「すりおろす」だけじゃない!実は万能な「すり鉢」で始める心豊かな暮らし

「すりおろす」だけじゃない!実は万能な「すり鉢」で始める心豊かな暮らし

「すり鉢」を持っていますか? ごまや山芋をするときに活躍する調理グッズですが、そのたたずまいは「古き良き日本の生活」を彷彿をさせます。慌ただしい毎日に、ちょっぴり潤いを与えるためにも「すり鉢」を使ってみてはどうでしょう? 意外と知らない「すり鉢」のこと、お教えします。 

 

ペースト作りやじゃがいものマッシュ、ナッツ類を砕くなど、使い道いっぱいの「すり鉢」

すり鉢は、器の中にすり目が施された調理道具。


ごまをすったり、山芋のとろろ作りに使う印象がありますが、それだけではありません。食材をペースト状にしたり、砕いたり、すり潰す、蒸したじゃがいもをマッシュする、薬味を潰す、など、幅広く使えるんです。枝豆の産毛取りにも活躍するんですよ。

 

使いやすいサイズを選ぼう!

すり鉢にはさまざまなサイズがあります。

一般的に
・1~2人分 7寸(約21cm)
・3~4人分 8寸(約24cm)
・5~6人分 9寸(約27cm)
が使いやすい目安のサイズとされています。


すり鉢を持っていると、食材の「すりたて」の香りが楽しめ、荒くすったり、細くすったりなど、好みの大きさに仕上げることができます。

そして、ごりごりと食材をすりつぶす作業は、なんとも心落ち着くもの。すっている食材の香りが立ってきた瞬間は、まさに至福です。

 

すり鉢が大活躍するレシピ2つ

 

「くるみ味噌の白和え」

【材料(4人分)】
もめん豆腐…200g
ほうれん草…50g
にんじん…30g
しいたけ…10g(約1/2枚)
A だし…100ml
A 醤油…小さじ1
A 砂糖…小さじ1
くるみ…20g
味噌…20g
砂糖…小さじ1


【作り方】
1. もめん豆腐はしっかりと水切りをする
2. ほうれん草はサッとゆで、にんじんは細切り、しいたけは薄切りにする
3. にんじんとしいたけをAで煮て、煮汁ごと冷ましておく
4.ほうれん草を2cmの長さに切り、3に加えて味を含ませておく
5. くるみを乾煎りしてすり鉢で潰し、味噌、砂糖を加えてくるみ味噌を作る
6. もめん豆腐と煮汁を切った4をすり鉢の中で和える

詳しいレシピは
こちら

 

「基本のとろろ飯」

【材料(2~3人分)】
山芋(長芋でも良い)…100g
卵…1個
だし…100ml
醤油…小さじ1
みりん…小さじ1/2
塩…お好みで
米…150g
大麦…50g
水…炊飯器で2合弱


【作り方】
1. 洗った米と大麦を合わせ、水を加えて15分ほど浸けてから炊く
2. だしと調味料を合わせて一煮立ちさせ、冷ましてからほぐした卵を加える
3. 芋の皮をむき、すり鉢ですりおろす
4. 2と3を合わせてご飯にかける

詳しいレシピは
こちら

 

すり鉢の使用の注意とお手入れ方法

 

底がザラザラしているタイプは布巾を敷いて

焼き物のすり鉢の中には、底の部分がザラザラとしているものがあります。 そのまま使うとテーブルに傷がついてしまうので、布巾などの上に置いて作業をしましょう(すべり止めの効果もあります)。

 

水につけて汚れを浮かし、こすり洗いを

すり鉢はすり目の部分に食材が詰まってしまうもの。これをきれいに落とす方法をお教えします。

使い終わったすり鉢は水(またはお湯)にしばらく浸けておきます。こうすると汚れが浮いてきて、タワシなどの硬めのブラシでこすり洗いすればきれいになります。このとき、すり目に沿ってこすること。

ちなみに金属製のブラシだとすり鉢を傷めてしまうので、使用は避けましょう。

洗ったらしっかりと乾燥をさせてから片付けることも忘れずに。乾燥させないと、すり目に残った水けが黒ずみ、カビの原因になってしまうことも。


なくても困らないけれど、あると生活が豊かになる調理道具、すり鉢。作ること、食べることがもっと楽しくなるので、手に入れてみてください。

関連記事
・【憧れ料理道具辞典・蒸籠】選び方やお手入れ方法、おすすめレシピ
・「冷たい」「固い」を解消!冬のお弁当悩み解決法
・使えば使うほど愛着が沸く、曲げわっぱお弁当箱のお手入れ方法

 

この記事のライター 
川崎 利栄
https://oceans-nadia.com/user/11167

関連記事