ガーゼ洗顔の美肌効果をご紹介!ニキビ、毛穴の黒ずみに効果有り!その方法とやり方を大公開!

ガーゼ洗顔の美肌効果をご紹介!ニキビ、毛穴の黒ずみに効果有り!その方法とやり方を大公開!

普段何気なくしている洗顔をちょっと変えるだけでいいのでぜひ試したいです!

皆さんはガーゼ洗顔は知っていますか?ほとんどの女性は何かしらの肌トラブルを抱えていて、色々化粧品を変えてこだわったりエステにいったりして改善しようと努力していると思います。

しかしガーゼ洗顔ならお金をかけなくても美肌が手に入るんです。今回はそんな自宅で簡単にできるガーゼ洗顔のやり方と効果を詳しくご紹介します。

洗顔はとっても大事!ガーゼ洗顔とは?

女性はいつだってきれいでいたいですよね。その需要にこたえるかのように様々な美容法で溢れかえっています。皆さんも一度は何かしらの美容法を試してみたことはあるのではないでしょうか。

ニキビやシミ、シワなどの肌トラブルを改善するために様々な化粧品を試したことのある人は多いと思います。しかしどんなに高価でいい化粧品を買ったとしてもきちんと洗顔がされていなければ化粧品は浸透していかないのです。

化粧水や乳液、クリームなどに目を向ける人は多いですが洗顔に注目している人はあまりいないのではないでしょうか。今回ご紹介するガーゼ洗顔はお肌をきれいにする美容法の一つです。内容はいたってシンプルで、ガーゼで洗顔するだけです。

しかしそのシンプルさと手軽さ、そして効果がいま注目されています。普段の汚れをすっきり落とすことで肌本来の力を出していき、化粧水などを浸透しやすくしていきます。

洗顔をするだけなのに肌の色がワントーン明るくなるくらい、お肌の黒ずみがとれますよ。そしてガーゼの肌触りが心地よく、リラックスしながら洗顔できます。

大人ニキビにも!ガーゼ洗顔の効果

ガーゼは元々木綿を重ねて作られており、古い角質や毛穴の黒ずみなどを優しくとることができます。これはガーゼの繊維が肌に密着し古い角質や皮脂を絡めとってくれるので、毛穴の奥まですっきりするんですね。

ガーゼ洗顔を続けることによってどんどん毛穴が目立たなくなっていきます。大人ニキビの場合ストレスや乾燥などで硬くなった角層が毛穴に詰まり、そこにニキビの元のアクネ菌が発生しニキビができます。

そしてガーゼ洗顔は毛穴の角層や皮脂をガーゼがとってくれることでニキビの改善につながります。この効果は皮膚科の医師もおすすめしているほどです。もう一つは、温かいお湯につけたガーゼで洗っていくので肌が温められるのと、マッサージ効果で血行が良くなることです。

血行が良くなることでくすみがなくなったり、リフトアップしたりコラーゲンを促進しお肌にハリを与えます。また続けることで乾燥肌の改善にもなります。

年齢を重ねていくと乾燥肌になる人が多いので大人の女性には適した洗顔法ですね。肌本来の力をひきだしてくれるのがこのガーゼ洗顔の良さではないでしょうか。

とっても簡単!ガーゼ洗顔のやり方

ではガーゼ洗顔のやり方をご説明します。まずメイクをしている人は必ずメイクオフしてからにしましょう。次にガーゼをぬるま湯につけます。全体的に濡れたところで少し絞り水気を少しとります。

あまり濡れていると洗顔料が流れてしまうので先に少し絞っておいた方がいいでしょう。そして洗顔料を適量つけます。その後ガーゼを擦るようにして泡立てます。このとき泡立ちにくく水分が足りない場合は水気を足してあげてください。

泡立てたらそのまま顔を撫でるように洗います。あまり強く擦るとヒリヒリしたり赤くなったりしてしまうので、特に皮膚の薄い部分(特に目の周り)は優しく洗ってあげましょう。

そして鼻の周りやあごの辺りはガーゼを指に巻き付けてくるくる円を描くように洗ってあげるとすっきり洗えますよ。洗い終わったらすすぎます。濃密な泡の分、毛穴に入り込んでいますのでしっかりすすぐようにしましょう。

ガーゼ洗顔をやるタイミングとしては体が温まっているときに洗うのがおすすめです。特に夜お風呂に入っているときに一度湯船で温まるか、お風呂の蒸気で毛穴が開いているときに洗うと毛穴の奥まですっきり洗えるのとお肌の角層が柔らかくなっているのですっきり洗いやすいです。

頑固ないちご鼻にはプラスアイテムを!

先程はガーゼ洗顔のやり方をご紹介しましたが、それでもとれない頑固ないちご鼻にはガーゼ洗顔プラス重曹を入れるといいでしょう。

元々重曹は食用、医療用、工業用と分かれており成分はあまり変わらないものの医療用は一番純度が高く粒が細かくなっていて、次に食用が粒が細かいそうです。工業用は主に掃除などに使われるので、洗顔で使う場合は粒の細かい医療用がおすすめです。

重曹は温泉の成分でもあり、市販の入浴剤にも使われています。重曹の効果は弱アルカリ性である重曹が、皮脂や古くなった角層の酸性汚れを中和して汚れを除去してくれることです。

また重曹はたんぱく質を分解する作用があり皮脂汚れもたんぱく質なので分解できるため、洗顔に効果的だと言われています。そして重曹の粒はスクラブの役割をして、開いた毛穴に入り込んで毛穴の皮脂をかき出してくれます。

洗顔料に重曹を入れるときは力の入れすぎに注意しましょう。また重曹がお肌に合わない人もいるのでパッチテストをして、お肌に合うかどうかを確認してから重曹洗顔をするようにしましょう。

どうしてお肌は黒ずんでしまうの?

いちご鼻も黒ずみの一つで、これは鼻の毛穴詰まりが原因です。毛穴詰まりが起こる原因は、きちんと洗顔で汚れが落とせていないからです。毎日洗顔料で洗っていても、実際ちゃんと洗えている人は少ないそうです。

改善策としては、きちんと洗顔料を泡立ててきめ細かい泡で洗ってあげるのが一番です。そして洗い終わったら水分と油分を補給してあげます。これができていないと毎日汚れが積み重なって毛穴詰まりの原因になります。

次にお肌の黒ずみの原因として、シミができている状態が考えられます。これは毛穴が気になって擦ったり毛穴をつついたりしすぎるとメラニン色素が増え、毛穴が黒ずんでしまいます。もし毛穴がザラついていないのに毛穴が黒かったら、毛穴がシミになっている可能性が高いです。

これは、ファンデーションのパフやアイシャドーを塗るときに使うアイブラシなどで擦ることも例外でなく、強く擦り過ぎたり長年同じ場所を塗ったりすると色素沈着が起こり黒ずむ原因になります。

すっぴんになると目の周りが黒ずんでいる人は多いのではないでしょうか。長年メイクをしているとどうしてもこの色素沈着は起こりやすいです。しかし社会に出ている女性としてはお化粧しないわけにもいかず、やりきれない思いですよね。年々悪化させないためにもできることから始めましょう。

知っておこう!ターンオーバーの仕組み

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのサイクルのことで、美肌を保つ上で重要なキーワードになります。肌の一番表面にある表皮は基底層にある基底細胞から生まれ、角層になって最後に表面に出て垢になって剥がれ落ちていきます。

この期間がおおよそ28日間くらいのサイクルで行われるのが正常の状態です。ただ新陳代謝が弱くなっていてこのサイクルが乱れると、表面のお肌を守る機能が弱くなり乾燥したり、肌が敏感になったり、お肌の調子が悪くなります。

若いときは新陳代謝が良いのでターンオーバーのサイクルも正常になっていてお肌にハリがあるのですが、年齢を重ねるにつれ新陳代謝が弱くなってターンオーバーのサイクルも乱れがちになります。

また40歳以上になるとターンオーバーの期間が40日間くらいかかると言われています。ガーゼ洗顔は古くなった角質を取り除けるだけでなく、この新陳代謝も活発にしてくれるのでターンオーバーを正常にすることを促してくれます。

ターンオーバーが正常でないとどんなに高い化粧品を使っても肌のトラブルがなくなりにくいので、お肌の調子を整えたい人はまずはターンオーバーを意識したお手入れをしていきましょう。

ガーゼ洗顔は毎日やっていいの?気になる頻度は?

洗顔は朝と夜の2回する人が多いと思いますが、1日2回ガーゼ洗顔する必要はありません。まず1度ガーゼ洗顔を試してみてお肌が赤くならないか、痛くならないかを確認してください。そして肌に合っていそうだったら週1回から初めてみましょう。

ガーゼ洗顔は洗い上がりがすっきりして毎日やりたくなってしましますよね。しかしガーゼ洗顔をやり過ぎると、まだ健康な表皮を取り除いてしまいお肌を守る力が弱くなったり、敏感になって赤くなったりしてしまいます。

せっかく新陳代謝が良くなって健康な表皮が出てきているのに、それを取り除いたらもったいないですよね。また毎日ガーゼ洗顔を続けることでお肌に余計な刺激を与えてしまう可能性があります。

段々慣れてきたら2~3日に1回くらいに増やしてもいいでしょう。肌のタイプによっても違うのですが、敏感肌の人は週1回くらいがいいでしょう。またお肌が敏感気味のときや傷があるとき、体調が悪いときはやめるようにしましょう。

ガーゼ洗顔で使う洗顔料は何がおすすめ?

ガーゼ洗顔で使う洗顔料は基本的にいま使っている洗顔料をそのまま使って大丈夫です。それぞれ肌のタイプに合ったものを使っている方も多いと思います。ガーゼ洗顔をするときに固形石鹸が役に立つという声を聞きます。そんな洗顔に適した固形石鹸をいくつかご紹介します。

まず一つ目は有名な牛乳石鹸青箱です。市販の洗顔石鹸で1位をとる大人気商品で価格も一つあたり100円くらいとお手軽なのが人気の理由の一つです。洗い上がりはさっぱりで優しくほのかな香りと泡立ちの良さが支持されています。

次に牛乳石鹸の赤箱です。こちらは先に紹介した牛乳石鹸と同じメーカーですが、泡立ちが青箱よりさらにクリーミーになっています。価格も青箱と同じです。乾燥肌の人が使った感想で洗い上がりがしっとりモチモチになったという声がありました。

この価格でこの使用感であればコスパが最高ですね。そして最後にノブAアクネソープです。この石鹸はニキビが気になる人におすすめで、洗い上がりの肌がすっきりと汚れが落ちたのを実感できるような感触になるようです。

かと言って乾燥してつっぱるわけではないので油分が多い人やニキビができやすい人におすすめです。価格は800円くらいと牛乳石鹸より少し高めです。洗顔石鹸は正しく使えればコスパが非常に良いので、ガーゼ洗顔と上手に併用してみてはいかがでしょうか。

ガーゼ洗顔のアフターケアを大切に!

ガーゼ洗顔をした後は必ずやらなければいけないことがあります。それはアフターケアです。ガーゼ洗顔によって毛穴の奥の汚れや古くなった角層まで落とせたら、そこに化粧水と乳液を必ずつけましょう。

毛穴が開いているのと、肌が柔らかくなっているので水分の浸透率が上がります。化粧水と乳液をつけたらモチモチしっとりなお肌になりますよ。また水分をたっぷり入れて油分で蓋をすることで、毛穴も小さくなります。

きちんと水分を入れないと、開いた毛穴の中にまた新たな汚れが入り込んでしまいますのでアフターケアしっかりしましょう。それでも毛穴が気になる人は、収れん化粧水を使うといいでしょう。収れん化粧水は毛穴を引き締めてくれます。

油分が多い人で化粧水しかつけていない人がいますが、それはでは逆効果です。せっかくたくさんの水分を入れてあげても、乳液で蓋をしてあげないと水分が蒸発してしまいます。

乳液のつけ方にちょっとしたコツがあり、Uゾーンの乾燥しやすい部分は多めでTゾーンは手にあまった少しの乳液をつけるとバランスが良くなりますよ。

ガーゼ洗顔で気をつけたいこととは?

ガーゼ洗顔で気をつけたいことは、まずガーゼを用意するとき新品をそのまま使わないようにしましょう。ガーゼは洗濯すればするほど柔らかくなります。新品の場合、まだ繊維が固く肌に触れると痛くなる可能性があります。必ず何度か手洗いしてから使いましょう。

またガーゼはケガなどに使える医療用のものより、赤ちゃんの沐浴に使うようなガーゼがおすすめです。医療用のガーゼは洗濯すると糸が飛び出たりしてしまったりガーゼの目が粗いため、赤ちゃん用のガーゼがベストと言われています。次に洗顔するときの力加減を強くしすぎないようにしましょう。

体を洗うようにごしごし擦ってしまうとお肌が痛んでしまいます。泡と一緒にガーゼを滑らせるように洗っていきましょう。このときくるくる円を描くように洗っていくのがおすすめです。

またニキビや傷があるときや体調不良のときもおすすめしません。体調がいいときにガーゼ洗顔を行いましょう。これらのことを守って行えば、失敗せずにガーゼ洗顔の効果を実感できますよ。

まとめ

ガーゼ洗顔のやり方と効果は分かっていただけたでしょうか。ガーゼ洗顔で毛穴の黒ずみといちご鼻にサヨナラして美肌を目指しましょう!

関連記事