ダイエット中でも食べてOK!「太らないお菓子」を徹底まとめ!コンビニでも市販されているお菓子!

ダイエット中でも食べてOK!「太らないお菓子」を徹底まとめ!コンビニでも市販されているお菓子!

コンビニお菓子はダイエッターの味方です。

ダイエット中だからお菓子や間食は完全にシャットアウト、ではストレスが溜まってしまうばかりでなく、反動でドカ食いしてしまい、ひいてはダイエットの失敗にもつながります。少量のお菓子は、ダイエットを無理なく続けていくために欠かせないものでもあります。

そこで、ダイエット中でも太らない市販のお菓子をまとめました。もうお菓子を禁止しなくてもよいのです。

コンビニでも「太らないお菓子」は買える!

ダイエット中だからお菓子は食べてはいけない、と思っても、小腹が空いてしまった時に我慢するのはとても辛いものがあります。カロリーが控え目のものを適量であれば、我慢せずに食べてしまったとしても、さほど影響はないといわれています。

それよりも、我慢してイライラし、ダイエットに対してストレスを感じ続ける方がよくありません。ダイエットが続かないばかりか、反動でのドカ食いや、リバウンドを繰り返すことにより、やせにくくなってしまう原因にもなります。

お菓子は太るものと思われがちですが、ケーキなど実際に糖分や脂肪がたくさん含まれていて太る原因となるお菓子もあります。しかし、よくカロリーをチェックしてみると、カロリーが少ないお菓子も意外に多いものです。

ダイエット中の大敵でもあるコンビニにも、ダイエット中に使える太らないお菓子は十分にそろいます。ダイエットを無理せずに続けるためにも、太らないお菓子にはどんなものがあるか、また食べる時の注意点を知っておきましょう。

太らないお菓子があれば、食事制限や置き換え食でお腹が空いてしまった時にも辛さを感じす、乗り切ることができます。

太らないお菓子を選ぶコツってあるの?

太らないお菓子といわれるものにはいくつか特徴があります。まず、低カロリーであることです。一般に、糖分や脂肪分が多いものは、カロリーが高くなってしまう傾向があります。

そのため、お菓子を買う場合には、糖質の少ないものや、油で揚げていないものを選ぶと、おのずと太りにくい、低カロリーなものを選ぶことができます。また、食物繊維が豊富に含まれているお菓子は、血糖値の急激な上昇を抑えたり、便通の改善に役立ってくれたりしますので、ダイエット中のおやつに最適です。繊維質が多いと腹持ちもよくなります。

お菓子を選ぶ際には、似たような商品の中でも、できるだけカロリーの低いものを選ぶように習慣づけると太ってしまうリスクを減らせます。また、少し量が足りないかな?と思っても、できるだけ大容量のものを買わないようにすると、食べ過ぎを防ぐことができます。

カロリーが低いからといって、その分たくさん食べてしまってはせっかくのダイエット効果がなくなってしまいます。

口寂しさを紛らわしてくれるお菓子



お腹が空いているわけではないけど、何だか口寂しいと感じることはありませんか?そんな時におすすめなのは、低カロリーのキャンディーやタブレット類です。口の中に入れるだけで、ちょっとした気分のリフレッシュにも役立ちます。

キャンディーやタブレットの中には、ビタミン類が入っていたり、お口をすっきりさせたりする機能性の高いものもあるので、バッグの中に常備しておくとよいでしょう。ただし、キャンディーは袋ごと入れておくとつい食べ続けてしまいがちなので、小分けにしておくなどのひと工夫が必要です。

また、梅や酢昆布なども少し口寂しい時にピッタリです。梅はカロリー燃焼サイクルに必要なクエン酸が、酢昆布にはそれにプラスして新陳代謝を活発にするアルギン酸や便通に効果的な食物繊維が含まれています。

口寂しさを抑えるだけでなく、ダイエットにピッタリの栄養素の補給に役立ちます。これらはコンビニのお菓子の中でも隠れた人気アイテムで、ダイエット中の定番のお菓子です。

また、駄菓子の中にも、ほんの少しだけ食べられる小さなお菓子がそろっています。とりあえず少し何か口に入れたいという時に便利です。ただし、口寂しいからお菓子を、というのはだらだら食べてしまう要因となり、あまりよいことではありません。

できるだけ空腹を感じた時にのみお菓子を食べるようにメリハリをつけましょう。

しっかり小腹を満たしてくれるお菓子ならこれ!



お腹がかなり空いているけれど、食事のタイミングでもない仕事の休憩中など、とにかく空腹感を抑えたい時もあるでしょう。そんな時には、できるだけカロリーが低く、腹持ちのよいお菓子を選びます。

ダイエット時の応急的な食事に一押しのお菓子は、こんにゃくチップやこんにゃくせんべいです。これらはひと袋食べてしまってもカロリーは2桁止まりと他のお菓子と比べても格段に低カロリーなだけでなく、水分によってお腹の中で膨らむので、少量で満腹感が得られます。また食物繊維なので、お腹の調子も整えてくれる優秀なお菓子なのです。

このほか、おからやこんにゃく素材を使ったクッキーなどもカロリーが低い割にお腹を満たしてくれます。これらを食べる時には、あたたかい無糖のお茶などと一緒に摂るとより満腹感を得られ、ダイエットにも効果的です。

また、スナック類を選ぶなら油で揚げていないものにしましょう。赤ちゃん向けのおせんべいやスナックも、味付けが濃すぎず低カロリーですので、ダイエットのお助けアイテムとしても使えます。

ドライフルーツや野菜チップもコンビニで揃う!

ダイエット向けのおやつとして知られているドライフルーツや野菜チップなども、さまざまな種類がコンビニで市販されるようになってきました。ドライフルーツは甘さがあるので一見ダイエットには不向きのようですが、少量で満足感が得られること、ドライフルーツにすることによってミネラルが摂取しやすくなっているという利点があります。

また、水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく入っていることなどから、ダイエットにも向いている素材なのです。さらに、しっかりと噛む必要があるため、食べた感触がしっかり残るというのも、食事制限のストレスを減らしてくれます。

一方、野菜チップスは油で揚げてあるため食べ過ぎに注意しなければなりませんが、「ベジップス」などでは糖類の添加はされていません。しかし、一般のポテトチップスなどのスナック菓子と比べると食物繊維が豊富で食べこたえがあるため、ダイエットにも十分活用できます。

糖質制限中にもピッタリなナッツ類

お菓子を食べたいけど糖質が気になるという方にはナッツ類がおすすめです。もちろん、コンビニでも取り扱いが増えています。ナッツ類には不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

不飽和脂肪酸は脂肪になりにくいだけでなく、代謝を上げるはたらきもあるため、ダイエットにはピッタリの素材です。また、食物繊維も豊富で、食べる時にはしっかり噛まなければならないため食べたという満足感も十分に得られます。

さらに、ビタミンEによる抗酸化作用も期待できるので、ダイエット中の肌のコンディションも守ってくれます。このほかにもさまざまな身体によい成分がナッツ類に含まれていますが、種類により異なりますので、ミックスナッツのように、できるだけ多くの種類をまんべんなく摂るのがおすすめです。

ナッツ類は糖質制限中の間食としても認められています。糖質制限中の方はもちろん、スリムになりたいという方におすすめです。ただし、カロリーはそれなりにありますので、食べ過ぎを防ぐため、味付けが極端に濃いものはできるだけ避けるようにしましょう。目安としては、間食なら1日25g程度となります。

甘いものが食べたい時にはどうしたらいい?

甘いものが食べたくて仕方がない時には、低カロリー甘味料を使ったキャンディーなどを摂りましょう。無理して我慢する必要はありません。また、意外な所では、チョコレートもおすすめです。

チョコレートは食物繊維が含まれているので、選び方によってはダイエットの味方となってくれます。チョコレートはカロリーが高いと思われがちですが、製品によっても大きく異なります。

ミルクチョコレートなどを頻繁に食べていると、糖分や脂肪分がたくさん含まれているのでさすがに太ってしまうでしょう。しかし、カカオ分の多いダークチョコレートなら、カロリーはそれほど高くありません。

ダイエットを意識するなら、70%以上カカオが含まれている製品を選びます。また、ポリフェノールは美容に効果的なので、綺麗にやせたいという方にも役立つでしょう。

また、最近では、砂糖不使用のチョコレートもさまざまなメーカーから発売されていますので、上手に取り入れて甘いものを我慢しなければならないというストレスを発散しましょう。

袋入りの「甘栗むいちゃいました」もコンビニでよくみかけますが、こちらも甘みがある割にはカロリーは控え目で、ダイエッターのお菓子の定番といえます。自然の甘みを活かして、甘味料が添加されていないのです。

デザートが食べたい時にはどうしたらいい?



さすがにダイエット中にデザートはご法度、そう思い込んでいないでしょうか?デザートの中にもそれほどカロリーが高くないものは多数あります。最も低カロリーなデザートは、寒天使用でノンシュガーのゼリーで、ゼロカロリー表示です。

十分なサイズもある上、食物繊維もたっぷり含まれています。「蒟蒻畑ララクラッシュ」のシリーズも低カロリーながら食感が楽しく、ダイエット食品のイメージは全く感じられません。

もっと甘い、本格的なデザートが食べたい時には、砂糖の使用を50%に抑え、従来のカロリーの約半分の80kcalの「カロリーコントロールアイス」や、100kcalにカロリーを調整してある、タニタ食堂のデザート、水切りヨーグルトの「オイコス」などがおすすめです。

コンビニの取り扱いも多く、比較的簡単に手に入れることができます。味は低カロリーらしさはなく、しっかりとしたデザート感があります。ストレスが溜まってしまった時の解消にもよいでしょう。

ナチュラルローソンのお菓子にはダイエット向きが多い



いざコンビニに立ち寄ったものの、うまくダイエット向きのお菓子が探せなかったことはありませんか?そんな方はナチュラルローソンブランドから出ているお菓子をチェックするのがおすすめです。

ナチュラルローソンのお菓子は、人気のこんにゃくチップや野菜チップだけでなく、ノンシュガーやノンフライのお菓子が多数手頃なサイズと価格で発売されています。

パッケージの目立つ場所に1商品あたりのカロリーが記載されているのもダイエット中の方には嬉しいポイントです。さらにアピールポイントとなる栄養素も書かれているので、自分に不足している栄養素の入ったお菓子を選ぶこともできます。

ナチュラルローソンブランドのお菓子の全てが低カロリーというわけではありません。しかし、素材にこだわったものが多いことや、カロリーや栄養素がわかりやすく表記されていることなどから、ダイエット向きのお菓子を探すならぜひチェックしておきたいブランドです。

糖質制限やマクロビ向けのお菓子もそろえることができます。

コンビニでも買える?ダイエット向け栄養補助食品



また、見逃してはいけないのが、「カロリーメイト」などの栄養補助食品が置かれているコーナーです。栄養補助食品だけでなく、ダイエット向けの低カロリーなお菓子がみつかります。

たとえば、大豆を原料とした「SOYJOY」などは、カロリーが控え目なだけでなく、血糖値が上がりにくい低GI食品で、同じカロリーの食べ物と比較して太りにくいという性質があります。

また、食物繊維が豊富なふすまを使った、「玄米クリームブラン」なども同様です。ゼリー飲料の中にも、ダイエットを目的とした、低カロリーやゼロカロリーのものもあります。

コンビニによっては、サプリメントの取り扱いが増え、ドラッグストアのようにダイエット用の低カロリーのウエハースやおせんべいなどを取り扱っている店舗もありますので、チェックしてみてください。もちろん、コンビニということで少量の食べきりのものが中心ですので、必要以上に食べ過ぎてしまう心配もありません。

まとめ

ダイエットに成功し、スリムな身体を手に入れるには、食事制限によるストレスを溜めないことも重要です。お菓子が食べたいという欲求を無理して我慢せずに、ダイエットにも役立つお菓子を選びましょう。コンビニにもそろっていますので、上手に活用してくださいね。

関連記事