正月太りをリセットしたい!正月に太った体のダイエット法、解消法を徹底解説!原因と併せて理解しよう!

正月太りをリセットしたい!正月に太った体のダイエット法、解消法を徹底解説!原因と併せて理解しよう!

正月太りの原因と対策!楽しんだ分はリセットできる!

お正月は日本人なら誰でも嬉しい祝日であり、美味しいものが沢山食べられてハネを伸ばせる嬉しい日ですよね。でもその分沢山食べて、沢山飲んで、沢山太ってしまった…!なんてことになった経験がある方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、怖い正月太りの解消法や対処法をご紹介していきます。これで正月太りも怖がらずに楽しくお正月の食事を満喫できるはずですよ。

そもそも正月太りってどんな状態?

年が明けてお正月が過ぎると周りから「食べすぎて太った」なんて言葉を耳にすることが多くなると思います。お正月は美味しいものが沢山ありますし、世間が連休ということで、親戚や友人で集まって宴会やパーティーを開いたり、外食したりしますよね。

そこでついつい食べすぎてしまって、お正月明けに体重を測ると数キロ太っていた、なんて経験もあると思います。これがいわゆる「正月太り」です。

昔は正月料理というとおせち料理やお雑煮など、和食が中心でしたが、最近はファミリーレストランで食事をしたり、友人たちと居酒屋で飲み会を開いたりすることもあり、お正月に食べる料理のカロリーも高くなってきています。

それだけ正月太りを引き起こしやすくなりますし、ダイエット中の方にとっては怖い存在でもありますよね。できるものなら、お正月は美味しく気兼ねなく沢山食べてから元の身体に戻したいところですよね。

難しいと感じるかもしれませんが、正月太りを解消したいという気持ちさえがあり、正月太りのメカニズムをきちんと理解することができれば、それほど難しいことではないんです。

次からは正月太りを引き起こす原因と理由をご紹介していきます。知れば納得、正月太りの見方が変わってくるはずですよ。

正月太りは短期間の暴飲暴食が引き起こす

まず正月太りの原因として想像できるのが暴飲暴食ですよね。これはもちろん間違いありません。ですが、スタートは大晦日から始まります。日本では年越しそばを食べる習慣がありますが、そこが正月太り最初の原因になります。

そばは低カロリーでダイエット向きの食材といいますが、深夜の時間帯に食べる年越しそばは太る原因になってしまいます。また、「細く長く」という意味がある年越しそばですが、「太く」という意味に置き換えてうどんを食べる方も増えてきています。

うどんはそばよりも炭水化物が多く、太りやすい食材なので、より一層正月太りを引き起こしていまいます。そして元日の朝には餅入りのお雑煮を食べて、お昼にはおせち料理を食べて、早い方ならこの時点からお酒を飲む方もいらっしゃるでしょう。

夜には外食をしたり、お酒にぴったりのボリューミーな食事を用意したりしますよね。これで翌日には軽く1~2kgぐらい増加することが想像できます。

こうして食べた量が蓄積されて正月太りを引き起こしますが、もう一つの原因として考えられるのが、動かないことです。仕事をしている日なら食べた分身体を動かしていますが、「寝正月」という言葉があるように、お正月はゴロゴロする方も多いと思います。

ゴロゴロすることで食べたものが消化されず、身体に留まったままの状態になってしまい、さらに正月太りを促進させる原因になっているんです。

急激な体重増加はむくみが大きな要因に

さて、普段の暴飲暴食とは違い、朝から夜まで動かずに食べ続けることで正月太りが引き起こされるということは分かりました。元日に食べすぎたなと思いながら1月2日の朝に体重計に乗ると、体重が増加していて後悔したことがある方もいらっしゃると思いますが、そこで落ち込むのはまだ早いんです。

ダイエットを長く続けてきている方なら分かると思いますが、食べたものがたった1日で脂肪に変わるということはありませんよね。そうです、この翌日に増加している体重は前日に食べたもののむくみが大きな要因になっているんです。

私たちの身体は約60~70%が水分でできていますが、それと同じように、私たちが食べている食材や料理も約70%が水分だといわれています。水分を大量に摂取すると身体がむくみますよね。

しかもお正月はゴロゴロして身体を動かさずに過ごすので老廃物が身体にたまりがちです。そして簡単に2kgぐらいの体重を増やすむくみが発生してしまうのです。正月太りで足が太った!と思っている方、もしかしたらそれはただのむくみかもしれません。

お正月の暴飲暴食から対策をせずに2週間ほど経過しても体重が増えたままなら、それは太ったといるかもしれませんが、お正月休みの間ぐらいに増えた体重はまだ、解消できる範囲内なので、諦めずに対策を行っていきましょう。

特にお酒の飲み過ぎがむくみを引き起こす

脂っこいものや、炭水化物などを沢山食べるとむくみが引き起こされやすくなりますが、お正月ならではの理由としてお酒の飲み過ぎが上げられます。

日本人にとってお正月は特別な日で、朝から、昼からお酒を飲んでもよい日、なんていっている方も多く、それがさほどおかしいことでもないという認識があると思います。

楽しい気持ちでお酒が飲めるのは嬉しいものですが、アルコールの飲み過ぎはむくみを引き起こしてしまいます。アルコールには利尿作用があり、また摂取したアルコールを分解するのに水分を必要とします。

そして身体中の水分が不足していくと、血流が悪くなり、老廃物がたまりやすくなっていき、むくみが引き起こされていきます。また、水分が不足しすぎると尿が出なくなり、アルコールが分解できないし、体外に排出することもできないという悪循環に入っていく懸念があります。

普段の飲み会でもこういったむくみの症状を感じたことがある方もいると思いますが、お正月はどうしてもお酒の量が普段よりも増えてしまいます。むくみを極力抑えるためにも、お酒を飲んだら水分補給をしっかり行うことも忘れないようにしたいですね。

食べたものが蓄積されて体重増加につながるパターンも

むくみの他にも正月太りの原因はあります。それは便秘です。日頃から便秘がちな人ほど正月の体重増加につながるパターンが多いので注意が必要です。

お正月明けに体重計に乗った時、お正月に食べたものは便として排出されている状態でしょうか?お正月で食べすぎたとして合計2kgぐらいの食事をしたとすれば、便や尿が排出されていない状態であれば単純に2kgの体重は増加する計算になります。

普段の食事でも、1週間便秘を長引かせると1~2kgぐらいの体重は増加するといわれています。お正月は普段よりも食べすぎる傾向にあるので、数日の便秘でも体重が増加してしまうのです。

また、先程もご紹介したように、アルコールを飲むことで身体が水不足になってしまうと便が固くなってしまい便秘を悪化させてしまう原因にもなります。そして、外食などが多くなると野菜が不足し、身体に必要な栄養素が偏りがちになるのにも注意が必要です。

便秘改善のためにも、水分や野菜はこまめにとるようにしていくと、沢山食べた正月料理もきちんと排出させることができるはずですよ。

正月太りを解消するには生活習慣の改善から

ここからは具体的な正月太りの解消法についてご紹介していきたいと思います。まず、正月太りを自然な形で解消していきたいと思っている方は、生活習慣の改善から取り組むことが必要です。

生活習慣というと、3食のバランスのとれた食事と、しっかりとした睡眠と適度に身体を動かすこと、といった健康的な生活に戻すということです。お正月はどうしてもこういった普通の生活をしなくなる傾向にあります。お正月で生活習慣を崩した分、その後はしっかり元の生活に戻すようにしましょう。

特に身体を動かすことと睡眠は大切です。食事については沢山食べすぎているので、少しセーブするぐらいの気持ちでもいいかもしれませんが、睡眠不足や運動不足は知らず知らずの間に身体にストレスをためていってしまいます。

ストレスがたまると脳から太りやすくなる成分が発せられてしまうので、これは正月太りをより一層増進させてしまう原因になります。正月休みが開けたら仕事も始まりますし、自然と身体を動かす機会も多くなってくるとは思いますが、長い方で1週間ぐらいはお休みの方もいらっしゃると思います。

そういった方は正月三が日沢山楽しんだら、正月休みの間に生活を元に戻していくように気をつけてみましょう。

何キロ増加したかによっても解消法が変わってくる

正月太りで何キロ増加した経験がありますか?元日から1週間ぐらいの間で2~3kg太ったというような方が最も多いのではないかと思いますが、このパターンの方は、先程ご紹介したようなむくみや便秘が原因となっている場合がほとんどです。

短期間で2~3kg増加したという方は、まずはむくみと便秘解消に努めてみるようにしましょう。お水を沢山飲むようにしたり、適度な運動をしたりするといいですね。そうすれば翌週にはすっきり元通りになっているはずですよね。

次に2週間以上経過していても2~3kg増加したままの体重をキープしている場合は、食べたものが身体に吸収され、脂肪になっている場合が多いです。こういった方は見るからに体型も変わってしまっているのではないでしょうか。

この場合はしっかりダイエットをしてついてしまった脂肪を落とすことが必要になってきます。もちろんむくみや便秘解消も取り入れつつ、脂肪を落とせるような有酸素運動をベースに運動を取り入れることがオススメです。

ウォーキングやサイクリングなどが身体への負担も少なく、消費カロリーも高いので初心者の方にもオススメです。また、お正月明け後もしばらく体重の増加が続いている方はお正月気分が抜けずにそのまま暴飲暴食を続けてしまっているというケースが多いです。

これまで食べすぎてしまっているのですから、食事制限も取り入れつつ正月太り解消を目指していきましょう。

軽めの食事制限ダイエットを取り入れればすぐ元通りに

とにかく早く身体を元に戻したいと思っているなら、そう思った時から軽めの食事制限ダイエットを取り入れてみてください。お正月はお餅やお菓子、揚げ物など高カロリーな食事を繰り返してしまいますよね。

その分、早めに食事制限を実行すれば案外簡単に元通りの体重に戻すことができるんです。食事制限は特別なことはしなくても大丈夫です。夜ごはんを野菜中心にしたり、間食をやめてみたり、スムージーの1食置き換えダイエットにしてみたり、方法は何でもOKです。

お正月に食べすぎたことを考えれば、これくらいの食事制限でもかなりの効果が得られるはずです。お正月後に普通の食事に戻すと、ゆるやかに元の体重に戻っていきますが、こうして食事制限を取り入れることで、摂取カロリーが一気に抑えられて減量を早めてくれるのです。

正月太りをとにかく解消したい!と思っているなら、元の体重に戻るまで食事制限を繰り返してみてください。ただし、お正月で食事のバランスが崩れている場合は、過度の食事制限をすると栄養が不足してしまい、体調を崩してしまう原因にもなりますので注意が必要です。

制限するのは炭水化物などにして、水しか飲まないというような極端な食事制限は行わないようにしましょうね。

カロリー計算をして正月太りをなかったことに

ついつい食べすぎてしまうお正月こそ、カロリー計算が重要になってきます。そして、カロリー計算さえ上手くできれば、正月太りをなかったことにできるんです。

人の身体というのは、食べたものが身体に吸収されるまでに約72時間かかるといわれています。この72時間の間にカロリーの管理をしてあげれば、正月料理の食べすぎをプラマイゼロにすることができてしまうかもしれません。

例えば、お正月の夜に1000kcalオーバーの食事をしてしまったとします。これはダイエット中の方ならかなり食べすぎの数値ですよね。ここから72時間で計算したいところですが、実行するなら早いほうがいいので、翌日中にカロリーを相殺してしまうのがオススメです。

ダイエット中の方は1日の摂取カロリーを大体1500kcalぐらいに設定していると思います。ですので1食500kcalとすれば、昨晩は500kcalオーバーになりますよね。

つまり翌日の食事は1500kcal-500kcal=1000kcalに抑えればいいということになります。これくらいなら1食置き換えダイエットなどをすればすぐに取り戻せますよね。

先でも食事制限についてご紹介しましたが、正月太りのような短期間で体重が増加してしまうような場合は、食事制限がとても有効です。カロリー計算も身につけて上手に食事を管理して正月太りをなかったことにしてしまいましょう。

原因をしれば正月太りも怖くない

ここまで読んできた方なら、一般的にいうと短期間での「正月太り」は、もう怖くないと感じているのではないでしょうか?正月太りは一時的に体重が増加してしまっている状態で、実際に脂肪が増えた訳ではないパターンがほとんどです。

その原因は、むくみや便秘といった身体のバランスが崩れている状態。このバランスの悪い身体を元に戻してあげることが、正月太り解消の一番の近道なのです。

こういった原因をしることができれば、お正月に食べすぎた後に体重計に乗り、体重増加しているのを見て無駄に落ち込むこともなくなりますよね。

むしろ1~2kgの体重増加なら「昨日飲み過ぎたせいかな。むくみをとったら落ち着くだろう」とか「そういえば正月の暴飲暴食で便秘がちだから野菜を食べるようにしよう」という風に正しい知識でポジティブに対処することができるはずです。

これができるようになれば、もう正月太りが怖いとは思わなくなるはずです。原因や理由を正しくしるということは、身体を綺麗に保つ秘訣でもあります。

せっかくのお正月なので、思いっきり美味しく楽しく過ごして、その後の対処をしっかり行っていくようにしましょうね。

野菜ジュースを飲んで胃を休めよう

それでは、次からは実際の対処法についていくつかご紹介していきたいと思います。これは誰でもすぐにできる方法ばかりなので、全て取り入れてもいいですし、できる範囲でお正月明けに実行してみてくださいね。

まずは、栄養の偏ったものを食べすぎたなと思ったら、野菜ジュースを飲むようにしてカロリー制限しつつ胃を休めるようにしましょう。食べすぎた後というのは、少しですが胃が大きくなっている状態です。

胃が大きくなるとどうなるかというと、若干ですが食べれる量が増えてしまうのです。お正月にどか食いをして胃が大きくなってしまうと、自然といつもよりも食べる量が増えてしまうという方も多いと思います。

また、お正月が明けても食べ続けてしまうというパターンも少なくありません。そういった胃の状態を休めてあげるためにも、消化吸収のよい野菜ジュースを飲むようにするといいですよ。

もちろん、市販の野菜ジュースでもよいですし、お手製の野菜ジュースやスムージーでも構いません。こういったものに食事を置き換えることで、栄養は損なわず、カロリー制限ができて胃も休めることができます。

手軽にできて一石三鳥な方法なので、気になったらぜひ試して正月太りを撃退しましょう。

軽めの運動をしてむくみと便秘解消を

食っちゃ寝して過ごす正月は運動不足になりがちです。運動不足になると、食べたものが消化できないのはもちろんですが、老廃物が身体から排出されなかったり、身体の機能が低下することから便秘を引き起こしたりしてしまいます。

こういった症状を早めに改善することで、正月太りの影響を限りなく少なく、元の身体に戻すことができるので、正月でゴロゴロしすぎたなと思う方は、ぜひ軽い運動を取り入れてみてください。

一番オススメなのはウォーキングです。無理がない運動で、のんびり散歩がてらに行うだけでも効果が現れるのでオススメです。ウォーキングをすることで、足回りの血行がよくなり、身体全体の血流がよくなります。

そうすると自ずと新陳代謝も上がってきますし、運動することで腸が刺激されて便秘解消にもつながります。

日頃からウォーキングをしているという方は、そのまま継続していただいたらいいですし、ウォーキングはしたことないけれど、正月太りを解消したいから歩きたいという方は、ちょっとスーパーまで買い物に出かけたり、ひと駅分歩いたりするだけでも効果が得られるので、ぜひ試してみてくださいね。

入浴で発汗&むくみ改善して元通りのボディに

ウォーキングに出かけたりする時間がなかなかとれないという方は、ゆっくり入浴するのがオススメですよ。入浴は汗をかくことができるので、これで老廃物を排出してむくみを解消することができます。

方法としては熱いお湯に一気につかり短時間で汗をかくというよりは、ぬるめのお湯に半身浴で使ってじわじわと汗をかいていく方法がオススメです。

ゆっくりと時間をかけて身体を温めることで、身体の芯から温まりますし、そうすることで新陳代謝のアップにもつながります。むくみを改善しつつ、食べたものを上手に消化できる身体つくりもできるのは嬉しいですよね。

なお、半身浴を行う前にはコップ一杯のお水を飲んでから行うようにしましょう。汗を大量にかくと水分不足になってしまいます。健康やダイエットのために半身浴をしても、身体の水分を必要以上に奪われてしまっては意味がないので、水分管理には十分注意しておこないましょうね。

また、お正月はお酒を沢山飲む機会もあると思いますが、そういった日は入浴は控えましょう。アルコールが入っている状態で入浴すると、そのまま眠ってしまったり、水分が奪われすぎて脱水症状を起こす場合があります。

酔った状態での入浴は例えお湯の少ない半身浴でもとても危険なので、行わないようにしましょう。

正月太りを解消してくれるレシピをご紹介!

お正月に美味しいものを沢山食べたので、普通の食事に戻すことは少し名残惜しい気もしますが、そのまま食べ続けてしまっては太る一方です。お正月が明けたら胃を休ませてあげられるような低カロリーで優しい食事を心がけるようにしましょう。

次からは正月太り解消にオススメのレシピをご紹介させていただきます。基本的には野菜中心の低カロリーな食事を心がけるといいですが、どうしてもお正月気分が抜けなくて沢山食べたいと思う場合もあると思います。

そういった場合は、カロリーの低い、こんにゃくや鶏のササミなどを使ってボリューミーで低カロリーな料理をつくってみるようにしましょう。

鶏肉は味をつけて焼く前に、一度湯通ししたり、グリルしたりして油を落としてあげるとカロリーがオフできますよ。その後は普通に調理できますし、一度火が通っている状態なので調理時間も短くすみます。

また、身体にいい緑黄色野菜の温野菜などもオススメです。人参やかぼちゃなどの緑黄色野菜は淡色野菜に比べて、腹持ちがよく、食べた時のボリューム感が得られます。

低カロリーの野菜の満足感も得られる食事ができるので、正月太り解消レシピとしてはとてもオススメですよ。

豆腐サラダでカロリー調節しよう

ボリューム感があって、低カロリーですませられるサラダとして豆腐サラダがオススメです。豆腐は柔らかい食材で消化がよく、お酒の飲み過ぎや暴飲暴食で荒れた胃を休めつつ、栄養もとれるので正月太り改善にはうってつけの食材です。

作り方はとっても簡単で、木綿豆腐1丁を適当な大きさに手でちぎってお皿に盛り、その上に大根やわかめや水菜、おじゃこやタマネギなどといったお好みの野菜を盛り付けて、トッピングに鰹節や韓国のりを乗せて完成です。

ポイントは鰹節や韓国のりといった風味のよいトッピングを取り入れるということです。豆腐は低カロリーでダイエット向きの食材ですが、どうしても味が染み込みにくく、サラダにすると飽きがきてしまいます。

ですが、鰹節や韓国のりのような風味の強いトッピングを合わせることで、とても食べやすくなるんです。サラダなので好きなドレッシングをかけて食べてもいいですし、めんつゆやお醤油で冷奴のように食べてもいいですね。

豆腐1丁分なので腹持ちもよく、満足感の得られるレシピです。もちろん、一丁食べられない方は半分にしてもいいですよ。もうすこし豆腐に味をつけたいと思ったら、ごま油で軽く豆腐を焼いてからサラダにしても美味しく食べられますよ。

身体が温まるスープは野菜を沢山入れて

野菜たっぷりのスープは身体も温まりますし、野菜のエキスが沢山滲み出るので栄養も満点です。正月太りで暴飲暴食した胃を休めるのにもオススメですよ。

味付けは市販されている顆粒だしなどを使うと簡単でオススメです。入れる食材は野菜を沢山使ってみてください。特にキャベツや人参、ブロッコリーやタマネギなどが値段も高くなくオススメですよ。

ちょっと変わったスープにしたいならトマトを入れてみたりしても、程よい酸味で美味しく食べられます。せっかくのスープだから少しお肉も食べたいと思う時には、鶏肉を使うようにしましょう。

ベーコンやウインナーを入れる場合もありますが、これは少しカロリーが高くなってしまうのでオススメできません。鶏肉もササミなどの低カロリーで栄養価の高いものを選ぶようにするといいですね。

また、お肉ではありませんが、ちくわやかまぼこといった練り物をお肉代わりに使うのもオススメですよ。スープにボリューム感が出るので、食べすぎ防止にもなります。

スープは割りとどんな食材を入れても味がまとまってくれるので簡単であり、美味しく野菜が食べられるレシピです。お正月明けは日替わりでいろんなスープを試してみてもいいかもしれませんね。

塩昆布キャベツで食物繊維をとって便秘改善を

便秘解消にオススメの食材といえば、食物繊維が豊富なキャベツです。ですが、キャベツを沢山食べようと思うと少し難しいですよね。

とんかつなどの揚げ物に欠かせない存在ではありますが、正月太り解消のためにとんかつと一緒に食べていては意味がありません。そこでオススメなのが万能塩昆布を使った塩キャベツです。

作り方は、キャベツを一口大にざっくりと切り、ポリ袋に入れます。そこに塩昆布をお好みで入れてポリ袋の口を閉じてよく混ざるように降ったり揉んだりするだけです。キャベツの水分で塩昆布がしっとりしてきたら出来上がりの目安です。

あまり揉みすぎるとキャベツが砕けて小さくなってしまうので、なるべく振って混ぜ合わせるのがポイントです。ドレッシングなどでキャベツをもりもり食べるのもいいですが、塩昆布を使うと旨味が出るのでドレッシングよりもキャベツが食べやすくなるんです。

また、キャベツには食物繊維が豊富なので、お正月で食べすぎたものを早めに便として排出するお手伝いもしてくれます。それに、キャベツは豊富なカリウムも含んでいます。

カリウムは老廃物を排出してくれる効果があるので、むくみ解消にも活躍してくれます。カロリーを抑えながら、正月太りの原因を解消してくれるお手伝いをしてくれるキャベツを、塩昆布で美味しくいただいてしまいましょう。

正月料理の食べ方を工夫してみるのも一つの手

これまで正月太りに気付いた時点での対処法をご紹介してきましたが、来るお正月に備えて、正月料理の食べ方も工夫してみるといいかもしれません。

例えば、正月料理の定番であるおせち料理ですが、おせち料理にはお豆や魚など健康にいい食材が沢山使われています。お酒を飲むシーンではなるべくこういった料理を食べるようにすると、必要以上に正月太りを招いてしまうということを避けられますよ。

また、揚げ物や味の濃いものも色々登場すると思います。そういったものを食べるなというとせっかくのお正月気分が台無しになってしまうので、ぜひ上手に食べたいところですよね。

揚げ物などを食べる時には、お酒を控えるようにし、野菜も同じぐらい沢山食べるようにしましょう。そうすることで身体の栄養バランスが保たれますし、野菜を食べることで食べたものの消化や排出も促されます。

そして、お酒も沢山飲むと思いますが、飲むお酒を選ぶことも大切です。日本酒はカロリーが高いお酒なので、なるべく焼酎を割って飲むようにしたり、ビールもできるならカロリーオフのものにしたりするといいですね。

お正月はどうしても食事が偏ってしまいますが、沢山食べたとしてもバランスに配慮して食べることで、正月太りを最小限に抑えることができるのです。これからやってくるお正月に向けて、どんな食べ方をすればいいかイメージしておくといいかもしれませんね。

まとめ

正月太りは短期間で起こる現象なので、早めに手を打てば簡単に元に戻せる場合が実は多いのです。単純に体重計に乗って落ち込むのではなく、しっかりと原因と理由をしって、前向きに正月太り改善に挑んでいきたいですね。

関連記事