アーモンドミルクのダイエット効果とは?カロリーや糖質、人気レシピなどもまとめて紹介!

アーモンドミルクのダイエット効果とは?カロリーや糖質、人気レシピなどもまとめて紹介!

話題のアーモンドミルクのいいところ!

皆さんはアーモンドミルクという飲み物をご存じですか?
アーモンドミルクはアメリカなどで大ブームとなっている飲み物であり、かなり美容に効果的ということで美意識の高い方なら既にご存知かも知れませんね。

しかしそのようなアーモンドミルクですが、まだ日本での知名度は高いとは言えません。今回は「アーモンドミルクがよく分からない」という方に「アーモンドミルクはどういう飲み物なのか」「どういう効果があって人気の飲み物なのか」などをご紹介していこうと思います。
是非最後まで目を通していってください!

そもそもアーモンドミルクってなに?

そもそもアーモンドミルクという飲み物を知らない方に、まず「アーモンドミルクとはどういう飲み物なのか?」についてご説明していきます。アーモンドミルクとは、アーモンドミルクを調理した時に取れるミルクのことを言います。

もちろん、この際に取れるミルクは牛乳などとはまた違ったものです。しかしアーモンドから取れたミルクには牛乳と似たような成分が含まれているので、アーモンドミルクと呼ぶのですね。

アーモンドミルクは元々、アメリカで流行した飲み物です。ハリウッド女優などが好んでアーモンドミルクを飲んでおり、それが日本にも伝わってきた形ですね。日本ではアーモンドミルクは主流ではなく、牛乳や豆乳の方が人気なのですが……なんとアメリカでは牛乳や豆乳よりアーモンドミルクの方が人気であるとまで言われています。

それぐらいアメリカでは人気の飲み物なのです。ここで気になるのは、どうしてアメリカでアーモンドミルクが人気になったのかということ。次はそれについて詳しく語っていきます。

アーモンドミルクを飲むと美容に良い!?

「どうしてアーモンドミルクがアメリカで人気になったのか」。それは「アーモンドミルクには大きな美容効果があるから」です。やはり女性ならば美容に気を遣うでしょうし、美味しくて美容効果のある飲み物があったら好んで飲みますよね。

ハリウッド女優などが飲んでいることからもその美容効果は確かですし、アメリカで人気になったのも頷けます。そんなアーモンドミルクですが、具体的にどのような美容効果があるのでしょうか?

まず、アーモンドミルクにはビタミンEが豊富に含まれています。こちらのビタミンEには生活習慣病などの原因になる「活性酸素」を中和させる効果があります。

つまりビタミンEを適量摂取することにより、老化の防止などにつながるのです。血液の循環をよくする効果などもあるので、肌荒れ予防にもなりますね。またそれ以外にもホルモンバランスを整える作用がビタミンEにはあります。

ホルモンバランスが整われることによって、生理痛や更年期障害などが改善されるとも言われているので、是非とも女性が摂取しておきたい栄養素なのです。もちろんコレステロール値を下げる効果などもあるので、ビタミンEは男性も摂取しておきたいですね。

しかしいくら優れた栄養素でも、多量に摂取すると逆に骨粗しょう症などになってしまうので摂取量には注意が必要です。

アーモンドミルクにはお通じ改善の効果もあり!

アーモンドミルクの素晴らしい効果は美容だけに限りません。実はアーモンドミルクを飲むことによって、便秘解消の効果まで期待できるのです。

というのも、アーモンドミルクの原料はアーモンド。アーモンドには食物繊維が含まれており、食物繊維には腸内環境を整えてくれるという素晴らしい効果があるので、アーモンドミルクを飲むことで便秘改善に繋がるのです。

さらに、アーモンドにはオレイン酸という脂肪酸が含まれています。オレイン酸はアーモンドの他にオリーブ油などにも含まれているものですね。このオレイン酸は、摂取することで動脈硬化や心疾患などの生活習慣病を予防する働きをしてくれます。

それだけでなく、オレイン酸には腸を刺激する働きがあるのです。この腸を刺激する働きと食物繊維が便秘解消を促してくれるわけです。便秘の状態だと、老廃物などが身体に溜まってしまい美容によくありません。

今現在便秘にお悩みの方は、是非ともアーモンドミルクを飲むことをおすすめいたします。朝に1杯のアーモンドミルクを飲むだけでも、かなり腸内環境が良くなりますよ。

アーモンドミルクにはダイエット効果もある!

アーモンドミルクには美容や便秘改善効果があるというお話はしましたが、更に「ダイエット効果」まで期待できる飲み物なのです。牛乳などに似ているアーモンドミルクですが、実はカロリー自体は牛乳の三分の一以下なのです。

「ミルク」と名前がついていることから高カロリーだと思った方も多いでしょうが、アーモンドミルク自体は非常に低カロリーなのです。しかも脂肪のひとつでもあるコレステロールもゼロなので、普段飲んでいる牛乳をアーモンドミルクに変えるだけでもかなりのダイエット効果が期待できます。

また、アーモンドミルクには鉄分やミネラルなどの重要な栄養素も豊富に含まれています。実は鉄分が不足すると人体は酸素をちゃんと運べなくなってしまい、脂肪が燃焼しにくくなるのです。つまり鉄分不足というだけで、人は太りやすくなってしまうわけですね。

さらにミネラルは水分代謝を上げてくれるので、むくみなどの改善に繋がるのです。アーモンドミルクを飲むだけでこれら鉄分とミネラルが簡単に摂取できるので、ダイエットしたい女性などは積極的に飲んでいきたいですね。

また、アーモンドミルクは小腹を満たすのに最適な飲み物でもあるので、ついつい食べてしまう間食の量を減らす効果も期待できます。

低糖質ダイエット中にアーモンドミルクは良いの?

アーモンドミルクは意外とカロリーが低い、という話は先ほどしましたが、カロリーと同じぐらい気になってしまう「糖質」については触れてしませんでした。

最近では糖質を制限する「低糖質ダイエット」なるものが流行っており、アーモンドミルクにどれぐらい糖質が含まれているのか気になるところだと思います。なのでここでは「アーモンドミルクに含まれている糖質の量」についてお話していきます。

ところで、皆さんは牛乳に含まれている糖質量をご存知でしょうか?牛乳はカルシウムなどが多分に含まれており、愛好している方も多いと思うのですが、意外と糖質量を知っている方は多くありません。

牛乳ですが、実は一般的に糖質が200mlで9.6gも含まれているのです。グラムで換算するとあまりピンと来ないかもしれないですが、9.6gは角砂糖2個分ちょっとに値します。これはかなり多いですよね。

しかしアーモンドミルクの場合だと、200mlに対して糖質がたったの0.6gしか含まれていません。もちろん牛乳もアーモンドミルクも製品によって含まれている糖質量は異なってくるのですが、アーモンドミルクの方が牛乳に比べてはるかに低糖質であることはご理解いただけたかと思います。

低糖質ダイエットをしているのに知らずに牛乳を飲んでいた方は、すぐさまアーモンドミルクなどに飲みかえることをおすすめします。

アーモンドミルクにはどんな味があるの?

ここまでアーモンドミルクの魅力についてご説明してきましたが、中には「でもアーモンドミルクって美味しくないんでしょ?」と思った方も多いと思います。

現に「アーモンドミルクは実はあまり美味しくない」などという噂みたいなものが出回っており、アーモンドミルクを飲むことに少し抵抗があった方も少なくないのではないでしょうか?なのでここでは「アーモンドミルクの味について」お話していこうと思います。

まず言っておきますが、アーモンドミルクは決してマズイものではありません。味によりますが、むしろ美味しいと言う人の方が多いのです。

なので「アーモンドミルクは美味しくない」と今まで思っていた方は、取りあえず飲んでみることをおすすめします。きっとその美味しさに驚くはずですよ。

アーモンドミルクはそのままでも美味しいので、甘みが苦手な方は「砂糖不使用」のものをおすすめします。糖質制限などをしている人にとっては、砂糖不使用の方が都合がいいですしね。

しかし砂糖不使用だと、やはり飲みにくいと感じる方もいるでしょう。その場合は、チョコレート味のアーモンドミルクなどを飲むといいでしょう。味の方はココアに近く、砂糖不使用だと飲みにくい方でもこちらなら安心して飲むことができます。

しかし味付けされているアーモンドミルクは、残念ながら砂糖不使用のものに比べてカロリーが高くなってしまいます。あまり多飲はおすすめできないですね。とはいえ、カロリーが多少高くても豊富な栄養素があるのでジュースなどを飲むよりは健康的です。

アーモンドミルクとコーヒーって合うの?

アーモンドミルクには様々な味のものがあり、どの味を選ぶ方は自由です。しかし中には「砂糖不使用のものだと飲みにくくて、他のは逆に甘すぎる……」など、味に不満を持つ方もいると思います。

そんな方におすすめしたいのが「アーモンドミルクにコーヒーを混ぜて飲む」飲み方です。アーモンドミルクの味は牛乳のようなものなので、実はコーヒーと相性が抜群なのです。アーモンドミルクのコーヒー味というのが市販されているぐらいですからね。

アーモンドミルクとコーヒーを混ぜることによってスッととろけるようなまろやかさになり、非常に飲みやすくなります。甘さもチョコレート味などよりかは強くないので「砂糖不使用は飲みにくいけど他のは甘い」と感じていた方でも安心して飲むことができます。

また、普段飲んでいるコーヒーのミルクをアーモンドミルクに置き換えるのもかなりおすすめです。低糖質になるだけではなく、ビタミンEやオレイン酸などをより手軽に摂取できるようになるからです。

普段コーヒーをよく飲んでいる方は、是非とも牛乳の代わりにアーモンドミルクを使ってみてください。砂糖を入れなくても飲みやすくなりますよ。

アーモンドミルクでヨーグルトを作れるってホント!?

実はアーモンドミルクからヨーグルトが作れるのですが、皆さんご存知でしたか?アーモンドミルクから飲み物を作ることで、より摂取しやすくなったりします。

子どもなどには飲み物よりシリアルなどを入れたヨーグルトの方が食べやすいと思うので、是非ともアーモンドミルクからヨーグルトを作る方法を覚えましょう!

○アーモンドミルクからヨーグルトを作るやり方

・用意するもの

アーモンドミルク 1,000ml
ヨーグルト 1個
KAMOSICO(発酵食メーカー)

・手順

① KAMOSICOを熱湯消毒し、アーモンドミルクとヨーグルトを入れて混ぜます。
② 設定を42度、7時間にしてスタートさせます。
③ 7時間経ったらできあがります。シリアルなど、お好みをものを入れてお召し上がりください。

以上がアーモンドミルクからヨーグルトを作る手順となります。発酵食メーカーがないと作れないのが難点ですが、非常に簡単に作ることができます。

使うヨーグルトによってできあがりの味が違ってくるので、好みの味でない場合は別のヨーグルトなどを使うと好みの味に近付きます。

アーモンドミルクの適した飲み方って?

美容などに効果のあるアーモンドミルクですが、しかし飲み方を間違えればその効果を最大限受けることはできません。ここでは、そんなアーモンドミルクの適した飲み方についてご説明いたします。

もちろんただ飲むだけでも効果があるのですが、やはりどうせ飲むならば効果的な飲み方のほうがいいですよね。なのでここで、適したアーモンドミルクの飲み方をしっかりと覚えていってください!

まず、アーモンドミルクは起きた後、朝食の前に飲むのが効果的です。というのも、アーモンドミルクには食物繊維が含まれていますから、朝に調の働きを促してくれる方が都合が良いのです。お仕事中のお昼などにアーモンドミルクをたくさん飲んで、お通じが良くなっても逆に困ってしまいますからね。

また、空腹でなかなか寝付けないような夜に飲むのも効果的です。カロリーや糖質が低いので、夜中に飲んでも太ったりする心配がないんですね。

そして1日に飲む量ですが、おすすめなのは200ml前後です。美容効果などがあるとはいえ、やはりアーモンドミルクとはいえ飲み過ぎは厳禁です。ビタミンEなども、摂取し過ぎると骨粗鬆症などの原因になってしまいます。

なのでアーモンドミルクは水のように1日に1Lも飲んで良い飲み物ではありません。飲み過ぎると逆に不健康になってしまうので、この点だけは注意してくださいね。

アーモンドミルクって粉末でも効果あるの?

アーモンドミルクの中には、粉末状のものもありします。「アーモンドミルクパウダー」と呼ばれているものです。アーモンドミルクはかなり良い飲み物なのですが、自分で作ると手間が掛かりますし、飲料をそのまま買ってもコストがかさんでしまうもの。

しかしこちらのアーモンドミルクパウダーは水に入れて混ぜるだけで簡単にアーモンドミルクを飲むことができるので気軽に、そして経済的に飲むことができます。

また、パウダーなので必要以上に場所を取らないのが隠れたメリットです。パックに入っているアーモンドミルクなどを買うと、どうしても場所を取ってしまいますから。

そして気になる「パウダータイプでも栄養素は含まれているのか」ですが、実は逆にパウダータイプの方こそ栄養素が豊富に含まれていたりします。というのも、パウダータイプの場合はあまり加工がされていないので、栄養素がパックタイプに比べて失われずに残っているのです。

なので手間やコストをなるべく掛けたくない方は、是非とも粉末タイプのアーモンドミルクパウダーを利用しましょう。しかもパウダータイプだと他の料理などにも素材として使えるので、結構お得です。

しかし開封してから2ヶ月以内には全部使わないといけないので、一人暮らしの場合などはちょっと消費するのが難しいですね。

アーモンドミルクの簡単な作り方

アーモンドミルクの効果や適した飲み方などをご説明したところで、いよいよ「アーモンドミルクはどうやって作るのか」「アーモンドミルクを使ったおすすめ・人気のレシピはなんなのか」についてお話していこうと思います。

まずは「アーモンドミルクはどうやって作るのか」について紹介していきます。パックタイプの物を買うより手間が掛かってしまうのですが。長期的に考えれば経済的なので、手間ひまを惜しまない方は是非自分で作ってみましょう!

○アーモンドミルクの作り方

・必要なもの

パワーブレンダー 1つ(混ぜるのに使います。)
ローアーモンド 1カップ
水(アーモンドを浸ける為) 3カップ
水(アーモンドミルク用) 4カップ

・作り方の手順

①ローアーモンドを3カップの水に一晩浸けます。この際、なるべく8時間以上浸けるのが望ましいです。
②一晩浸けたローアーモンドを、ザルで水を切ってから軽く水洗いします。この際、浸けた水は捨ててください。再利用すると消化障害などの原因に繋がります。
③パワーブレンダーにローアーモンドと水を4カップ入れます。その後、ローアーモンドがなめらかになるまで混ぜます。
④ボールにクロスを掛け、③の物を入れつつ絞ります。
⑤密閉容器に④の液体を入れ、冷蔵庫で4日ほど保管します。

以上が、アーモンドミルクの作り方となります。作り方が難しそうなアーモンドミルクですが、意外と簡単に作れてしまうんですね。

また、⑤のときにクロスの方に搾りカスが残るのですが、そちらの方は再利用しても問題ありません。お菓子作りの材料などに使っても良いですね。

アーモンドミルクで作るヘルシーなプリンレシピ!

さて、続いてご紹介するのはアーモンドミルクを使った人気レシピです。アーモンドミルクを調理に使用することで、美味しいだけでなく豊富な栄養素をそのままいただくことができます。これは嬉しい点ですよね。

ここでご紹介するのはアーモンドミルクを使ったプリンです。なんとプリン作りに必要不可欠な牛乳をアーモンドミルクで代用したレシピです。ヘルシーかつ美味しいレシピですので、是非皆さんも料理に挑戦してみてください。

○アーモンドミルクでプリンを作るやり方

・用意する材料

たまご 2個
はちみつ 30g
アーモンドミルク 200ml

・作り方

①アーモンドミルクとはちみつを鍋に入れ、はちみつを溶かすために弱火で煮込みます。 はちみつが溶けた段階で火を止めて冷まします。

②たまごをボールに入れて、混ぜます。 そして冷めた①をボールに入れて、更に混ぜます。

③混ぜた②を茶こしなどを使って型に流し込み、アルミホイルなどでフタをします。

④フライパンを用意し、そこにプリンカップの三分の一ぐらいまで水を入れます。プリンカップを中に入れ、沸騰するまで中火でまちます。

⑤沸騰した段階で弱火に切り替え、そこからさらに15分間煮ます。

⑥15分間煮たら、粗熱を取るために30分ほどそのまま放置します。

⑦その後に冷蔵庫で冷やしたら完成です。


簡単に作れるアーモンドミルクを使ったプリンなのですが、火の加減には注意してくださいね。

朝食にピッタリ!アーモンドミルクを使ったフレンチトーストのレシピ

続いてご紹介するのはアーモンドミルクを使ったフレンチトーストのレシピです。栄養素抜群で食物繊維なども入っているので、朝食にピッタリの料理ですね。

○アーモンドミルクを使ったフレンチトーストの作り方

・用意するもの(材料)

アーモンドミルク 100ml
アガペシロップ 小さじ2~3杯
ココナッツオイル お好みで大さじ1~
粉糖・シナモン お好み
たまご 1個
食パン 2枚

・手順

①食パンを半分に切って、片側だけ格子状の切れ目を作ります。

②バットを用意し、そこにアーモンドミルク・アガペシロップを入れて卵液を作ります。

③食パンを②のバットの中に入れて、卵液を吸わせます。この時、上から押し付けたりすると上手く吸わせることができます。

④ココナッツオイルを熱してあるフライパンの中に入れ、食パンを並べます。この時、お好みでシナモンを振りかけるのもいいでしょう。

④ 焼き色が付いたら裏返して、ココナッツオイルを足しつつ両面を焼きます。卵液が余っている場合は、この段階でパンの上に流し込んでも問題ありません。

⑥両面が適度に焼けたら、完成です。

以上がアーモンドミルクを使ったフレンチトーストの作り方となります。甘いのが好きな方は、焼いてる最中にアガペシロップを追加しても良いですね。

こちらのフレンチトーストは香りも素敵なので、朝食に作れば気持ちのいい朝を迎えられるでしょう!

アーモンドミルクを使った簡単に作れるパンナコッタレシピ



続いてご紹介するのは「アーモンドミルクを使った人気パンナコッタレシピ」です。こちらもアーモンドミルクプリン同様、簡単に作れるとあって人気が高いレシピです。

○アーモンドミルクミルクを使ったパンナコッタの作り方

・用意するもの(材料)

アーモンドミルク 300ml
生クリーム 200ml
はちみつ 大さじ1杯
マラスキーノ 大さじ1杯
粉ゼラチン 10g
果物・ホットケーキシロップ お好みで

・手順

①マラスキーノを粉ゼラチンにかけます。
②鍋にアーモンドミルク・生クリーム・砂糖を入れて沸騰直前まで温めます。
③沸騰直前で火を止めた後、①のゼラチンを②の鍋に入れて溶かします。
④ザルなどを使って③のものをこして器に入れます。
⑤粗熱を取って、④を冷やします。
⑥冷やして固まったら、シロップなどをかけて味をつけます。 味付けはお好みで構いません。

以上が、アーモンドミルクを使ったパンナコッタの作り方となります。甘さが控えめなので、甘いのが苦手な方にもおすすめできる人気レシピですね。

しかし逆に言うと甘いのが好きな人にとっては少し食べにくいので、その場合は冷やす前に味の調節をしましょう。シロップなどをかけるとベストですね。

アーモンドミルクを使った甘さが濃厚なバナナホットケーキレシピ

続いてご紹介するのは「アーモンドミルクを使った人気バナナホットケーキレシピ」です。バナナ+アーモンドミルクで、濃厚な甘さを堪能することができます。

○アーモンドミルクを使ったバナナホットケーキの作り方

・用意する材料

アーモンドミルク 100ml
アーモンドミルクの出がらし 大さじ2杯(アーモンドミルクを作る時に出る出がらしのこと。)
たまご 1個
ホットケーキミックス 150g
バナナ 1本
ココナッツオイル お好みで少々

・手順

①アーモンドミルクとたまごを混ぜて、ホットケーキミックスを加えて更に混ぜます。
②アーモンドミルクの出がらしを①に加えて混ぜます。
③フライパンを弱火にし、②を3分ほど焼きます。
④表面が乾いた段階で薄切りのバナナを乗っけて、裏面を更に2分ほど焼きます。

以上でアーモンドミルクを使ったバナナホットケーキの完成です。ココナッツオイルは完成した後にお好みでかけると、味が整います。

アーモンドミルクを自作したときの出がらしを有効的に使うことができるので、かなりおすすめなレシピですね。しかしバナナは結構焦げやすいので、焼き加減に注意しましょう。

アーモンドミルクを使ったスパイシーなカレースープのレシピ



続いて紹介するのは「アーモンドミルクを使った人気カレースープレシピ」です。アーモンドミルクはお菓子やスイーツだけでなく、日常の料理にまで使えてしまうのです。

カレーとアーモンドミルクを組み合わせることで、スパイスが効きつつもまろやかなカレーができあがります。いつも以上に栄養素も含まれているので、是非子どもに食べさせたいレシピです。

○アーモンドミルクを使ったカレースープの作り方

・用意するもの

アーモンドミルク 200ml~300ml
水 1000ml
玉ねぎ 1個と半分
じゃがいも 2個
ズッキーニ 1個の半分
ひよこ豆の缶詰 1個の半分
黒豆の缶詰 1個
カレーパウダー 大さじ2
塩コショウ お好みで少々
ローズマリー 1個

・手順

①玉ねぎやじゃがいも、ズッキーニなどを炒めます。
②鍋に水とローズマリーを入れます。この際、沸騰したらローズマリーは取り出しても大丈夫です。
③豆なども②の鍋に入れましょう。
④アーモンドミルクとカレーパウダーを②の鍋に入れて、塩コショウで味を調整します。

以上がアーモンドミルクを使ったカレースープの作り方となります。普段のカレー作りに一手間加えているだけなので、かなりお手軽ですね。また、黒豆とアーモンドミルクの相性は結構良いので、味も非常に良いです。

アーモンドミルクを使ったヘルシーなクラムチャウダーの人気レシピ

続いて紹介するのは「アーモンドミルクを使った人気クラムチャウダーレシピ」です。牛乳の代わりにアーモンドミルクを使っているので、プリン同様普通に作るよりヘルシーにできあがっているのが特徴です。

じゃがいもなどの炭水化物類も使っていないので、低糖質ダイエットなどをしている方におすすめしたいレシピですね。では、さっそく作り方をご説明します。

○アーモンドミルクを使ったクラムチャウダーの作り方

・用意するもの

アーモンドミルク 600ml
水 200ml
玉ねぎ 1個
にんじん 1個の半分
しめじ 1パック
スイートコーンの缶詰 1個半分
ベーコン 30g
むきあさり 1個の半分
コンソメ 1個
塩コショウ お好みで少々
サラダ油orオリーブ油 大さじ1杯
パセリ お好みで少々

・手順

①玉ねぎ・にんじん・ベーコンを角切りにします。この際、しめじはバラしておきましょう。
②サラダ油かオリーブ油を入れた鍋を火にかけ、①の食材を入れてから玉ねぎが透き通るぐらいまで炒めます。
③水・スイートコーン・コンソメを②に入れ、にんじんが柔らかくなるまでそのまま煮ます。
④アーモンドミルクを③に入れて、もう一度沸騰させます。
⑤その後④をむきあさりと塩コショウで味を調整し、5分ほど煮たら完成です。この際、お好みでパセリを散らせばより美味しく召し上がることが可能です。

一度に600mlのアーモンドミルクを使うので、アーモンドミルクが余ってしまったときなどに作ると一気に消費することができます。また、材料の量は基本的にお好みでも構いません。余った食材などをまとめて入れるのもグッドですね。

アーモンドミルクを使った濃厚な甘さのパンプキンスープレシピ



続いてご紹介するのはかぼちゃを使った人気パンプキンスープレシピです。アーモンドミルクだけでなく、かぼちゃにも食物繊維が豊富に含まれているので、食べるだけで腸内環境を整えることができます。便秘にお悩みの方などに、是非とも食べていただきたいスープです。

○アーモンドミルクを使ったパンプキンスープの作り方

・用意するもの

アーモンドミルク 100ml
水 適量
かぼちゃ 1個の半分
鶏ガラスープの素 小さじ半分
塩コショウ お好みで少々
粉チーズ 大さじ2
ドライパセリ お好みで少々

・手順


①かぼちゃの下ごしらえをします。種と筋を取り、ひと口大に切りましょう。
②鍋にかぼちゃを入れ、水と鶏ガラスープの素を入れて中火で6分ほど煮ます。
③弱火にし、かぼちゃがペースト状になるまで混ぜます。口当たりを良くする為になるべく強く潰して細かくしましょう。
④鍋にアーモンドミルクをちょっとずつ入れ、なめらかになるように混ぜます。
⑤塩コショウなどで味を整え、ひと煮立ちさせれば完成です。
⑥お好みでドライパセリなどを飾ると味が引き締まります。

以上がアーモンドミルクを使ったパンプキンスープの作り方となります。かぼちゃ自体が非常に甘いので、鶏ガラスープの素はそれ程使わなくても大丈夫です。ヘルシーで健康に良いスープなので、是非とも試したいレシピですね。

まとめ

アーモンドミルクは海外で大ブームなだけあって、非常に健康効果の高い飲み物です。

当然飲み過ぎは危険なのですが、普段飲んでいる牛乳をアーモンドミルクに置き換えたり、朝に1杯飲むだけでかなり体調が変わってきます。自分で作ったり粉末上のアーモンドミルクパウダーを買ったりして、日常的に飲むようにしましょう。

また、もし味に飽きてしまったり「この味だとちょっと継続して飲めないな」というときは今回ご紹介したようなレシピを参考に、調味料として使ってみてください。また違った味を楽しむことができますよ。調理に使っても含まれる栄養素は変わらないので、積極的に使っていきたいですね。

関連記事