17日間で痩せる?大注目のモレノ式ダイエットで今度こそ痩せる!やり方やメニューを紹介します!

17日間で痩せる?大注目のモレノ式ダイエットで今度こそ痩せる!やり方やメニューを紹介します!

リバウンドしないのは素晴らしいので、ぜひ試してみたいです!

モレノ博士の著書「17日間ダイエット」としてアメリカで130万部を売り上げたモレノ式ダイエット。アメリカのテレビ番組や、日本のタレントが「短期間でこんなに痩せた!」と宣伝したことで話題となっています。

激的な効果を生むモレノ式ダイエットは一体どんなことをするダイエットなのでしょうか?いろんなダイエットを試してみたけど、すぐリバウンドしてしまう人はこちらのダイエットに挑戦してみませんか?

「モレノ式ダイエット」ってなに?

モレノ式とは、アメリカで話題のマイケル・ラファエル・モレノというドクターが考案しているダイエットです。「一生太らない」また「絶対にリバウンドしない」というキャッチコピーで日本でも本になって売られています。

モレノ式ダイエットの基本は、ほかのダイエットと同じく食事の調整とちょっとした運動にあります。この2つを医学的見地から考えて組み合わせて誕生したのがモレノ式ダイエットです。内容は「17日間ある約束事を守ってダイエットを続けること」にあります。

短期集中ダイエット、と聞いて17日間で痩せられると思われがちですが、正しくは17日間で1セットです。そのセットを4回、つまり68日続けることで、そのサイクルを体に覚え込ませてリバウンドを防ぐということですね。

このモレノ式ダイエットはすごく効果があるので17日間でも十分体重減少を図ることができますが、4セット続けてほかのダイエットでもありがちのリバウンドを起こらないようにするのが大切なのです。モレノ式ダイエットで無理のないように、楽しく、コツコツと続けていきましょう!

「17日間」ってどういうこと?

さて、17日間とはどういうことでしょうか?まずはこの17日間を「促進期」「活性期」「確立期」「達成期」の4つに分けます。「促進期」は体重を一気に落とす期間で、野菜やフルーツ、魚や卵を中心にした献立にします。「活性期」は少しだけ炭水化物をプラスした食事にします。

「確立期」は一般的なノーマルな食事で安定を図ります。最後の「達成期」は体重を維持させる期間です。このサイクルをひとつとし、食生活を見直すことで高い基礎代謝を備える体にしていきます。それに合わせて、1日に17分以上の有酸素運動を取り入れて脂肪の燃焼に導きます。

数字の「17」でセットで覚えておくと良いですね。また、1日にたくさんの水を飲み、老廃物のデトックス効果を促しましょう。その期間ごとの決められたメニューを守るため、お菓子やアルコールの摂取はNGですので気をつけましょう。

もうすこし体重を落とすスピードをあげたければ、有酸素運動の量を増やすこともおすすめです。食事を抜くことはサイクルの乱れに繋がるので、しっかりと決められた範囲で食事をとりましょう。また、ゆっくりと噛むことで満腹中枢を刺激することも大事です。

「17日間」であることのメリット

モレノ式ダイエットが推す17日間というキーワードはダイエットとしてとても有効です。どのようなダイエットも続けることが前提ですが、多くの人が経験のある通り、必ず飽きがきてしまうのです。せっかく頑張ってダイエットしても、間食してしまえば水の泡になってしまします。

その点モレノ式ダイエットなら、4日クリアすれば、だんだんと食事のボリュームがアップして食べられる食品が増えていきます。4日続ければ、その後嬉しいステップアップが待っているので、とてもモチベーションアップに繋がりますね。

4日という期間も続ける期間として、無理のこない間隔です。4日×4なら16日ですので、初期の一番絞れる「促進期」が続けられそう!と思ったら頑張って促進期に1日をプラスしてみましょう。続けるうちにみるみる体重が減少するので楽しくなってきますよ。

1週目は今体についている脂肪を燃焼させることが目的です。たくさんの水分をとって、老廃物や毒素を肉体から排出しましょう。2週目は、低カロリーと高カロリーの食事を交互に摂取し、隔日で断食期間を取り入れて、細かく体脂肪を刺激していきます。

3週目は、モレノ式ダイエットに慣れてきた体を維持したまま、規則正しい生活習慣に改善します。4週目で、リバウンドを起こさないように基礎代謝の定着を行います。

モレノ式ダイエットの驚きの体重マイナス効果!

モレノ式ダイエットの効果はたいへん驚きです。タレントの春香クリスティーンさんは、1サイクル、17日間終わっただけでなんと体重-7.5㎏、ウエスト-16.5cmのサイズダウンという驚くべき効果が出ています。

菊池亜美さんも体重-4kgの減量、ウエスト-9cmのサイズダウンに成功しているのだから効果は一目瞭然ですね。たった1サイクルでもこんなに効果があるなら、体重計に乗るのがとっても楽しみになります。最初の促進期だけで1~2kg痩せる人もいますよ。

すぐさま変化が嬉しいところですね。しかしここでやめてしまうと元の体重に戻ってしまいますから、このあとの活性期、確立期、達成期と正しいサイクルを守っていきましょう。そうすれば68日後にはもう絶対に太らない体を手に入れることができます。

目標は17日間の1サイクルで2~4kgほど、68日後には7~10kgほどの体を保つつもりでいると良いようです。現時点で痩せている人もさらにスリムな体を目指せますよ。

一気に体重をふるい落とす「促進期」

促進期は一気に体重を絞る期間です。メインの食材は野菜にし、炭水化物を極力抑えます。野菜やフルーツ、ヨーグルトなどにし、よく水分をとって消化器系の調子を整えます。果糖などの糖分を含むフルーツは午後2時以降はきっぱりととらないようにしましょう。

1日の摂取カロリーの目安は1,200キロカロリーです。ここで目標体重まで落ちれば、活性期と確立期を飛ばして達成期に移行してもオーケーです。目標に届かなかった場合は、次のサイクル活性期に進んでいきましょう。

運動は「17分間」以上、ジョギングが最適ですが、難しければウォーキングでも大丈夫です。動きやすい格好に着替えて背筋を伸ばして腰のシェイプを意識しながら歩きましょう。水分は水か緑茶にします。

それ以外のジュースやアルコールは控えます。一見ジュースは野菜ジュースなどならいいんじゃないかと思いがちですが、野菜ジュースは製品として維持させるための成分も入っていますし、フルーツ類の果糖系糖分を含むため、ジュースの中でもかなりのカロリーを有しています。

規則正しい食生活のために、野菜やフルーツは自然そのものとして食事のときにとると良いでしょう。

野菜・卵などがおすすめの「促進期」メニュー

促進期に食べて良いものは、野菜、糖分の少ないフルーツ、脂肪の少ないたんぱく質、ヨーグルト、少量の良質の油です。野菜でNGなのはかぼちゃやアボカド。こちらは炭水化物に近い油分をたくさん含んでいるためおすすめできません。それ以外の野菜をサラダにして食べましょう。

サラダのドレッシングはノンオイルドレッシングで低カロリーに抑えましょう。1日の食事メニュー例としては、朝食にフルーツの盛り合わせとヨーグルト、昼食に焼き魚と野菜スティック、夕食に鳥のささみのソテーと温野菜のサラダなどです。

魚や肉も、むね肉やささみであれば食べてかまいません。卵も少量ならオーケーなので、お腹が空いている朝は目玉焼きと大盛りの野菜サラダがいいかもしれませんね。ゆで卵にしてサラダと一緒に食べれば、かなりお腹に溜まります。

オリーブオイルや亜麻仁油など、少量な良質な油なら使えるので、魚やお肉を焼くときに利用しましょう。蒸し鶏もおすすめです。味付けは塩こしょうや、味噌などの発酵食品で変化を加えると良いでしょう。

食事が終わって口寂しいときは、無糖のコーヒーや紅茶にシナモンで風味をつけて飲めば、リラックス効果も得られますよ。

促進期と活性期面メニューを交互に行う「活性期」

次の4日間は活性期。この期間は、促進期の食事と活性期の食事を交互にとる隔日断食スタイルです。断食と言っても、何も食べないということではないのでご安心ください。1日の摂取カロリーの目安は1,500キロカロリーまであがります。

活性期で食べてオーケーになる食材は、魚と鶏以外の肉類(脂肪や鶏皮など油分の多いものは除く)、自然の天然炭水化物である、玄米や、豆腐・納豆・じゃがいも・さつまいも・コーン・クスクスなどです。こちらはいくらでも食べていいわけではなく、80gを1日2回までにしておきましょう。

促進期の低カロリー食と順番にとることで、急激なカロリー増加を抑えます。17分以上の有酸素運動とたくさんの水分をとることも続けてください。食事の量だけを減らしていくと、すぐに減少に至るものの、すぐにリバウンドするか、ストップしてしまう場合があります。

このような体質を根本から修正し、現在の代謝をアップグレードさせることで、促進期の脂肪燃焼モードを保っていきます。ちょっと食材が豪華になったことで気を抜かないように、炭水化物の量をしっかり量り、促進期と交互の食事スタイルを保ちましょう。気持ち的には、まだ促進期、たまに少しだけ豪華に・・・と思うくらいが丁度いいかもしれませんね。

大豆系や、魚鶏以外の肉類を加える「活性期」メニュー

活性期の食事メニュー例をあげるなら、1日目は朝食を玄米、みそ汁、豆腐、目玉焼き、サラダ。昼食を玄米と焼き魚に。夕食はしょうが焼き、ごぼうサラダにして、二日目は促進期と同じ野菜、フルーツ中心の食事に。

三日目の朝食は玄米、納豆、鶏肉のソテー、昼食は玄米、牛肉とえのき茸の炒めものとサラダ、夕食は野菜炒め、などがおすすめです。魚もお肉も食べられるようになるので、味の種類や料理のレパートリーも増えて嬉しいですね。

ただし炭水化物のとり過ぎは禁物です。豆腐や納豆は基本的にほかのダイエットでもよく食べられる低カロリー、高たんぱくの材料なので積極的に取り入れて良いでしょう。同じ炭水化物でも、玄米やさつまいも、じゃがいもなどは脂肪になりやすいので、特に食べ過ぎないように量を調整してください。

どの炭水化物をとろうか迷っているならおすすめは玄米です。やはり日本人の食卓に馴染みの深いお米は、満足感と満腹感を得ることができます。あわせて食べ順ダイエットのように、さきに汁物や野菜を口にして血糖値のあがり方をゆるやかにすればさらに良いダイエット効果をもたらすでしょう。

健康的な食習慣で体重を定着させる「確立期」

確立期は、健康的を意識したノーマルな食生活に変えていきます。減量のスピードがやや落ちているので、自己管理によって確実に体重を落としていきます。促進期と活性期と同じく運動することが必要ですが、2つの期間よりも確実に摂取カロリーが高くなるため、運動量を少し増やします。

1週間で150分~300分の有酸素運動が理想です。運動量を増やすことで、脂肪を燃焼させる減量のスピードを落とさないようにしましょう。食事の傾向はヘルシー路線ですが、パンやパスタなども食べられるようになりますよ。アルコールも1日1杯程度なら摂取をしても大丈夫です。

腸内の健康に関係するヨーグルトなどのプロバイオティクスなどの食品であれば、おやつとして食べることもできます。整腸作用がデトックス効果にもなるからですね。ただし、炭水化物が増えるので、その代わりに肉や魚類などのたんぱく質は摂取量を減らしましょう。つねに腹八分目にとどめておくのが理想です。

これまでの促進期と活性期のおかげで、少ない量で満足できるようになっているはずなので、モレノ式ダイエットを始める前の自分の食事量と比べて、それよりもやや少ない量になることを確認しましょう。

炭水化物も選べる「確立期」メニュー

ヘルシーな食事を目指した献立例は、とってもたくさんあります。パンやパスタを中心に、ほぼ組み込めるようになったのが嬉しいですね。健康的なメニューの例は、朝食にトーストとヨーグルトとサラダ、昼食にたらこスパゲッティーとサラダ、夕食にチンジャオロースとコンソメスープなどです。

おやつにはブルーベリーヨーグルトなどもいいですね。ほかにも朝食から夕食になるにつれて食事のボリュームを落とすことで、本来人間に必要なエネルギーが夜に溜まらないようにすると効果的です。

一例としては、朝食にごはんと牛肉と卵の炒めもの、昼食にトーストと豚肉となすのねぎ塩トマト炒め、夕食にロールキャベツとオニオンスープなどです。

朝食にしっかりと炭水化物のごはんを食べることで頭を活性化させて日中の活動を元気よくこなせるように、また朝から夕方までの活動期にしっかりと摂取したカロリーが消費されるようにします。

夕食後はジョギングやウォーキングに出かける人以外は、さらっとカロリー控えめにすると減量ペースをアップすることが可能です。水や緑茶も忘れずにどんどん飲んでデトックスに導きましょう。

体重をキープ、ご褒美デーもオーケーの「達成期」

達成期は、目標体重に届いたことが想定されて作られたメンテナンスの期間です。モレノ式ダイエットに真剣に取り組めば、必ず体重が減っているはずです。その減った体重をキープすることが最優先です。

平日は体の体調やその日の運動量に合わせて、促進期、活性期、確立期の好きなメニューを取り入れましょう。ここまで続けてきた人なら、1食を促進期のメニューにすることもできると思います。より痩せたい人は積極的に取り入れましょう。

17分以上の有酸素運動も続けつつ、2リットル程の水分をとってくださいね。週末はご褒美デーとして、好きなものをほどほどに食べてオーケーです。そうすることでストレスをふっとばして、今度の現実的な食事スタイルに馴染ませていきます。

もしこの期間に体重が2~3キロ太ってしまったら、活性期の野菜や卵、魚、鶏肉の食事メニューに戻りましょう。元の体重に戻るまで続けることが大切です。この期間は毎日体重計に乗るようにして、大きな変化がないかチェックするのが良いでしょう。

食事制限によって消化器官のストレスを軽減させて正常化し、体質を改善するのがモレノ式ダイエットです。栄養バランスのとれた食事をメニューに取り入れることで、リバウンドを起こさない、長期間に渡るダイエット効果を実現します。

今までの食事を集約と、ご褒美の「達成期」メニュー

達成期は、これまでの食生活と運動、摂取する水分を継続しながら、週末にご褒美デーを作り、これまでの三つの期間で減った体重をキープしていく期間です。平日は、促進期、活性期、確立期の中で好きな食事を取り入れます。

一番楽なのはたくさんの炭水化物が選べる確立期ですが、少し頑張れるようなら促進期、活性期のよりヘルシーな食事を取り入れましょう。週末は好きなものを適度に食べてかまいません。たとえばチョコレートケーキや、ジュースなんかも大丈夫です。

どれだけ食べてもいいというわけではないので、あくまで食べ過ぎないようにそこだけ注意しましょう。ご褒美デーの食事メニューは、たとえば朝食にオムライスとサラダ、イチゴヨーグルト、昼食にミートスパゲッティーとサラダ、ショートケーキ、夕食に玄米、ビーフシチュー、コンポタージュスープなどでしょうか。

適度に促進期、活性期、確立期で学んだ健康的な食生活を取り入れて、なおかつダイエットでは食べることができないケーキなども加えています。達成期のあとは、体が十分な基礎代謝能力を備えておりリバウンドに強い体になっていますが、これまでの食生活と運動習慣を忘れずに、あまり羽目を外さないようにしていきましょう。

ダイエット成功の秘訣「有酸素運動」

脂肪燃焼の仕組みを簡単に説明すると、有酸素運動をし体を動かすエネルギーが必要と脳が判断すると、脂肪を分解してエネルギーに変換するよう命令をする、アドレナリン系の脂肪動員ホルモンが生成されて脂肪分解酵素が活性化する、脂肪が脂肪酸に分解されて血液中に発散され、脂肪酸がエネルギーとして出て行く、ということです。

モレノ式ダイエットの有酸素運動量は「促進期」と「活性期」が17分以上、「確立期」「達成期」は1日45~60分が目標です。ジョギングやウォーキングが最適ですが、なかなか1日のスケジュールに組み込むのが難しい人もいると思います。そういう場合は、自宅でできるエクササイズを行いましょう。

17分でできるダイエットとしてアメリカのテレビでドクター達が推進したエクササイズも存在します。ひとつは立ったまま腕を水平に重ねて、片足ずつ膝をあげて手のひらまで持っていくエクササイズです。

ポイントは、手と膝を合わせるときに背筋を猫背にしないこと、これではエクササイズの効果は得られないので注意です。リズムよく、一定間隔で行うには、ノリの良い音楽に合わせると良いでしょう。自分の好きな曲を合わせてくださいね。

もうひとつは、同じく腕を水平にして膝をあげたときに、あげた側に向かって上半身を捻ることです。リズムに合わせて行えば17分はあっという間なので、時間がなくて外にいけない人や、雨の日はこういったエクササイズで有酸素運動をこなしましょう。

ダイエット成功の秘訣「2リットルの水」

モレノ式ダイエットは、たくさんの水を飲んで体の中の老廃物や毒素を排出することが重要です。目安は1日に250cc×8杯の水を飲むことです。つまり1日2リットルということですね。2リットルのペットボトルのお茶などを購入して、次の日からはその空のペットボトルに水や緑茶をいれておくと節約になるでしょう。

水が不足すると、せっかく有酸素運動をしても代謝が滞り、体重の減り方も減ってしまうので注意しましょう。尿意を我慢せずにどんどん排出すれば、血液もさらさらになります。ちなみに頻尿と呼ばれる回数は1日8回からですが、モレノ式ダイエットの場合はかなり水分をとるのでトイレの回数は気にしなくて大丈夫でしょう。

また、食事の前に必ず1杯飲むことを心がけると、消化器系の働きがスムーズになり食べ物の消化が早まりますよ。モレノ式ダイエット中は、必ず水か緑茶を飲むようにしましょう。緑茶は脂肪燃焼のサポート効果があるためおすすめです。

コーヒーや紅茶などは無糖であれば飲んでもかまいませんが、1日2リットルのカウントに含むのはやめておきましょう。そのほかのジュースや豆乳などの健康飲料は、カロリーが高いため飲まないようにしましょう。

寝る前は1杯の水を飲むことで、睡眠中に汗として出て行ってしまう水分を補給することができます。寝ている間に血液の循環を正常に整えるためにも飲んでおきましょう。

失敗の理由「途中で気を抜いてしまう」

モレノ式ダイエットは17日間×4回の68日スタイルです。68日をストイックにこなせれば見違えるほどスリムで健康的な体が手に入ります。しかしモレノ式ダイエットは17日間でも十分体重を落とすことができます。

特に一番最初の促進期で一気に体重を振り落とすため、そこで「やった!痩せた!」と思って気を抜いてしまう人は今後リバウンドに発展する可能性が非常に高いです。最初の野菜や魚中心の促進期は一時的にカロリーを減らしただけなので、その減量を定着させるための活性期、確立期、達成期の期間がとても大事なのです。

だからここはぐっとこらえて、しっかりと食事のメニューと約束事を守りましょう。4日経てば、食事に使える食品が増えてくる!とプラス思考に考えてダイエットを続けていきましょう。活性期も我慢時です。食べられるたんぱく質の素材を楽しみながら、炭水化物を抑えましょう。

活性期は魚介類ではエビや、カニや、ホタテ貝、肉類では、もも肉や、すね肉など赤味の切り身を駆使して乗り切りましょう。また、どうしても仕事や友人との付き合いでメニュー以外の食事を食べなければいけないなら、有酸素運動を少し増やすか、次の食事のカロリーを減らすか、サイクルを1日伸ばしてメニューを繰り返して太らないように心がけましょう。

失敗の理由「有酸素運動をやめてしまう」

モレノ式ダイエットは食事メニューだけで、かなりのシェイプアップを目指せます。これまで牛丼やカレーライスなど好きな料理を食べていたところから、一気に野菜中心の食生活になるのだから当然です。しかし、有酸素運動こそがモレノ式ダイエットが「リバウンドが来ない」と謳っている理由なのです。

リバウンドというのは、「ホメオスタシス」の機能が関係しています。ホメオスタシスとは、急激な体の変化を抑える働きをもち、ダイエットにおいてもエネルギーの消費を減らして現状の体を維持しようとします。

ダイエットにはあまり嬉しくない機能ですね。この機能は、1カ月に5%以上の体重が減ると、最大限作用する仕組みになっています。なので、超短期間で爆痩せする!というダイエットにリバウンドが多いのはそういうことなのですね。そのためゆっくりと5%以内の体重減少を目指すのが良いとされています。

このホメオスタシスは、続けていたダイエットを中断した場合にも活発に機能します。途中でダイエット前の食事に戻した場合は、カロリー摂取が多いのに、エネルギー消費は少なくなっているという悲惨な結果になってしまいます。そうさせないために、脂肪を燃焼させる有酸素運動を続けることが大切なのです。

また満腹中枢を刺激して満腹感を与える「レプチン」と呼ばれる物質は、食事量に比例して減少していきます。ダイエットを中断すると、レプチンの量は少ないままで、元の量に戻るまで1カ月かかることもあるのです。かえって体重が増えてしまうこともあるため、頑張って続けましょう。

モレノ式ダイエットが向いてる人は?

それではモレノ式ダイエットはどんな人に向いているのでしょうか?まずは、主婦やフリーランスなど、食事の融通や運動の時間がとりやすい人です。食事メニューを決められるのが一番のポイントです。

ほかにも、体重を減らすだけでなく、美容や健康も手に入れたい人にもおすすめです。モレノ式ダイエットは食事を食べないという選択ではなく、過剰な量を調整して健康的な体を作ることにあります。

一番絞る最初の促進期でも、野菜やフルーツから美容に良いたくさんのビタミンを、鶏や卵から良質のたんぱく質を、それからどの食品にも少しは入っている炭水化物も適度に摂取できます。消化器系が鍛えられて体の内側からキレイになれますよ。豊富なビタミン群は美肌を作るのにばっちりです。

ビタミンはサプリメントよりも野菜やフルーツから直にとる方が体に浸透しやすいと言います。また、料理が得意な人にもおすすめです。それぞれの期間で食べていい食材を使って、様々なレシピを考案して飽きがこないように工夫をしましょう。香辛料を変えるだけでもかなり味の変化が期待できますよ。

あまり得意でない人も大丈夫、インターネットで食材から料理を探せばいろいろなレシピが出てきますので、チャレンジしましょう。また、「あの日までに痩せたい!」と具体的な予定がある人にも向いています。スケジュールから逆算してモレノ式ダイエットを始めてみましょう。

モレノ式ダイエットで特におすすめしたい食材

モレノ式ダイエットは全サイクルで野菜を食べることが推奨されていますが、その中でもおすすめの食材は、キャベツやカリフラワー、ブロッコリーなどアブラナ科の野菜です。

アブラナ科の野菜は、ビタミンB、ビタミンC、カロテン、鉄分などを豊富に含み、肝臓など消化器系の機能を向上させ体内の脂肪を分解してくれます。また、食感と満腹感を楽しみたいならこんにゃくもおすすめです。

こんにゃくはほとんどカロリーがないため、どのようなダイエットでもたびたび登場しています。発酵食品の味噌で食べれば、健康的ですごく美味しいですよ。食物繊維も多く含まれていて、食後の血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

食事のレパートリーにぜひ加えてみてくださいね。味噌は、角層でセラミドを合成する酵素を活性化させることで、肌の保湿とキメを回復する効果が発表されている美肌にも嬉しい食材なので、合わせて取り入れるといいですよ。

また、鶏肉の調理方法で一番おすすめなのが蒸すことです。余分な油分が流れていくのでカロリーが抑えられヘルシーになります。続いて焼くことがおすすめです。その際使う油は、少量のオリーブオイルが良いでしょう。メニューの参考にしてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?モレノ式ダイエットはドクター目線で考えた太らない理由のあるダイエットですね。痩せた姿を披露したい日にちが決まっているならおすすめのダイエットです。この機会にぜひ試してみてくださいね。

関連記事