鎖骨ひねりダイエットの効果とは?美くびれを作る方法とやり方をご紹介!腰痛や肩こりも改善できる?

鎖骨ひねりダイエットの効果とは?美くびれを作る方法とやり方をご紹介!腰痛や肩こりも改善できる?

目指せ鎖骨美人、くびれ美人!

巷には数多くのダイエット法が存在しています。どれかひとつでもやったことがあるという方の方が多いのではないでしょうか?自分に合っているものはいいのですが、中には自分にはイマイチだったというものもあると思います。

今回は鎖骨ひねりダイエットについて紹介させて頂きます。この記事を読んで、少しでもダイエットのモチベーションが上がったと思って頂いたら幸いです。

鎖骨ひねりダイエットとは一体どういうものなのか

まず、初めて知ったという人もいると思われるので、鎖骨ひねりダイエットはどういうものなのかについて紹介させて頂きます。鎖骨ひねりダイエットは骨ストレッチという骨を掴みながらエクササイズする方法のひとつとして知られています。

骨を掴んで体を左右にひねるくらいの簡単なもので体の負担も少ないと言われています。特に鎖骨を動かすことにより、全部の骨が楽に動くので体がスッキリするというダイエット法になっています。

その効果の高さから多くの人に人気を呼んでいます。TV番組でもこの鎖骨ひねりダイエットに関する特集が組まれ、ウェストが細くなったという声もあります。

この他にも、実際にやってみて簡単だったという声もあり、是非一度やってみたいダイエット法と言えるのではないでしょうか?

鎖骨ひねりダイエットは体の力を抜くという部分に重きを置いており、多くの悩みは体に余計な力が入っていることから生じている所もあります。これを機に、皆さんの持っている体の様々な悩みを解決できるのではないかと思います。

鎖骨って一体どういうものなのか

鎖骨ひねりダイエットに行く前に鎖骨とは一体どういうものなのか説明させて頂きます。鎖骨は胸骨と肩甲骨という骨の間にある骨と言われています。

肩関節や胸骨との間に存在する関節を構成しており、極めて重要な骨です。肩や首を動かすための筋肉が付いているので、首や腕を動かす際には鎖骨が一枚噛んでいるのが分かるのではないでしょうか?

実際、腕をあげる際には鎖骨の動きによってスムーズかそうでないかが変わってきます。美容関係だと、鎖骨美人という言葉を耳にしたりして聞き覚えのある部位だったりするので、医療や美容どちらにおいても注目されている骨となっています。

鎖骨の辺りに問題があると様々な弊害も起きるので後ほど紹介させて頂きます。鎖骨に関する概要を紹介させて頂いたのですが、恐らく健康は根元から重要というのが理解できたのではないでしょうか?

ダイエットなどを行う際は基礎を押さえていくことでこれはどういう意味があるのかというのを理解しやすくなるのです。

鎖骨に付いている筋肉ってどういうものがあるの?

鎖骨に関する大まかなことを説明させて頂きました。ここでは、鎖骨には一体どのような筋肉が付いているのかを紹介させて頂きます。

1.僧帽筋

僧帽筋は大きな三角形の筋肉で僧侶の帽子に似ていることからその名が付いています。主な役割は肩甲骨の位置を保つことです。他にも腕をあげる際に力を発揮します。

2.鎖骨下筋

肩関節が動いている際、鎖骨を固定する筋肉です。

3.大胸筋

大きくて厚い胸の筋肉です。水泳などのスポーツにおいて大きな力を発揮する筋肉としても知られています。

4.三角筋

腕を前後にあげたり、外側に広げたりする際に働く筋肉です。他の筋肉と一緒に働くのが特徴的な部分となっています。

5.胸鎖乳突筋

頭を傾けたり、首を前に曲げたりする働きを持っています。出産時にこの筋肉が過度に引き伸ばされたり、圧迫されたりすると斜頸というものになります。恐らく聞いたことがあるという人もいると思います。

主にこれらの筋肉が鎖骨に付着していると言われており、動作時には重要な働きをするものばかりです。

鎖骨が綺麗じゃないと一体どうなるの?

鎖骨美人という言葉から鎖骨周りって重要なんだと漠然と感じてる方もいると思われます。そこで、鎖骨周りが綺麗じゃないと一体どうなるのか紹介させて頂きます。

まず、顔がむくみやすくなると言われています。鎖骨の近くには血管やリンパ管が通っていることで知られています。もし、血液やリンパ液の循環が滞ると、顔のむくみが現れてくるのです。

次に、肌荒れ・ニキビ・吹き出物になりやすくなります。血液などの循環が悪くなることで栄養が行き届きにくくなります。その結果、肌荒れなどになってしまうのです。

他にも首が太かったり、短く見えるといったことがあります。中には、肩がイカリ肩になってしまうこともあり、肩周りの筋肉に余分な力が入っているのが分かります。

バストが垂れるのは大胸筋が上手く働いていなかったりしているために起きるとされています。場合によっては呼吸が浅くなると良くないことが多いのが分かります。

以上のことを見ると、鎖骨周りをしっかりしないといけないという自覚が芽生えたのではないかと思います。

鎖骨ひねりダイエットのやり方について

今回の本題のひとつ、鎖骨ひねりダイエットのやり方について紹介させて頂きます。まず、立った状態で足を肩幅程度開き、親指と小指で鎖骨の上下を押さえて固定します。

次に顔を正面に向けたまま、体を左右にひねって180度回転させていきます。この時、顔も一緒にひねってしまう場合もあるので、そこを注意して頂けたらなと思います。この流れを30秒くらい行います。

たったこれだけの簡単なダイエット法なのです。即効性はありますが、継続するとより効果が出てくるので、積極的に行いたいものになっています。

鎖骨ひねりダイエットを通して、体の無駄な力を抜くというのを意識して頂けたらなと思います。継続して行うことにより、ウェストがスッキリし、くびれが出てきたと効果を実感している人が多いです。

楽して継続しやすいという意味ではおすすめと言えるのではないでしょうか?過程も少なく、短時間ということもあり、空き時間で無理のない範囲で行えます。

鎖骨ひねりダイエットの効果について

やり方の所でも出てきましたが、鎖骨ひねりダイエットにはどのような効果があるのかを紹介させて頂きます。まず、体の歪みが整います。鎖骨ひねりダイエットは鎖骨を動かすことで全身の骨を動かしやすくし、体の歪みを整えてくれる働きがあります。

これにより、血液やリンパの流れも改善し、代謝が良くなるので、ダイエットには効果的と言えます。次に体のむくみを解消してくれることです。血液やリンパの流れが良くなることで老廃物の排出も捗るので、むくみの解消に繋がるのです。

最後は痩せにくい部分が痩せるという効果があります。

特に腰回りや背中、二の腕といった所に効果が現れます。骨ひねりダイエットにより、効率よく筋肉をストレッチさせる効果もあるので、痩せにくい部分もしっかりとアプローチできるのです。

さらに脂肪燃焼も加わるので効率よくダイエットが行えるのが分かるのではないでしょうか?以上3つが骨ひねりダイエットの効果となっています。

鎖骨ひねりダイエットで解消したい肩こりについて

肩こりも多くの人が悩んでいると思われます。長時間のデスクワークで肩こりがと言った声も少なくないのではないでしょうか?ここでは肩こりについて紹介させて頂きます。

肩こりは肩や首の筋肉の緊張で起きることが多いです。重い頭を常に支えていたり、長時間のデスクワークや運転といった日々の生活で蓄積された結果、肩こりに繋がります。

この状態が続くと、疲労物質でもある乳酸が溜まり、さらにひどくなってくるのです。また、精神的なストレスも余計に筋肉が緊張してしまいます。他にも血行不良により起きると乳酸が溜まりやすい状況を作り出してしまいます。

他には目の疲れによるものがあります。目の筋肉のこりは首や肩の筋肉の緊張にも繋がり、肩こりや頭痛といった症状を引き起こします。スマホなどを見る機会が多く、より目の疲れを促進しているのです。

このように日常生活の何気ないことが肩こりに繋がっているのです。そういったことにも鎖骨ひねりダイエットが手が届くので、非常に効果の高いダイエット法と言えます。

鎖骨ひねりダイエットで解消したい腰痛について

腰痛は多くの人が悩んでいると思います。家事や仕事で立ちっぱなし、デスクワークなどで座りっぱなしということが多く、腰痛に繋がっているのが実情です。ここでは、腰痛とはどういうものなのか紹介させて頂きます。

腰痛は無理な姿勢を取り続ける、長時間の負荷による筋肉の疲労、仙腸関節や椎間関節の関連痛により生じるとされています。中には、精神的なストレスも絡んでいるので厄介です。

特に無理な姿勢を取っていることが普段の生活の中で多いのではないでしょうか?それにより、筋肉に必要以上の力を入れてしまっています。そういった所を解消するのに鎖骨ひねりダイエットは効果的と言えます。

他にも仙腸関節は医療業界で注目されている関節として知られており、様々なアプローチが登場しています。

腰痛の原因になる病気として、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症という3つの病気が有名で病院での受診も場合によっては必要となります。

鎖骨ひねりダイエットでは、腰の筋肉の余計な力を抜いていくことで腰痛の改善にも繋がります。

手首肩甲骨とは一体どういうものなのか

鎖骨ひねりダイエットの他には手首肩甲骨というものがあります。こちらも肩や肩甲骨周りなどのストレッチ効果があるとして知られています。ここでは、手首肩甲骨の方法について紹介させて頂きます。

まず、右手の親指と小指を結びます。次に腕を持ち上げて肘の角度を90度にします。その後、左手の親指と小指で右手首の骨が突出している部分を軽く押さえます。

右へ上半身をひねりながら、7回後方に右手を引きます。手を入れ替えて左手も同様に行います。ここから派生したものとして、スライド式手首肩甲骨というものがあります。

こちらは手首肩甲骨と同様に手首の骨の突出している部分を押さえる所までは同じです。そこから左手を右肘へスライドし、上半身を右へひねって右手を後方に引きます。

これを左手も同様に行っていきます。方法としては以上となりますが、これと鎖骨ひねりダイエットをセットで行うことによってより理想の体型に近づくのです。

合わせていっても5分程度なのでやりやすいダイエット法と言えます。

首筋のリンパドレナージとはどういうものなのか

首筋のリンパドレナージを行うことにより、よりスッキリとした体型になります。それを踏まえると、鎖骨ひねりダイエットとセットで行いたいものになっています。ここでは、リンパドレナージについて紹介させて頂きます。

リンパドレナージはむくみを取るためのマッサージとして知られています。リンパの流れを活性化し、老廃物の排出を促進します。リンパの出口は鎖骨の近くにあります。

そこが詰まると、リンパが溜まり、むくみや肩こり、腰痛といったことに繋がるのです。そういった問題を解消するために首筋のリンパドレナージは非常に有効と言えます。

方法として、3か所程度に鎖骨の端から端までを分け、ややしっかりめにこするようにスライドさせていきます。左右それぞれ5回の計3か所行っていく流れになります。首筋のリンパの流れが良くなると、全身のリンパの流れが改善されるので重要です。

全身のリンパドレナージを行う際はお腹、太ももといった順に行ってきます。もし、興味がある方は調べてみるといいかもしれないです。

肋間筋をほぐすことで鎖骨美人に

鎖骨ひねりダイエットや手首肩甲骨など様々なダイエット法を紹介させて頂きました。ここでは、肋間筋に対するマッサージについて紹介させて頂きます。

方法として、肋骨と肋骨の間に指を沿わせ、体の中央から外側に向けてややしっかりめにこするようにスライドさせて、さすっていきます。左右3回ずつ行っていきます。

肋間筋は肋骨を結びつける筋肉として知られています。薄い筋肉が3層重なっているのが特徴となっています。一般的に胸式呼吸に関わっていると言われており、外肋間筋は吸気、内肋間筋は呼気に働くとされています。

実際の呼吸の場合は横隔膜など色々な筋肉が関与しているのですが、肋間筋が楽になることで呼吸も行いやすくなるのです。

女性の場合、肋間筋を用いる胸式呼吸が多いと言われていますが、腹式呼吸により、胎児に負担をかけないためなどの理由があるとされています。

腹式呼吸がという声も大きいですが、用途によっては胸式呼吸にも長所があるのでどちらの呼吸法も押さえておきたいものです。

小胸筋をほぐすことでより健康な体を獲得できる

小胸筋という胸にある筋肉をほぐすことにより、バストアップなどの効果が見込めます。小胸筋をほぐす方法について説明させて頂きます。方法は腕の力をできるかぎり抜いて、腕を軽く前後に揺らすだけという簡単なものになっています。

小胸筋は三角形の筋肉で大胸筋に覆われているとされています。鎖骨と肩の間にポコッと出ている烏口突起という肩甲骨の出っ張りを触ることができ、そこに小胸筋が付いていると言われています。

働きとして、肩甲骨をスムーズに動かすというものがあります。床に落ちたものを拾う際、リーチを長くするといったことにも関与しているので重要な筋肉と言えます。

美容に関しては、胸が垂れないようにするために小胸筋が絡んでいます。大胸筋がと思う方もいると思われますが、そちらもバストアップに関わりますが、それを支える柱として、小胸筋が存在していると思って頂けたら幸いです。

このように、鎖骨に直接アプローチするだけでなく、その周りの筋肉などに対してもアプローチする必要があるのが理解できたのではないでしょうか?

肩甲骨のストレッチとはどういうものなのか

鎖骨の近くにある肩甲骨もストレッチを行うことで体の歪みの改善に繋がります。ここでは、肩甲骨のストレッチについて紹介させて頂きます。方法として、まず肩の力を抜いて楽な姿勢にして肋骨が張り出さないようにします。

肩甲骨を中央に寄せるようにして動かします。自然な呼吸を繰り返しつつ20回行います。これだけで肩甲骨のストレッチを十分行うことができるのです。肩甲骨は肩関節の動きに大きく関与しています。

なぜなら、肩関節を動かすための筋肉が多数付いており、複雑な動きを実現しているからです。

野球で重要視されている回旋筋腱板という肩の筋肉もこの肩甲骨に付いており、肩甲骨の動かしやすさがパフォーマンスの上達に左右されるというのが何となく理解できるのではないでしょうか?

他にも上腕二頭筋や上腕三頭筋という肘の曲げ伸ばしに関わる筋肉も付いているので、他の関節にも関わっているのが分かります。こういったことから肩甲骨のストレッチは是非行っておきたいものです。

まとめ

今回、鎖骨ひねりダイエットのやり方や効果を中心に紹介させて頂きました。この記事を通して、今からでもダイエットを始めてみようといった動機付けになって頂いたら幸いです。

関連記事