22→41種類に!? 12月から始まる新洗濯表示はこれ!

22→41種類に!? 12月から始まる新洗濯表示はこれ!

記号の組み合わせを覚えるべし
大切な服を長く使い続けるためには、正しい洗濯方法や乾燥を把握しておくことが重要ですよね。そのために重要なのが洋服のタグにある「洗濯表示」。その洗濯表示が2016年12月1日(木)から変更になりました!

慣れ親しんだマークはこんなマークでしたよね。
実はこれまで使われていたものは、日本の洗濯習慣に合わせて作られた日本独自のマークだったんです。そこで国内外でマークが統一され、新しいマークが導入されることになったんですよ。
従来のマークにあった日本語の文字も消え、シンプルなマークになりました。古いマークにはなかったタンブル乾燥やウェットクリーニングのマークが増え、分類は4種類から7種類に増えたんですよ。逆になくなったのは、中性など洗剤の種類や当て布の記号。

この基本のマークに付加記号や数字が付き、それを見れば細かい洗濯方法や乾燥やアイロンの温度などがわかるようになりました。
洗濯では「-」、アイロンでは「・」で強さや弱さが判断できるようになったんですね。付加記号は他にもあり、マークと付加記号の掛け合わせで洗濯表示マークは22種類から41種類に増えました。最初は戸惑うかもしれませんが、基本の見方を押さえたら意外と覚えやすそう~。マスターしてしまえば、今までより上手に洗濯ができるだけでなく、海外製の服の取り扱いに困ることもなくなります。

新しい洗濯表示に慣れて、洗濯上手になっちゃいましょう!

画像提供/消費者庁

(まつだあや+ノオト)

関連記事