卵白パックの効果って知ってる?毛穴さっぱりつるつる美肌を手に入れるやり方を公開!

卵白パックの効果って知ってる?毛穴さっぱりつるつる美肌を手に入れるやり方を公開!

ふわふわ卵白パックで美肌になれる!

卵はどの家庭にも常備されている食品ですよね。そんな手軽に手に入り、とても経済的な卵の卵白を使った卵白パックが注目を集めています。食べてもおいしい卵白で美肌効果を得ることができるなんて驚きですよね。

卵白パックや卵白洗顔の詳しいやり方についてもご紹介していますので、美肌を手に入れたいという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

そのオイリー肌、実は乾燥が原因かも!?

お肌にべたつきを感じるという、いわゆるオイリー肌の人は、本当に肌質が原因なのでしょうか。実は、そのオイリー肌の原因は、お肌のお手入れの手抜き、つまり乾燥が原因かもしれません。

洗顔後のケアはとても大切です。化粧水、乳液、クリーム、美容液と、すべてそろえる必要はなく、オールインワンタイプのものでもいいのですが、きちんとケアできていますか。

面倒だからといって化粧水だけで済ませたりしていませんか。お肌のべたつきが気になる場合、表面に油分がたくさんあったとしても、皮膚内部の水分量が少なく、お肌が乾燥している状態であることが多いのです。

皮脂はお肌にはなくてはならないものです。けれど、お肌の保湿がしっかりと行なえていない場合、お肌は肌を守るためのバリア機能を高めるため過剰に皮脂を分泌することがあります。

この状態を見て「私はオイリー肌」だと勘違いしてしまい、保湿ケアを怠り、さらにお肌は乾燥して皮脂を分泌するという悪循環が続くのです。

お肌の調子は生理周期などの影響も受けやすく、変化しやすいものではありますが、ずっと乾燥肌が続くようであれば、本当に体質としてお肌が乾燥しているのか、保湿ケアが十分ではないのか、きちんと判断する必要があります。

そして卵白パックには保湿効果がありますから、ぜひ実践してみてくださいね。

卵白パックって、どんなパック?

冬の時期や、夏のオフィスでクーラーの効いた空間で長く過ごす時期など、お肌の乾燥を感じることがありますよね。お肌の乾燥を改善するためには保湿がかかせません。

そんな時におすすめなのが、卵白パックです。卵白を使ってパックを行なうと、卵白に含まれているアミノ酸やアルブミンをいった成分が働き、乾燥のほか、たるみ、くすみも改善されるといわれています。

また、古い角質を除去し、ニキビを改善させる効果、コラーゲンの生成を助ける効果などもありますよ。

日本においては以前にも注目されたお手入れ方法ですが、今また海外で評価され、再び話題となっています。

海外セレブも実践しており、なかにはSNSにパック中の写真をアップしている人もいるんです。あのキャサリン妃も卵白パックをしているのだとも噂されています。

毎日お料理する際、卵はよく使いますよね。でも、レシピではよく卵黄が記載されていますが、それでは卵白だけ余ってしまって、困った経験はありませんか。

これからは卵白パックで、卵白を有効に使い、美肌を手に入れましょう!

こんなにも!?卵白パックで得られる効果とは

・保湿効果

卵白パックといえば、保湿効果。卵白パックのメインの効果であるといえるでしょう。卵白には、アルブチンが含まれています。この成分はエイジング効果のある化粧品にも使われている成分なんですよ。

アルブチンには、保湿作用のほか、シワやシミの改善効果も認められています。

・肌の汚れを浮かせて落とす効果

卵白ってお肌にある汚れをきれいに落としてくれるんですよ。これは、天然の界面活性作用といえるでしょう。卵白に含まれているレシチンが皮脂となじみ、お肌に残された汚れや皮脂汚れを浮かして落としやすくしてくれるのです。

また。皮膚細胞の再生能力を活性化させる効果もあるため、アンチエイジングにも役立ちます。

・角質の除去効果

卵白には、硫黄成分であるシスチンやメチオニンが含まれています。これらの成分は、お肌をピーリングする機能があり、お肌の古くなった角質を除去し、新陳代謝を高めてくれる働きがあります。

市販のピーリング剤とは違い、自然な卵白なので、お肌にも優しいですよ。

手軽にできる!卵白パックのやり方とは?

では、卵白パックの方法をご紹介しましょう。用意するものは、卵ひとつだけです。メーカーや産地にこだわらなくても構いません。ただし、必ず鮮度のいいものを選ぶようにしてください。

鮮度が落ちた卵で卵白パックをしてしまうと、肌トラブルを招いてしまう恐れがあります。

次に、卵白パックの手順をお話しします。

1. ぬるま湯でメイクを落とす(メイクをしていない場合は、ぬるま湯で軽くゆすぐ)
2. 卵を割り、卵黄と卵白に分ける
3. 卵白のみを洗顔ネットを使って泡立てる
4. 3を顔の上にのせてパックし、5~10分ほどそのまま放置する
5. 水またはぬるま湯で洗い流し、化粧水などでお肌を整える

これだけで美肌を手に入れることができるんです。ちなみにこのパックは毎日行なってもお肌に負担をかけるようなことはありませんので、安心してくださいね。

なお、卵白パックには、卵白を洗顔ネットで泡立てるのではなく、ボウルを使って、顔の上で垂れない程度のメレンゲ状に泡立てるという方法もあります。

そして、メレンゲ状にした方が、手間はかかりますが、お肌への吸着力が増して、より汚れを取り除きやすくなるともいわれています。また、乾燥が気になる人は、卵白にはちみつを少しだけ加えると、しっとりとしたパックが出来上がりますよ。

こちらも同じくらいの5~10分の放置にとどめ、乾燥させすぎないように気を付けてくださいね。

卵白パックにオリーブオイルをプラス!

オリーブオイルもお肌に良い効果をもたらしてくれる食材であることをご存知ですか。

お肌の乾燥予防に、はちみつを少量加えるといいとお話ししましたが、実は卵白パックにオリーブオイルを加えるとより保湿効果が高まることがわかっています。まさに、スペシャルケアですね。

既にお話している通り、卵白には保湿作用や殺菌作用があり、一方オリーブオイルにはアンチエイジングに効果があるオレイン酸やその他保湿成分が豊富に含まれています。

では、オリーブオイルをどのように加えるのか、オリーブオイルをプラスする際の卵白パックのやり方をご紹介しましょう。

1. 卵から卵白だけを取り出し、よく混ぜておく
2. オリーブオイルを少量加える
3. 洗顔後のお肌に、2を塗り、お肌になじませる
4. 10分ほどそのまま放置する
5. 蒸しタオルなどを使い、パックをふき取る
6. 残りのパックをぬるま湯で洗い流す
7. 洗顔後のお手入れを行なう

これだけでお肌がしっとりするはずですよ。

はちみつを加えた卵白パックは髪にも!

さきほど、お肌の乾燥が気になる場合、卵白パックにはちみつを少量加えるといいというお話しをしましたが、この卵白にはちみつを加えたパックは、お肌のみならず、実は髪の毛にも効果的であるといわれています。

パックの方法は基本的に同じです。この場合、卵白1つに対して、はちみつは大さじ1程度を目安に加えましょう。

こちらは髪の毛にパックした場合のやり方をご紹介します。

1. 髪をきれいに洗い、清潔な状態にする
2. 卵白とはちみつを混ぜ合わせ、髪につける
3. そのまま5~10分放置する
4. 水かぬるま湯で洗い流す

髪も乾燥しやすいですので、お肌と同様、保湿ケアを怠ってはいけません。お風呂に入った時、顔と髪の毛を同時にパックするというのもおすすめです。パックの成分は卵なので、万一、口に入ってしまっても大丈夫ですから、安心してパックできますね。

髪の毛の量や長さによって、量は変わってくると思います。自分の髪の毛に合わせて作る量は調節してくださいね。

卵白ってすごい!卵白洗顔も効果がある!

美肌を手に入れるには卵白パックもおすすめなのですが、同じく卵白を使った卵白洗顔もおすすめです。効果も、卵白パックと同じような効果が得られるので、ぜひお試しください。

1. 卵を割り、卵白だけをタッパーや小皿などに取り分けておく。
2. メイクを落とし、お肌に卵白を塗る
3. 顔全体に卵白を塗ることができたら、軽くマッサージを行なう
4. ぬるま湯で卵白を洗い流す
5. 洗顔後のケアを行なう

卵1個分の卵白で、朝と晩の2回分の洗顔を行なうことができ、とっても経済的です。ただし、この卵白は1日で使い切るようにしてください。また、卵白は泡立てたりしないため、なかなかお肌にのりにくい状態となっています。

片手でタッパーなどの容器を持ちながら、もう一方の手でお肌に卵白をのせ、卵白が滑り落ちても大丈夫なようにしておくといいでしょう。

汚れがひどい場合や、お肌が乾燥している場合は、卵白はどんどんお肌に吸収されていきます。足りないように感じたら、卵白を追加して塗り重ね、優しくマッサージをしましょう。

ただし、この卵白洗顔には注意点があります。マッサージを行なう際は、手早く行なうことが肝心です。卵白がお肌についたまま長い時間放置してしまうと、卵白が乾いてひび割れてしまい、小じわを発生させる原因になりかねません。

また、お湯で顔を洗うと卵白が固まり、排水溝が詰まってしまうので、気を付けるようにしましょう。

実は、卵黄だってパックできる!

卵には卵黄と卵白がありますよね。卵黄はお料理によく使われるので、卵黄が余ってしまったということはあまりないかもしれませんが、卵黄だけでもお肌のお手入れができるので、ご紹介しましょう。

これまでは卵白についてお話してきましたが、卵黄にもお肌を整える効果があり、卵黄パックというものもあります。卵黄にはビタミンであるレシチンやビオチンが多く含まれており、老化を抑制する働きと、お肌のキメが整う効果が期待できるといわれています。

パックの方法も簡単ですよ。洗顔後のお肌にぜひ、お試しください。

1. 卵黄1個に対し、小麦粉(または無糖ココア)大さじ2杯と、水大さじ1杯を混ぜ、お肌にのせても落ちてこないくらいの硬さにまで混ぜ続ける
2. 1をお肌全体に塗り、そのまま放置する
3. 乾燥して、お肌がつっぱるように感じてきたら、ぬるま湯で洗い流す

基本的なやり方は、卵白パックと同じですね。卵黄が余った時には、ランプパックもいいですね。ただし、卵白同様、新鮮なものを使うようにしてくださいね。

驚き!卵の殻まで美肌ケアに使える!

卵白や卵黄を使ったお手入れ方法をご紹介してきましたが、なんと、卵の殻にも美肌効果があることがわかっています。卵の殻には美容成分であるヒアルロン酸が含まれているのです。

ヒアルロン酸といえば、化粧品にもよく配合されている有名な成分ですよね!そんな成分が、日頃捨てていた卵の殻にあるなんて、今までもったいないことをしていたなと思いませんか。

では、卵の殻を使ったお肌のお手入れのやり方をご紹介していきましょう。

1. 卵の殻を乾燥させ、水分を飛ばしておく
2. 殻にヒビを入れ、殻から卵殻膜をはがす
3. 次に、卵白がついていた濡れている面を、小鼻の脇や目の下などに当てる
4. そのまま放置し、乾燥したら優しくはがす
5. ぬるま湯でお肌に残ったものを洗い流す

基本的な注意点は、卵白や卵黄のケアと同じです。乾燥しすぎないよう、気を付けてパックしてくださいね。

卵殻膜を取り除くのが少し手間ですが、毛穴の汚れもスッキリ落とすことができますよ。時間がある時にでも、ぜひ実践してくださいね。

気を付けよう!卵白パックの注意点とは?

では最後に、卵白パックを行なう際の注意点をご紹介したいと思います。

材料は卵、そして曽於他のものも家庭で常備されているような食材なので、基本的には危険なことはないのですが、特に敏感肌の方はよく注意しておかなければいけないことがあります。

・卵白パックをする際は、パッチテストを行なうようにする

卵白を食べても大丈夫ということと、お肌に塗っても大丈夫ということは少し違います。パックを行なう際は、あらかじめ腕の内側などに少しの量の卵白を塗り、様子を見るようにしましょう。
もしも時間がたつと赤みが生じたり、かゆみを感じるという場合は、パックはもちろん洗顔も行なわない方がいいでしょう。

・放置する時間は必ず守る

先ほども少しお話ししましたが、このパックを放置する時間というのは非常に大事です。なぜなら、卵白パックが乾燥しすぎてしまうと、パックにヒビが生じ、それによって小じわができてしまう可能性があるからです。
必ず放置時間は5~10分にとどめ、お肌の状態を見ながら行なうようにしてくださいね。

まとめ

卵白パックの効果ややり方などをご紹介しましたが、いかがでしたか?お肌の汚れが浮き出てきれいになるだけではなく、保湿効果も得られるとは、驚きですよね。

卵は栄養価が高く、食べることももちろん大事ですが、こうしてパックでエアすることもおすすめです。注意点に気を付けながらお手入れを続けてみましょう。

関連記事