【セルフネイル】カードを使って線を引くだけ♪ぷっくり上品なキルティングネイルが完成

【セルフネイル】カードを使って線を引くだけ♪ぷっくり上品なキルティングネイルが完成

秋冬ファッションでおなじみのキルティング。綿が入ってぷっくりとしたフォルムは上品で暖かみがありますよね。そんな秋冬にピッタリのキルティングをネイルにも...

秋冬ファッションでおなじみのキルティング。綿が入ってぷっくりとしたフォルムは上品で暖かみがありますよね。そんな秋冬にピッタリのキルティングをネイルにも"着せる"ことができるんです! 手持ちのカードを使って格子模様を描けば、キルティングネイルの出来上がり。誰にでもできる簡単テクニックをご紹介します。

<用意するもの>

ビニールテープ(マスキングテープ) 図書カードやクオカードなどの薄いプラスチックカード ネイルポリッシュ(今回は黒とゴールドラメを使用) ベースコート 厚みが出るタイプのトップコート 白色の丸いホログラム(2mm、1.5mm、1mm) ゴールドのブリオン(1mm)

STEP1.ハーフフレンチを作る

まずベースコートを塗ります。乾いたら爪の真ん中にビニールテープを貼り、指の腹を使って密着させます。

爪先1/2に黒いポリッシュを1〜2度塗り、すぐにビニールテープをはがします。

STEP2.キルティング模様を作る

黒いポリッシュを塗った部分に厚みが出るタイプのトップコートを2~3度重ね塗りします。

表面が乾いたタイミングで爪にプラスチックカードを直角にあて、格子状に模様をつけて凹凸のあるキルティング模様にします。

トップコートが完全に乾いてしまうと凹凸がつけられなくなるので、表面が乾いたらすぐに模様をつけていきましょう。

STEP3.ゴールドラメでラインを引く

さらに、格子状に模様をつけた部分にゴールドラメのポリッシュを細筆にとり、ラインを引きます。

STEP4.仕上げ

ハーフフレンチの境い目に、白色の丸いホログラム1.5mmを4枚ずつ使って2つお花の形を作り、中央にはゴールドのブリオンを飾ります。あいている部分には白色の丸いホログラム1mmをランダムに散らします。親指などは、お好みで白色の丸いホログラム2mmを使って大きなお花を2つ作り、さらに1.5mmや1mmを使ってそれぞれ1つずつお花を作ってもかわいいです。
最後に爪の根元からお花の部分までをトップコートを2度塗りして完成です。

一見難しそうなキルティング模様。カードを使えばまっすぐな線が引けるので、実は簡単に描けます。ポリッシュの色を変えるだけで印象も変わるので、いろいろと試して指先の「衣替え」を楽しんでくださいね♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

関連記事