なすはダイエットに最適な食材!その効果と美味しく続けるレシピを公開します!

なすはダイエットに最適な食材!その効果と美味しく続けるレシピを公開します!

なすがダイエットにいい?その理由をご紹介します。

ダイエットしている人は、毎日何を食べようかと悩む日々ではないでしょうか。できるならダイエットに最適な栄養素を含む食材を取り入れたいですよね。今回紹介するダイエットに最適な食材は、なすです。

なすはカロリーが高くなりやすいというイメージが強いですが、どのように取り入れればダイエット成功につながるのでしょうか?今回は、なすのダイエット効果とおすすめレシピを紹介します。

なぜなすがダイエットに最適な食材なのか?

ダイエットをしていても、毎日食事は欠かすことができませんよね。食事は毎日のことなので、どのような食材を取り入れようか悩んでいるのではないでしょうか。

ダイエットをしている方は、なるべくカロリーの低い食材を探し、毎日の食事に取り入れているのではないでしょうか。そこでおすすめしたい食材が、なすです。

なすは油を吸収しやすいので、ダイエットには不向きと考えられがちですが、そんなことはありません。なすはカロリーが低く、使い方によってはダイエットの味方となってくれる最適な食材なのです。なすのカロリーは100gで22calです。とても低カロリーですよね。

またなすの約94%が水分でできているので、水を飲んでいるのと同じ感覚で食すことができます。そんな水分の多いなすですが、水分だけでなく栄養もたっぷりです。

ここまで低カロリーで栄養を多く含んだ野菜は少ないのではないでしょうか。なすに含まれる栄養素は、ビタミンB群、ビタミンC、鉄、カリウム、カルシウム、食物繊維です。

またポリフェノールを多く含んでいるので、抗酸化作用が強いということが魅力ですね。ダイエットに不足しがちな栄養をたくさん含んでいるので、ダイエットに最適な食材というわけです。

なすに期待できるダイエット効果とは?

なすのカロリーが低いということや栄養がたっぷり含まれているということは説明しましたが、なぜなすがダイエットの食材として最適なのでしょうか。それはなすに含まれる食物繊維とビタミンB群にあります。ダイエットに食物繊維は欠かすことができませんよね。

食物繊維を摂取することで、便秘を改善することができ、代謝を上げることができるのです。さらになすには水分も豊富に含まれているので、食物繊維との相乗効果により便秘を改善しやすくなるというわけです。

女性は便秘に悩まされている人が多く、薬で無理やり出している人も多いです。薬を服用するよりも、食材の力を使って自然に解消する方が身体にとってよいことは一目瞭然ですよね。

またビタミンB群の中で特に注目したいのは、ビタミンB6です。ビタミンB6に関しては、脂質の代謝を活発にすることができるので、ダイエットには最適な食材というわけです。

カロリーが低いだけでなく、ダイエットに適した栄養素を多く含んでいるというのは嬉しいですよね。ダイエットに取り組んでいる人は、なすを取り入れたメニューがおすすめです。

なすを食材として取り入れる場合は、調理法に注意しましょう。なすは油を吸いやすい性質をもっているので、なるべく油を使わない調理方法、油を使う場合は質のよい油を使うようにしましょう。そうすることで油のカロリーを摂取することなく、なすの栄養素だけを効率よく取り入れることができます。

おすすめレシピ・なすの味噌チーズ焼き



まずなすのダイエットレシピとしておすすめするのが、なすの味噌チーズ焼きです。

【材料】

なす 1本
ピザ用チーズ 大さじ1
塩 少々
味噌 大さじ1
砂糖 大さじ半分
酒 少々

【作り方】

1.なす1本を輪切りして、塩をふっておきます。少し置き一度水洗いしてからラップをかけ、電子レンジで加熱します。

2.合わせ調味料として、味噌、砂糖、酒に、お湯大さじ1を混ぜておきます。

3.フライパンにオリーブオイルを少々入れ、なすを入れて火をつけて熱します。両面をこんがりと焼きます。

4.先ほど混ぜておいた味噌だれをなすに塗り、上にピザ用チーズをかけて蓋をして、チーズが溶けるまで焼いて完成です。

一人分のカロリーは、約50kcalなので、ダイエット中でも安心して食べることができるのではないでしょうか。ダイエット中に限らず、現代の女性はカルシウムが不足しがちですが、なすもチーズもカルシウムを豊富に含んでいます。

また味噌などの発酵食品には胃腸を整える効果があるので、ダイエットに適した食材だと言えるでしょう。

おすすめレシピ・鶏もも肉となすトマトのさっぱり炒め



次に紹介するのは、鶏もも肉となすトマトのさっぱり炒めです。作り方は、食べやすい大きさに切った鶏もも肉になす、トマト、ブロッコリーなどを加えて炒めます。味付けには、ごま油、しょうゆ、お酢、みりんを使い、さっぱりと味付けしていきましょう。

なすは味に変化がないと毎日食べていて飽きてしまいますが、お酢を使うとあっさりとした味付けで食べることができるので、なすダイエットが長続きしやすいというメリットがあります。

油を使うとすぐになすが吸収してしまうので、蓋をして蒸したり、お肉の油を活用して調理するというのがいいでしょう。そうすればカロリーを抑えることができますし、何よりも味なじみがよくなるので美味しく食べることができますよ。

トマトもリコピンを多く含んでいるので、ダイエットに適した食材だと言えるでしょう。なすとトマトの食べ合わせもよく、さっぱりと食欲がないときでも食べることができます。

また鶏もも肉は、疲労回復や貧血予防に効果的です。こちらもダイエットに効果を発揮する食材としておすすめです。

おすすめレシピ・なすの胡麻和え



ダイエットレシピになすを取り入れるためには、なるべく油を使わないということが大切です。そこで油を使わない、なすの胡麻和えのレシピを紹介します。まずなすを食べやすい大きさに切ったら、水につけて、電子レンジで加熱します。

その後に冷やして、なすの水分を少しだけ残すように絞ります。ボウルの中にしょうがのすりおろしとしょうゆを混ぜ、そこに先ほどのなすを入れ、最後にすり胡麻を合わせて完成です。

電子レンジを使うことで、油を使わずに調理することができます。しょうがは身体を温める効果があるので、ダイエットに最適な食材だと言えるでしょう。なすにもダイエット効果があるので、組み合わせ抜群です。

またすり胡麻もセサミンを豊富に含んでいるので、抗酸化作用を期待することができ、若返りも期待できます。ゴマを取り入れる場合は、すり胡麻がおすすめです。ゴマよりもすり胡麻は身体への吸収率が高いので、効果的に栄養を吸収することができるのです。

またゴマには栄養がたくさん含まれているので、ダイエット時に不足しがちな栄養を摂ることができます。なすの胡麻和えは、さっぱり食べることができるだけでなく、火を使わずに調理できるので、小腹が空いたときにおすすめの1品です。

なすはポン酢やしょうゆ、お酢など様々な調味料との相性がいいので、いろいろな味付けにチャレンジしてみましょう。

おすすめレシピ・なすのお肉詰め



ダイエットとして糖質制限をしているという人も多いでしょう。なすは意外と糖質が多いので、糖質制限をしている人にはもしかすると落とし穴になるかもしれません。そこで糖質制限をしている人におすすめのなすを使ったレシピを紹介します。それは、なすの肉詰めです。

【材料】

米なす 1本
豚ひき肉 150g
長ネギ 2分の1
塩コショウ 少々
おからパウダー 少々
しょうが 少々

【作り方】

1.長ネギをみじん切りにします。
2.ボウルにひき肉とおからパウダー、しょうが、塩コショウを入れて、混ぜてタネを作ります。
3.なすを1,5cmの半月切りにして、真ん中に切れ目を入れます。
4.なすに入れた切れ目にタネを入れていきましょう。
5.フライパンで10分蒸し焼きにしたら出来上がりです。

仕上がりはピーマンの肉詰めのようになり、満腹感のある1品になります。なすは野菜の中でも糖質が高めですが、糖質制限をしている人にとっても優秀な食材です。

なすの糖質が多いのであれば、合わせる食材で糖質を調節すればいいのです。糖質制限をしている人もなすをうまく取り入れて、ダイエット中に不足しがちな栄養素を摂取するように心がけましょう。

なすと組み合わせると最強な食材は?

ダイエットにおすすめのなすメニューを紹介しましたが、なすと組み合わせることで最強の力を発揮する食材があります。その組み合わせを知っていれば、目的に合わせたメニュー作りの手助けになるのではないでしょうか。

まずは、美肌効果を発揮するなすとの組み合わせは、人参・ほうれん草・かぼちゃ・ピーマンです。これらの野菜をなすと組み合わせると、美肌効果を期待することができます。

次は、ダイエット時には嬉しい肥満予防効果です。それはキノコ類・トマト・あさり・しじみです。単品でも肥満予防として効果を発揮しますが、なすと組み合わせることでより効果を期待することができます。

スタミナ増強には、おから・油揚げ・厚揚げ・がんもどきです。ダイエット時は摂取カロリーを減らしがちなので、なすと合わせてスタミナ増強食材を食べることで、スタミナが出るのは嬉しいですよね。

また老化防止効果には、なすとピーマン・ブロッコリー・人参の組み合わせがおすすめです。このようになすは一緒に食べることで、相乗効果を期待できる食材がたくさんあります。これを頭に入れておくと、その日の体調に合わせて食材の組み合わせを変えることができるので便利ですね。

なすをダイエットメニューに取り入れるときに気をつけることとは?

なすをダイエットメニューに取り入れるときに気をつけることは、大量の油と一緒に調理しないということです。なすは油分があればあるだけ吸収してしまうので、カロリーが高くなってしまいます。

少ない油で調理することで、油の染み込みを抑えることができ、カロリーも低く抑えることができるのです。なすのカロリーが高いというイメージの原因は、なすが吸収した油分です。

油を使わない調理方法としては、蒸したり、電子レンジを使用するという方法があります。また油を使うメニューならオリーブオイルを使うなど、身体にとって良質なオイルを使いましょう。

なすをダイエットメニューに取り入れる場合は、調理法とオイルに気を配りましょう。またなすは身体を冷やす効果があり、冷え性の人は食べ過ぎに注意しましょう。

「秋ナスは嫁に食わすな」という言葉があり、妊婦は身体を冷やしてはいけないということを意味しています。女性は身体を冷やすとダイエットにもよくありません。

また喘息もちの人もなすの食べ過ぎには気をつけた方がよさそうです。またなすには水分が多いので、熱中症になりやすい時期には最適な食材となります。

ダイエットメニューになすを取り入れるメリットとは?

ダイエットは短期間で結果を出そうとすると、リバウンドしやすいので、根気よく続けることが大切です。そこで大切になるのが、毎日の食事メニュー。栄養の偏ったメニューだと肌荒れやストレス、便秘などいろいろなトラブルに悩むことになります。

それを改善してくれるのが、バランスのよい食事や、ダイエットに最適な食材を取り入れた食事メニューです。なすは単品のメニューも豊富ですし、他の食材と合わせても美味しさを増す食材です。

今回紹介したレシピ以外にも、定番の煮びたしなども人気です。シンプルな調理法なので、料理が苦手な人にもおすすめです。なすは味が染み込むので、いろいろな料理メニューにおすすめの食材です。

なすが苦手な人は炒め物に入れるなど、何かと混ぜて調理すると食べやすいですよ。また小さいサイズに切って調理すると水分が出やすいので、調理時間の節約になります。

ダイエットを無理なく長続きさせるためには、無理をせず自分のペースで取り組むというのがいいでしょう。今回紹介したように、なすを食事メニューに取り入れて、理想の自分へと近づいてくださいね。

まとめ

なすに含まれるポリフェノールや食物繊維、ビタミンB群はダイエットをする上で最適な栄養素です。またカロリーが低いということからも、ダイエット時に最適な食材と言えるでしょう。ダイエットメニューに悩んだらなすを使ったレシピに挑戦しましょう。

関連記事