スーパー果実!カムカムの栄養や効果をご紹介!味や、摂取方法についてもまとめました!

スーパー果実!カムカムの栄養や効果をご紹介!味や、摂取方法についてもまとめました!

カムカムフルーツってどんなもの??スーパーフルーツと言われる理由は??

カムカムというフルーツをご存知でしょうか? 日本ではあまり耳慣れない名前かもしれません。見た目はさくらんぼやアセロラみたいな赤っぽい色をしています。ジュースやキャンディなどに入っているカムカムを見かけたことはありませんか?

認知度はまだまだ低いかもしれませんが、実はこのカムカムは神秘のスーパー果実としてひそかに注目が集まっているのです。カムカムの栄養や効果、味や摂取方法についてまとめました。

神秘のスーパー果実カムカムとは?

日本ではあまり聞いたことがないカムカムとはどのようなフルーツなのでしょうか。植物学的な分類としてはユーカリやティーツリー、グァバやチョウジ(クローブ)などと同じフトモモ科に属します。南米のペルーが原産で、アマゾン川流域の熱帯雨林に生息する植物です。

カムカムの樹高は3mほど。白い花が咲き、4年から6年で実をつけ、緑色の果実が熟すと深紅色になります。マングローブのように水辺で自生し、熟した果実がアマゾン川に落ちるとタンバキやパクーなどの魚たちが群がって取り合いになるほど人気です。

魚は果肉を食べて種子を吐き出すわけですが、そのとき魚の歯に大きな種子の当たる音がカムカムと似た音に聞こえたことからカムカムという名前がついたと言われています。

カムカムは古くから先住民によって野生のまま食べられていましたが、栽培されるようになったのはアルベルト・フジモリさんがペルーの大統領だった1990年代のこと。

アマゾン川には増水期と減水期があり、カムカムは雨季の5か月間は水中で育ちますが、収穫時期の12月から3月のあいだでも年によっては早く増水することがあります。

そのため高台でカムカムを栽培することによって、増水で収穫できないという被害が回避できるようになりました。ただし野生カムカムの利用が激増したため絶滅が危惧されており、一次加工品以外の木や種子、生の果実はペルー政府によって国外への持ち出しが禁止されています。

カムカムの味や摂取方法について

アマゾン川に生息するタンバキやパクーはどちらもピラニアに似ていますが、肉食に限らない雑食性の淡水魚です。つまり昆虫なども食べますが、植物性の果実も大好きということ。アマゾン川の魚たちも好むカムカムというフルーツはどんな味がするのでしょうか。

カムカムの果実は2cmから3cmほどの球状で、皮はさくらんぼのような深紅色ですが、果肉は透明に近いピンク色をしており、大きな種があります。カムカムの果実は甘酸っぱく、ペルーの人々は生のままでも食べますが、ペルー以外ではジュースやジャム、あめやドレッシングなど日常的な食品に加工されているでしょう。

アメリカではアイスクリームやサプリメントとしても流通しています。ペルーの法律によってカムカムの一次加工品以外は輸出が禁止されているうえ、カムカムには収穫後すぐに傷みやすいという性質があるのです。

そのため諸外国はペルー国内で圧縮、冷凍された果肉や粉末状のカムカムパウダーを輸入することになります。ただし2004年にはペルー政府の特別許可を得て、浜名湖花博で初めてカムカムの木が日本で公開されました。

ちなみにEXILEとGENERATIONSのメンバー白濱亜嵐さんの姉としても知られるモデルでタレントのラブリさんは、茶色いカムカムパウダーをご愛用。青汁パウダー(黄緑)、マキベリーパウダー(紫)、レッドマカパウダー(赤)とあわせて4色のパウダーを、フルーツ入りのヨーグルトにふりかけて朝食に食べています。

日本のカムカムジュース誕生秘話

2004年に開催された浜名湖花博において日本で初めてカムカムの木を展示したのは、カムカム協会、株式会社グリーンファーム、アマゾンカムカム株式会社、東京農業大学でした。
実はフジモリ大統領時代、ペルーの農業省と協力してカムカムの栽培を推進したのは東京農業大学の卒業生・鈴木孝幸さんだったのです。

1960年代にはアメリカの製薬会社によってカムカムのサプリメントが発売されましたが、原料不足で生産中止に陥るなど商品化がなかなか軌道に乗らないという現実がありました。

そんな中ペルー中部の内陸都市プカルバのサンファン農場でカムカムの研究が始まり、1987年から1991年までの4年間、JICAの後藤隆郎さんが赴任。後藤隆郎さんは現在アマゾンカムカム株式会社の農業技術顧問に就任しています。

また1992年からプカルバでカムカムプロジェクトを推進したのが東京農業大学卒の鈴木孝幸さんでした。現在アマゾンカムカム株式会社の代表取締役を務める田中一夫さんが現地で鈴木孝幸さんのカムカムプロジェクトと出会ったことで、カムカムジュースの誕生へとつながります。

アマゾンカムカム株式会社が設立されたのは2003年。日本初のスチール缶入りカムカムドリンクが開発され、東京農業大学の農業祭で2000本が完売します。

さらにカムカム100%果汁の瓶詰200mlやカムカム30%果汁入り5倍濃縮飲料、カムカム18%果汁入り280mlペットボトル飲料、カムカムドレッシング、カムカム梅酒なども開発されました。

カムカムのお菓子はあめやシャーベットなど



アマゾンカムカム株式会社が販売しているカムカム商品としては、カムカムドリンクの他カムカムシャーベット、カムカムキャンディ、乳酸菌配合グミといったお菓子類。カムカムぽん酢、カムカムエキスパウダー、水素カムカムなどがあります。
カムカムはレモンほどではありませんが甘酸っぱく、香りはすもも(プラム)や梅みたいです。

カムカムエキスパウダーはヨーグルトやシリアル、野菜ジュースに混ぜる他、クッキーやパン、パンケーキなどの材料になります。水素カムカムの原材料はカムカムエキスの他スイートパーム(パルミラヤシの花蜜糖)やココナッツシュガー、焼成サンゴカルシウム。ダイエット中の砂糖代わりになるでしょう。

株式会社メルカード東京農大のカムカム商品は、カムカム12%果汁のドリンク缶、カムカム18%果汁とマンゴー15%果汁のドリンク缶があります。カムカム果汁4倍濃縮コンク、カムカムマンゴー2倍濃縮タイプ、醸造カムカムなどのドリンクも。

さらにドレッシングの材料にも使えるカムカム100%果汁、カムカムベースの杏仁飴(きょうにんあめ)もあります。杏仁とはあんずの種子の中の仁のことです。

さらに東京農大出版会の実学の森シリーズとして『ビタミンCの王様 カムカムに生きる』という書籍も刊行されています。豊原秀和さん、松本信二さん、鈴木孝幸さん、袖山松夫さんらの編著で、カムカムドリンクの誕生秘話を詳しく知りたい人におすすめです。

実はこんなにあった、カムカム商品



カムカム商品としては他にも、株式会社伊藤園より充実野菜のスーパーフードMIXや緑黄色野菜ミックスなどのカムカム入りドリンクが販売されています。そのほかビタミンフルーツの「熟ミックス」や「シャリっとりんごMix」、「無添加Style果実の水スーパーフルーツmix」、「スーパーフルーツCスパークリング缶」など。

カゴメ株式会社からは野菜生活100フルーティサラダ、野菜生活100トロピカルフルーツミックス、野菜生活100黄の野菜。そのほか朝のフルーツこれ一本(一杯)、夏のフルーツこれ一本(一杯)、美果汁アセロラ&カムカムなど。

さらにアロマのエッセンシャルオイルやハーブティーなどを販売している株式会社生活の木から、有機カムカムパウダー、亜麻仁オイルとカムカムのしょうゆだれドレッシング。株式会社ジーブレスより、栄養機能食品の毎日カムカム、カムカムスムージー、カムカムジュレというドリンクが販売されています。

また株式会社SN食品研究所のつぶつぶりんご&カムカムゼリー、三菱食品株式会社のかむかむプラスカムカム(アセロラ風味)といったチューイングキャンディなど。

他にもカムカムパウダーやサプリメントは多数のメーカーから様々な商品が販売されています。いわゆるスーパーフードのひとつとしてドリンクやパウダーにミックスされていることの多いカムカム。どれほど注目されているかがわかるでしょう。

では注目の的であるカムカムの栄養成分はどうなっているのでしょうか。

カムカムというフルーツのビタミンC含有量

スーパー果実カムカムにはビタミンCが豊富に含まれていますが、その量はカムカム100gあたり2800mgつまり2.8gになります。この数値がどれほど多いのか、他のフルーツと比較してみましょう。

まずビタミンCが多い果物といえばイメージするのはレモンでしょうか。レモン100gあたりのビタミンC含有量は100mgつまり0.1gです。カムカムはレモンの28倍のビタミンCを含んでいることになるのです。

ただしこれはレモンの皮も含めた場合の数値。皮を除いた生のレモン果汁のビタミンC含有量を見てみると、50mgつまり0.05gに減ってしまいます。一般的にレモンは皮を除いた部分を摂取することが多いでしょう。

ということで生のレモン果汁のビタミンC含有量と比較してみると、カムカムはレモンの56倍のビタミンCを含んでいることになるのです。

そのほかのフルーツとしては見た目も似ているアセロラでしょうか。生100%のアセロラのビタミンC含有量は1700mgつまり1.7gです。皮も含めたレモンの17倍、生のレモン果汁の34倍になります。

要するにレモンよりアセロラのほうがビタミンCは豊富であることがわかるでしょう。とはいえカムカムはアセロラの1.6倍ほどのビタミンCを含んでいるのです。

ただしオーストラリアのアボリジニ生活区のみに生息するカカドゥプラムというフルーツは、100gあたりビタミンCを3000mg以上つまり3g以上含んでいると言われています。フルーツの中ではカカドゥプラムが世界一のビタミンC含有量かもしれません。

野菜と比較、カムカムのビタミンC含有量

カムカムはフルーツの中で世界一ともいわれるカカドゥプラムに匹敵するほどビタミンCが多いことはわかりました。ただしカカドゥプラムも日本ではあまりなじみのないフルーツかもしれませんし、アセロラも一般的には生100%というより10%果汁入り飲料などで摂取する機会のほうが多いのではないでしょうか。
ちなみにアセロラ10%果汁入り飲料100gあたりのビタミンC含有量は120mgです。

ではカムカムも実際口にする状態でビタミンCがどれぐらい含まれているのか、見てみましょう。株式会社メルカード東京農大のカムカム12%果汁ドリンク缶は1本が190g。また1本あたりのエネルギーは87kcalで、ビタミンCは300mgです。

つまりカムカム12%果汁入り飲料100gあたりのビタミンC含有量は157mgほど。カムカム10%果汁入り飲料100gあたりに換算すると、ビタミンCは130mgほどになります。やはりアセロラよりもカムカムのほうがビタミンCは豊富です。

日本で一般的に摂取できるフルーツとしては、カムカムのビタミンC含有量は極めて高いことが確認できました。しかしビタミンCを多く含む食べ物は他にもあるのではないかと思われるかもしれません。

100gあたりのビタミンC含有量で比較してみると、海藻類の焼きのりは210mg、味つけ海苔は200mg、野菜の赤ピーマン170mg、パセリ120mg、芽キャベツ160mg、果物ではゆずの皮150mgです。
ビタミンC含有量の高い野菜などと比べてもカムカムはビタミンCが多いほうであることになります。

ビタミンC以外のカムカムの栄養価

他の果物や野菜などと比較することで、カムカムにはビタミンCがどれほど豊富に含まれているかが明らかになりました。具体的には赤ピーマン1個の可食部を50gとすると、市販のカムカムドリンクを1本飲んだ場合、赤ピーマン3.5個を食べた分のビタミンCを摂取できるほど。
ではカムカムのビタミンC以外の栄養価はどうなっているのでしょうか。

カムカムを生のフルーツのまま食べる機会は日本ではありません。そのためアマゾンカムカム株式会社がカムカム100%果汁として販売しているドリンク100gあたりの栄養価を見てみましょう。

エネルギーは22.5kcal、そのほか炭水化物5.35g、脂質0.05g、たんぱく質0.15g、ナトリウム0.5mg、ビタミンC1350mg、ポリフェノール1400mgです。

カムカムにはポリフェノールも豊富に含まれていることがわかるでしょう。ポリフェノールとは植物の色素や苦味、渋味成分の総称です。アントシアニン、イソフラボン、クルクミン、カテキン、タンニンなど多くの種類がありますが、いずれも摂取すると強い抗酸化作用が働きます。

ポリフェノールを多く含む飲み物としては、赤ワイン100gあたり230mg、コーヒー200mg、緑茶115mg、紅茶96mg、トマトジュース69mg、ココア62mgなどが挙げられるでしょう。

果物ではアセロラとブルーベリーが300mg、すもも250mg、いちご230mg、ぶどう200mgなど。カムカムには赤ワインの6倍ほどのポリフェノールが含まれていることがわかります。カムカムに多く含まれるポリフェノールの種類はエラグ酸です。

カムカムに豊富なビタミンCの効能

さて栄養価の高いスーパー果実カムカムにはどのような効能があるのでしょうか。まず豊富に含まれるビタミンCの働きとしては、美肌効果や免疫力の強化、ストレスの緩和、貧血予防などが挙げられます。

ビタミンCはコラーゲンの合成に関わり、抗酸化作用のある栄養素です。成人1日のビタミンC摂取量の目安は100mgですが、水溶性なので過剰に摂取しても問題はありません。

具体的には、ビタミンCはメラニン色素の沈着を防ぐため、しみやそばかす、しわを防いでくれます。またビタミンCは体内でビタミンEを再生して抗酸化作用を強めるため、細胞の老化や心筋梗塞、動脈硬化、がんなどの予防に効果的です。そのほかビタミンCはインターフェロンという抗ウイルスたんぱく質の分泌を促進するため、免疫力が強化されます。

さらにビタミンCはアドレナリンなどの副腎皮質ホルモンという抗ストレスホルモンの生成に関わるため、ストレスを緩和してくれるでしょう。そしてビタミンCには鉄分を吸収しやすいよう還元する働きがあるため、貧血予防に役立ちます。

ビタミンCは美容や健康に極めて効果的な栄養素なので、豊富に含むカムカムがスーパー果実と言われる理由がわかるでしょう。

そのほかカムカムにはビタミンB1、B2、ビタミンB3とも言われるナイアシンなどのビタミン、カルシウムやリンなどのミネラルが含まれます。実はこれらのビタミン、ミネラルにはダイエット効果が期待できるのです。

カムカムに豊富なポリフェノールの効能

カムカムはビタミンCの働きにより美容や健康面で様々な効果が期待できること、そのほかのビタミンやミネラルの作用によってダイエットにも効果的なことがわかってきました。

ダイエット効果が気になるところではありますが、その前にビタミンCと同じくカムカムに豊富に含まれているポリフェノールの効能について見ていきましょう。ポリフェノールとは植物の色素や苦味、渋味成分のことであり、強い抗酸化作用が働きます。

この抗酸化作用とは具体的にどういうことなのでしょうか。抗酸化とは酸化を防ぐことを意味しますが、ポイントは酸化すると何が良くないのかということ。具体的な現象としては酸化とは鉄くぎが錆びたり、ワインの味が劣化したりすることです。

では人間の身体が酸化するとどうなるのでしょうか。具体的には酸素が活性酸素に変化した状態のことを表します。活性酸素にはヒドロキシルラジカル、一重項酸素、過酸化水素、スーパーオキシドの4種類があり、前者2つは悪玉で後者2つは善玉です。

ヒドロキシルラジカルと一重項酸素という悪玉活性酸素はがんの原因になったり、コラーゲンを破壊したりします。そして善玉活性酸素も悪玉活性酸素の発生源になるなどまったくの善玉とは言い切れません。

簡単に言うと、身体が酸化するとは老化すること。抗酸化作用があるとは老化を防いでくれること。ポリフェノールやビタミンCには老化防止の作用があるということになります。

ダイエット効果も期待できるカムカム

カムカムに豊富に含まれるポリフェノールの一種、エラグ酸にも強い抗酸化作用があります。つまり美肌効果、がんや糖尿病の予防、炎症の抑制、アンチエイジング(老化防止)、若返りが期待できるのです。

カムカムにはビタミンCがアセロラの1.6倍、レモン果汁の34倍、ポリフェノールが赤ワインの6倍含まれているので、その分美肌や老化防止の効果が高いことになります。

それだけでもじゅうぶんカムカムはスーパー果実と言えますが、気になるのはやはりダイエット効果でしょう。カムカムに含まれるリンというミネラルは、ビタミンB1、B2と結合して糖質と脂質の代謝に関わります。

またビタミンB3とも言われるナイアシンも糖質と脂質の代謝に関わり、血行を促進するという働きがあるのです。

ダイエットをする場合、糖質と動物性の脂質はなるべくカロリーをひかえたい栄養素ですが、抑えすぎても健康を損ねます。それよりビタミンB群を摂取して糖質や脂質をエネルギーに代えることを考えたほうがいいかもしれません。

さらに柑橘類やお酢、梅干しなどの酸味成分であるクエン酸は、クエン酸回路を活性化するため疲労が回復し、キレート作用によりミネラルの酸化を防いで吸収を促進。またビタミンB群の吸収も促進します。

つまりビタミンB群やミネラルのリン、酸味成分のクエン酸はダイエットにも効果的な栄養素であり、それらを含むカムカムにはダイエット効果があるということになるのです。

カムカムのダイエットに効果的な飲み方

それではいよいよ美肌やアンチエイジング、ダイエットの効果が期待できるスーパー果実カムカムを日常の食生活に取り入れてみましょう。カムカムの飲み方としては12%果汁などそのまま飲むタイプの商品として販売されているカムカムドリンクを飲むのがお手軽な方法です。

ただダイエットとして継続的に摂取する際には、100%果汁や濃縮(コンク)タイプ、パウダーを水などで薄めて飲む方法をおすすめします。たとえば5倍濃縮のカムカムドリンクであれば、カムカムドリンク1に対して水4という割合です。

水の代わりに牛乳や豆乳を使うとヨーグルトドリンクに。そのほか炭酸水やフルーツジュース、野菜ジュース、紅茶などにカムカムドリンクを加えても美味しいでしょう。

カムカムは酸味が強いので100%果汁でもストレートでごくごく飲むというわけにはいかないはずです。カムカム1に対して水や炭酸水6で薄めるか、ジュースや紅茶に加える場合は1人分、カムカム小さじ1.5杯(7.5g)が目安になります。

ただしカムカムのビタミンCやポリフェノール含有量は極めて高いので、少量でじゅうぶんです。100%果汁の場合は小さじ1.5杯(7.5g)で成人が1日に必要なビタミンC100mgを摂取できます。カムカムパウダーの場合は小さじ0.4杯(2g)が成人1日のビタミン摂取量です。

もちろんそれ以上摂っても問題はありません。パウダーは紅茶やスムージーに小さじ1杯程度を混ぜるぐらいがちょうどいいかもしれません。

ダイエットに効果的なカムカムの食べ方

スーパー果実のカムカムを生で食べることは日本ではできません。ペルーの人々はそのまま食べるようですが、もしかしたら酸っぱいかもしれませんね。というのも100%果汁のカムカムドリンクをストレートで飲むことも日本では一般的ではないからです。では日本でカムカムを食べるとしたらどのような方法があるのでしょうか。

まずキャンディやシャーベットなどのカムカム商品はそのまま食べることができます。カムカムぽん酢はサラダにかけたり、鍋料理や湯豆腐のたれとして使ったりすると美味しいでしょう。

それからカムカム100%果汁をぽん酢やしょうゆとあわせてたれを作ったり、サラダや納豆、大根おろし、焼き魚などにかけたりするのもおすすめです。レモン100%果汁あるいはお酢をイメージして様々な料理に使うといいでしょう。あるいはヨーグルトやシリアル、ゼリーなどにも合います。

ダイエットに効果的なカムカムの食べ方としては、ラブリさんのようにカムカムパウダーをヨーグルトにかけるという方法でしょう。あるいはカムカムパウダーや100%果汁を小さじ1杯程度ドレッシングやサラダ、ヨーグルト、シリアル、スムージーに混ぜるのもおすすめです。

ビタミンCは熱に弱いという通説は実は間違いで、ゆでる場合に水分に溶け出すだけなので、カムカムパウダーをクッキーやパン、パンケーキなどの材料に使うこともできます。パスタのソースにカムカム100%果汁を加えても美味しいでしょう。

カムカムでダイエット、スムージーレシピ

ダイエットに効果的なカムカムの摂取方法といえば、まずはスムージー。カムカムパウダーまたはカムカム100%果汁小さじ1杯を加えたスムージーを1日1杯、継続的に飲む習慣をつけるのもいいでしょう。

野菜は春菊、水菜、チンゲン菜、空心菜、明日葉、ケール、バジル、ミント、三つ葉、大葉など。果物はバナナ、オレンジ、みかん、アボカド、梨、桃、すももなど、アレンジしてお楽しみください。

カムカム入りグリーンスムージー

■材料(4人分)

・小松菜…4束
・ほうれん草…4束
・キウイ…2個
・りんご…2個
・水…4カップ(800ml)
・カムカムパウダー(カムカム100%果汁)…小さじ4杯

■作り方

(1)小松菜とほうれん草を適当な大きさに切ります。キウイとりんごの皮をむき、適当な大きさに切ります。
(2)ミキサーにすべての材料を入れ、撹拌します。

カムカム入りベリースムージー

■材料(4人分)

・キウイ…4個
・ブルーベリー…200g
・いちご…30個
・水…2カップ(400ml)
・カムカムパウダー(カムカム100%果汁)…小さじ4杯

■作り方

(1)キウイの皮をむき、トッピング用に薄切り4枚を半分に切り、残りを適当な大きさに切ります。
(2)ブルーベリーはトッピング用に12粒(1人3粒)を残します。いちごはへたを取ります。
(3)トッピング用のキウイとブルーベリー以外の材料をすべてミキサーに入れ、撹拌します。
(4)グラスに注いで、キウイとブルーベリーをトッピングします。

カムカムでダイエット、スイーツレシピ

ダイエット中に小腹がすいて我慢できずにかえって暴食したという失敗談を聞くと、ドキッとする人もいるかもしれません。そんなときは低カロリーのスイーツを楽しみましょう。乳製品も砂糖も使わないアイスクリームやスーパーフード満載のヨーグルトなら、満足度は高く、無理せずダイエットを続けることができるでしょう。

カムカム入りアイスクリーム

■材料(4人分)

・バナナ…6本
・カムカム100%果汁…小さじ2
・カムカムパウダー…小さじ2
・カカオニブ…適量

■作り方

(1)バナナの皮をむき、適当な大きさに切り、冷凍します。
(2)ミキサーに冷凍バナナ、カムカム100%果汁、カムカムパウダーを入れ、撹拌します。
(3)器に盛って、カカオニブをトッピングします。

カムカム入りヨーグルト

■材料(4人分)

・ヨーグルト…2カップ(400ml)
・カムカムパウダー…小さじ4
・アサイーパウダー…小さじ4
・マキベリーパウダー…小さじ4
・バナナ…4本
・ココナッツシュガー…適量

■作り方

(1)ヨーグルトを器に盛ります。
(2)(1)にカムカムパウダー、アサイーパウダー、マキベリーパウダーを入れて混ぜます。
(3)バナナの皮をむいて薄切りにし、(2)に乗せます。
(4)甘味が足りないときは、ココナッツシュガーを加えます。

カムカム入りヨーグルトにはシリアルやブルーベリー、ラズベリーなどのフルーツを加えても美味しいでしょう。

カムカムでダイエット、サラダレシピ

カムカムダイエットのメインメニューはサラダ。基本を参考にアレンジしてお楽しみください。

カムカムドレッシング

■材料

・オリーブオイル…大さじ2
・カムカム100%果汁…小さじ2
・塩こしょう…少々

■作り方

・すべての材料を混ぜます。

カムカム入りアボカドサラダ

■材料(4人分)

・アボカド…1個
・カムカム100%果汁…少々
・モッツァレラチーズ…100g
・ミニトマト…5個
・ルッコラなどのベビーリーフ…1パック

ドレッシング

・くるみ…20g
・フレッシュバジル…25g
・オリーブオイル…大さじ6
・カムカムパウダー…小さじ2
・カムカム100%果汁…小さじ4
・塩こしょう…少々

■作り方

(1)アボカドの皮と種を取り、ひと口大に切り、カムカム100%果汁を少々かけて混ぜます。
(2)モッツァレラチーズを1cmの角切りに、ミニトマトを2等分か4等分に切ります。
(3)フライパンでくるみを炒り、粗熱がとれたら、ビニール袋に入れて麺棒などで叩いて適度に砕きます。
(4)フレッシュバジルの葉を飾り用に少々残し、オリーブオイルと一緒にミルでペースト状にして、ボウルに移します。
(5)(4)にカムカムパウダー、分量のカムカム100%果汁を入れ、混ぜます。塩とこしょうで味を整えます。
(6)(5)にアボカド、モッツァレラチーズ、ベビーリーフ、ミニトマト、くるみを入れて和えます。くるみは飾り用に少々残します。
(7)器に盛り、くるみとバジルの葉をトッピングします。

まとめ

スーパー果実として注目を集めているカムカム。現在はブラジルでも栽培されていますが、一次加工品以外はペルーからの輸出が禁じられているため、日本では生のまま食べることはできません。ところが日本でもジュースやお菓子、パウダーやドレッシングなど様々な商品が発売されています。甘酸っぱい、すももみたいな味が魅力です。

カムカムがスーパー果実といわれる理由はその栄養価にあります。ビタミンCとポリフェノールの含有量が極めて高く、ビタミンB群やミネラル、クエン酸も含まれています。

美肌やアンチエイジングの効能がある他、ダイエットにも効果的。カムカムドリンクまたはカムカムパウダーを小さじ1杯ほど、スムージーやヨーグルト、サラダに混ぜて、継続的に摂取するといいでしょう。美容効果も高いカムカムダイエットをあなたも始めてみませんか。

関連記事