ニキビ、シミに効果有り!スキンピールバーで美肌を手に入れよう!使用法、効果をご紹介!

ニキビ、シミに効果有り!スキンピールバーで美肌を手に入れよう!使用法、効果をご紹介!

上手に使えばとても効果のありそうなスキンピールバー、ぜひ使ったみたいです!

物心ついたころ方ニキビに悩まされ、20代後半を過ぎたころからシミの出現に悲鳴をあげた女性は多いことでしょう。ニキビがニキビ痕として残ったり、シミもきえなかったりと、悩みは増えるばかり。

そんな悩みからおさらばして、ツルンとしたむき卵のような肌になれるアイテム「スキンピールバー」が最近話題になっています!どんなアイテムなのか、どんな効果があるのかご紹介しますね。

ピーリングってよく耳にするけど、どうすること?

雑誌のスキンケア特集やドラッグストア、皮膚科などあらゆる場所で耳にする「ピーリング」。実際に、「ピーリング」とは肌にどんなケアを施すことかご存知ですか?

ピーリングとは、英語の「peel(剥ぎ取る)」という言葉から作られた造語で、溜まってしまった古い角質を肌から剥ぎ取り(取り除き)、滞ったターンオーバーを正常に戻すよう促す角質ケアの一種のことを指します。ピーリングは大まかに2つの種類に分けることができます。

一つは「ケミカル(化学的な)ピーリング」、もう一つが物理的な「レーザーピーリング」や「ダイヤモンドピーリング」と呼ばれているものです。ケミカルピーリングは、酸(AHAもしくはBHA)を肌に直接塗布し、角質を溶かしていきます。

レーザーピーリングやダイヤモンドピーリングは、機器を使い、角質を落としていくものになります。

ケミカルピーリングは、危ないものだという記事もよく目にしますが、ケミカルピーリングにも使用する酸の種類が2つあり、スキンピールバーでも使われているAHAという酸の種類であれば、安全に使用することができます。酸の種類でどう違うのか次に説明していきます。

ケミカルピーリングは危なくない!AHAとBHAの違い

インターネットでケミカルピーリングについて調べると、ケミカルピーリングは危険だとか、肌をボロボロにするなどというマイナスの記事を度々目にすると思います。

しかし、ケミカルピーリングといっても使用する酸の種類が2種類あり、どちらを使用するかで、効果や使用後の肌の状態がかなり違ってきます。酸の種類は、「AHA」と呼ばれるアルファヒドロキシ酸と「BHA」と呼ばれるベーラヒドロキシ酸があります。

AHAは、フルーツに入っている成分を使用することが多いことからフルーツ酸ともいわれています。皆さんも聞いたことがあるであろうグリコール酸・クエン酸・リンゴ酸・乳酸・シトラス酸などがAHAです。

フルーツから取れるということは自然に発生している天然由来の酸であるため、刺激が少ないものになり、肌に使用してもさほど悪い影響はありません。

逆に、BHAは化学物質を使ったとても強力な酸であるため、ピーリング作用が強すぎ、肌があまり強くない日本人には合わないといわれています。

病院などでもBHAであるサリチル酸を処方されることも多いようなので、肌に合わないと感じたらすぐに使用を止めることをオススメします。AHAと表記のあるピーリング剤については、比較的安心して使えますので、きちんと表記をみて使用するとうにしましょう。

スキンピールバーってなに?ピーリングと関係あるの?

ピーリングといえば、塗布するタイプのものが一般的ですが、ピーリング石鹸というものが最近流行しています。そのピーリング石鹸の中でも有名なのが、スキンピールバーです。

スキンピールバーは、ピーリングを特別なケアではなく、日常的に行うケアの中に取り入れることはできないかと思案されてできあがった商品です。見た目は、透き通ったカラフルな置き物のようで、一見すると石鹸だとは気づかない可愛さです。

サンソリットと医師が共同で開発を進めたスキンピールバーは、AHA(グリコール酸)を配合した石鹸で、基本的には洗顔に使用するようになっていますが、もちろん身体にも使用できます。顔だけでなく、皮膚に覆われている身体も角質は溜まっていきます。

特に目にみえてわかるのが、肘や脛、踵です。そういった角質が溜まりやすい場所もスキンピールバーを使えばツルツルになります。全身がゆで卵のようにツルツルになり、触りたいと人に思わせる肌に導いてくれる魔法のような石鹸です。

肌別で使う!スキンピールバーの4つの種類①

スキンピールバーには、4つの種類があります。よく、乾燥肌用や敏感肌用という種類に分かれていることはありますが、スキンピールバーは驚きの4種類に分かれています。種類は、乾燥・敏感肌用、普通肌用、脂性・ニキビ肌用、透白ケア用の4つです。

乾燥・敏感肌用は、ブルーのスキンピールバーです。AHAマイルドと表記にもあるように、グリコール酸が他のものよりも少なめの0.6%配合となっていますので、刺激が他の種類よりも少ないため、敏感肌の人にオススメです。

また乾燥肌の人にも刺激が強すぎるものはオススメしませんので、こちらの種類がよいでしょう。ピーリングが初めての方にもこちらから使い始めることをオススメします。

次に、普通肌用のスキンピールバーAHAですが、こちらが最もスタンダードな種類で、グリコール酸の配合は1.0%です。イエローにスキンピールバーが目印です。

最初は、ブルーのスキンピールバーを使用していた人も、肌がピーリングになれてきたなと感じたらこちらのイエローのスキンピールバーに移行するとよいでしょう。

肌別で使う!スキンピールバーの4つの種類②

次に、脂性・ニキビ肌用はレッドのスキンピールバーです。こちらは、グリコール酸2.0%と表記されているとおり、スタンダードなタイプの2倍のグリコール酸が配合されています。

脂性肌やニキビ肌の人はノーマルなタイプの肌質の人より、肌が硬くなってしまっていたり、ごわついていたりするので、少し多めのグリコール酸が配合されている方が効果がでやすいでしょう。

またこちらのタイプには、ティートゥリーオイルというユーカリやマヌカの仲間にあたる植物のエッセンシャルオイルが配合されています。ティートゥリーオイルには、抗真菌作用があるため、ニキビの予防に繋がります。

そして、最後に透白タイプのブラックのスキンピールバーです。こちらは、スキンピールバーハイドロキノールという名称で、グリコール酸に加え、くすみやシミを一掃してくれるハイドロキノンが配合されています。

ハイドロキノンとは、シミの原因となるメラニン色素が生まれるのを塞いでくれ、その細胞さえも幻想させてくれる優れた成分です。

ハイドロキノンは、ビタミンCやプラセンタなど美白成分があるといわれているものの10~100倍もの効果があるといわれています。くすみが気になり始めた方やシミを消したいなと思っている方にオススメのタイプとなります。

スキンピールバーってどうやって使うの?

スキンピールバーの使い方は至って簡単です。石鹸を少し濡らしてから、手もしくは泡立てネットを使って、泡立てます。すると、メレンゲのようなフワフワモコモコの泡ができあがります。

弾力のある泡なので、擦ることなくまず顔全体を泡で包み、次に泡を顔に押し付けるようにギュギュっと押さえて洗っていきます。その際に、手が直接肌にあたらないように、泡で顔を洗うようにしてください。

そうすることで、肌への負担となる摩擦を最小限に留めることができ、肌表面の角質はもちろん、詰まった毛穴の汚れや、余分な皮脂をしっかりと取り払ってくれるでしょう。次にオススメなスキンピールバーの使い方ですが、週に1度か2度、泡パックをしてみてください。

こちらも方法は簡単で、洗顔と同様にスキンピールバーを泡立て、たっぷりの泡を顔に乗せます。そこから2~3分程度触らず放置しましょう。そうすると、ピーリング作用が高まり、スペシャルケアになります。

またこの際には、目の周りや唇などの皮膚が薄い箇所は避けるように注意してください。なお、肌の状態により、放置しておく時間なども変えるように状態をみながらパックするようにしてくださいね。

スキンピールバー使用後のケアはどうしたらいい?

スキンピールバーを使って、ピーリングケアをしたあとの肌は、デリケートな状態になっているので、すぐにアフターケアするように心がけてください。まず、必須なのが保湿です。

古い角質で覆われていた肌が裸になった状態にあるので、ここぞとばかりにしっかりと肌に水分を吸収させてあげましょう。古い角質に覆われていると、化粧水をたっぷり使っても肌の奥まで浸透することができません。

そこで、スキンピールバーを使って古い角質を取り除いた状態であれば、化粧水をグングン吸収してくれるわけです。使用する化粧水は、保湿成分の高いものにしましょう。

くすみやシミが気になる方は、ホワイトニング成分の入っている化粧水を、ニキビや脂に悩んでいる方は、アクネケア成分の入っているさっぱりしたタイプの化粧水を、ケチることなく、たっぷりと使ってください。

そのあとには、水分が蒸発しないように肌に蓋をする必要があります。乳液やクリームを使って保湿効果が高まるようにしましょう。乳液やクリームも肌の悩み別に、ヒアルロン酸配合のものやビタミンC配合のものなど様々な種類があるので、自分にあったアイテムを使うようにしてください。

ピーリングすれば、化粧ノリも断然良くなる!

ピーリングは素肌をキレイにしてくれるだけでなく、化粧ノリもよくしてくれる効果があります。古い角質が肌に蓄積された状態の場合、どれだけ高価で口コミのよい化粧下地やファンデーションを使っても、古い角質が邪魔をして、キレイに肌にのらないことがあります。

高いのに思っていたほどキレイにつかないな、キレイにならないなと感じたら、まず、自分の肌の状態が万全であるかどうかを考えてみましょう。肌が万全な状態であれば、おおむねはどんな化粧品を使用してもキレイにつくからです。

化粧ノリが最近悪いなと感じたら、スキンピールバーで泡パックするとよいでしょう。ピーリングを行うと、素肌がワントーン以上明るくなるので、その後に乗せるメイクアイテムの色もきちんと肌の上で映えてくれます。

また、スキンピールバーの嬉しいところは、塗布するタイプではないため、顔を洗うついでにピーリングもできる点です。朝起きて、肌がごわついているなと思ったら、スキンピールバーを使って洗顔すればよいだけですので、とても手軽に使うことができます。

また、次の日は気合を入れてメイクをしたい!という日も、夜の入浴時にスキンピールバーを使って顔を洗えばいいだけですので、取り入れやすいですね。

スキンピールバーを使うのを注意した方がいい肌の状態

スキンピールバーを使うのを注意した方がいい肌の状態の人というのは、症状によってそれぞれでうが、現在進行形で肌に多くのニキビができてしまっている人です。

ピーリングには、ニキビを予防する効果は優れていても、できてしまっているニキビを治療する効果はあまりないからです。毛穴に古い角質が溜まり、炎症を起こして出現するのがニキビなわけですから、古い角質を除去し、毛穴を清潔な状態にしておけば、ニキビはできにくくなります。

それで、ピーリングはニキビの予防になるわけです。しかし、現在進行形でニキビが発生している場合は、既に古い角質が炎症を起こしている状態ですから、ピーリングで古い角質を除去することができません。

逆に、刺激を与えることで炎症をひどくしてしまう可能性もありますので、ピーリングを行いたい場合は、炎症が引いてから行うようにしましょう。

ニキビがひどいからといって、過剰なスキンケアを繰り返すと、ターンオーバーが結果的に遅くなり、治るものも治らなくなるので、肌荒れした時は、シンプルなケアを心がけてください。

ピーリング後の機器を使った美容成分導入法

上記でもご説明したとおり、スキンピールバーを使ったあとは、肌の古い角質や汚れが取り除かれ、裸の状態になっています。その状態の時に、スキンケアで水分を吸収させてくださいと説明しましたが、さらにより美容成分を肌に吸収させるために、機器を使うこともオススメです。

イオン導入機やビタミンC導入機などの美容機器を聞いたことがありますか?家電量販店でも最近では気軽に購入することができる美容機器を使って、ビタミンCやプラセンタなど美肌効果の高いの濃度の濃い美容液を肌に入れ込みます。

化粧水などよりもちろん濃厚な美容成分が配合されているので、裸状態の肌はグングンと吸い込んでくれるでしょう。見違えたようなハリとツヤのある肌になること間違いなしです!

まとめ

スキンピールバーの存在を既に知っていた方も、知らなかった方も、スキンピールバーについて深く知ることができたでしょうか。どうしても年齢と共に肌の悩みは増えてくるものです。その悩みを打破するべくスキンピールバーが救いのアイテムとなればいいですね。

関連記事