴマークが引き立ち、これなら数あるInstagramの投稿でも目を引きますよね。写真上級者風のアングルで撮れちゃいました! お天気が良ければ、青空をバッグにするのもオススメ! 季節感やライフスタイル感が演出できますよ。

■スリーブを手に入れる

スリーブは、カップが熱くて持てない時のためのカバーのこと。通常はスリーブなしの状態でドリンクを渡されることが多いので、付けてもらえるようにドリンクカウンターで頼みましょう。今の時期はスリーブもクリスマス仕様になっているので、かわいらしい写真が撮れること間違いなし☆

■カップを持って撮る

カップをテーブルに置かず、手に持って撮ってみましょう。ネイルをしているなら、かわいい爪も一緒にアピールできちゃいますよ♪ 冬は萌え袖をさりげなくアピールしてみるのも良いかもしれませんね。カップに光が当たりやすくもなるので、明るい写真を撮ることができます。

■奥に人を写して撮る

誰かと一緒にいる場合は、自分のカップにピントを合わせ、奥にいる相手をぼかして写してみましょう♪ 彼氏ができて自慢したいけど、あからさまなのはちょっと……という時には、この写真を上げるだけで彼氏の存在をアピールすることだってできちゃいますよ(笑)!

いかがでしたか? 写真が苦手な筆者も、一気にInstagram映えする写真を撮ることができました!スタバだけでなく、料理やスイーツなど、フード写真を撮る時にいつでも使えそうですよね。紹介した4つのテクニックで、フォトジェニックな写真をどんどんアップしちゃいましょう☆

(小泉桃子+ノオト)

関連記事