アディポネクチンの働きとは?ダイエットに関係あるの?基本情報や増やす食品についてご紹介します!

アディポネクチンの働きとは?ダイエットに関係あるの?基本情報や増やす食品についてご紹介します!

アディポネクチンの効果がすごすぎて、生活習慣を見直そうと思いました!

ダイエットなど健康管理を行う上でどんなものを食べるのかというのに神経を尖らせていると思います。食べ合わせや調理の仕方などによって得られる栄養量も変わってきます。

今回はアディポネクチンとはどういうものなのかについて効果やどのような食品に含まれているかなどについて紹介させて頂きます。この記事を通して、ダイエットなどの参考になって頂けたら幸いです。

アディポネクチンとはどういうものなのか

まず最初に初めて聞いたという方のためにもアディポネクチンについて紹介させて頂きます。アディポネクチンは体の脂肪細胞から分泌されているホルモンです。1996年にその存在が発見され、世界中の医学界で注目されるようになりました。

このホルモンは長寿のためのカギになっていると言われており、メタボリックシンドローム、高血圧、高脂血症、動脈硬化、糖尿病,がんの予防と改善に効果があるとされているからです。これを聞くと、脂肪に対する考え方も少し変わったのではないでしょうか?

脂肪と言えば、食べたものをエネルギーとして貯めたり、体温を保つためのものという認識が強いと思われます。しかし、アディポネクチンの存在がその概念を覆したとも言えます。2013年に読売新聞でアディポネクチンに関する記事が掲載されて話題となりました。

食事制限や運動なしでもメタボリックシンドロームが解消されたというものです。こういったことから、アディポネクチンは世間から注目されるようになり、今日に至っています。

アディポネクチンがそんなに凄い存在と知って脂肪細胞を増やそうという方も中にはいると思います。しかし、そんな単純なものではないので、次の項目以降で具体的な所を紹介させて頂きます。

アディポネクチンの効果とは一体どういうものなのか

アディポネクチンの効果について説明させて頂きます。

1.血管の修復を行う

アディポネクチンは血管の修復を行う働きがあります。これにより、動脈硬化の予防・改善が見込め、脳卒中や心筋梗塞といった病気の予防に繋がるのです。

2.中性脂肪を減らしてくれる

中性脂肪は脂肪肝や肥満、動脈硬化といったものの原因になります。アディポネクチンがこの中性脂肪を減らすことにより、メタボリックシンドローム対策に繋がります。

3.高血圧を予防する

アディポネクチンには血管を拡張してくれる働きがあり、血流を改善してくれます。これにより、高血圧の予防・改善が見込めます。それにより、脳卒中などの病気の予防にもなるのです。

4.抗がん作用がある

アディポネクチンには腫瘍の増殖を抑制する働きがあり、抗がん作用に繋がるのです。

5.高脂血症を改善してくれる

アディポネクチンは脂肪燃焼を促進する働きがあり、余分に脂肪が体内に蓄積するのを防ぎ、脂質異常症の予防・改善に繋がるのです。

6.老化防止になる

血管拡張などにより、効率よく栄養が全身に行き渡りやすくなるため、老化防止に繋がります。

7.血栓の予防になる

アディポネクチンは血栓の予防に働くと言われており、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐことができます。

8.インフルエンザの予防になる

アディポネクチンはインフルエンザを予防する働きがあると言われています。

アディポネクチンを増やすにはどうしたらいいのか

健康に非常に効果的なアディポネクチンを増やすにはどうすればいいのかと疑問に感じる方も多いと思われます。ここでは、アディポネクチンの増やし方について紹介させて頂きます。

1.内臓脂肪を減らしていく

内臓脂肪を減少させることがアディポネクチンを増やすことに繋がります。内臓脂肪は高血圧や糖尿病といった生活習慣病を引き起こすものです。有酸素運動と野菜中心の生活を行うことにより、内臓脂肪を減少させることがアディポネクチンを増加させる近道なのです。

2.禁煙をする

タバコには、アディポネクチンを減少させてしまいます。実際、喫煙者の方の血液を調べると、アディポネクチンやHDLコレステロール、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞が少ないという結果が出ております。こういったことから、禁煙をすることでアディポネクチンを増やし、健康な体を獲得することができるのです。

3.アスタキサンチンをサプリメントやコスメから摂取する

アスタキサンチンはカニやエビなどに含まれる天然由来の赤い色素です。アディポネクチンを増やす働きがあるとして注目されています。この作用に着目して、サプリメントやコスメを開発する所も増えています。

大きな所はこの3つが挙げられます。アディポネクチンに有効な食品や栄養素については次の項目で紹介させて頂きます。

アディポネクチンを増やすための食品について

ここでは、アディポネクチンを増やす食品には一体何があるのかについて紹介させて頂きます。

1.海藻類

わかめやひじきといった海藻類は、マグネシウムや食物繊維が豊富に含まれ、アディポネクチンを増やすのには最適な食品となっています。食物繊維は余分な脂肪を排出してくれるので、アディポネクチンを増やしやすい体内環境が出来上がるのです。

2.野菜・果物

トマト、ピーマン、キウイ、りんご、ぶどうにはオスモチンというアディポネクチンに似た働きを持つものが含まれていると言われています。

3.青魚

さんまやサバといった青魚にはEPAという栄養素が含まれており、アディポネクチンを増やす働きを持っています。EPAは人間の体では作ることができない脂肪酸で血管の柔軟性を出したり、中性脂肪の抑制、炎症やアレルギーを抑えるといった効果があります。

大きく3つのものが挙げられます。余分な脂肪を作らないという所は共通しており、いかにアディポネクチンが作りやすい環境を整えるか、が重要だというのが理解できたのではないでしょうか?今後の食生活の参考になれば幸いです。

アディポネクチンとインスリン抵抗性の関係性

脂肪細胞が増えることでアディポネクチンが増えにくいだけでなく、インスリン抵抗性が生じてくると言われています。ここでは、インスリン抵抗性とは一体どういうものなのか紹介させて頂きます。

インスリン抵抗性は肝臓や筋肉、脂肪細胞などにより、インスリンが正常に働きにくくなった状態のことを指します。もしそうなると、血糖値が下がらず、糖尿病を引き起こすとも言われています。この辺りはアディポネクチンと共通していると思います。

インスリン抵抗性が生じる原因として、肥満や高血圧、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症といったものが挙げられます。血糖値だけでなく、コレステロールといったものが複雑に絡み合うことで発生し、メタボリックシンドロームに発展します。

しかし、食事メニューの改善や有酸素運動を取り入れることにより、インスリン抵抗性は改善すると言われています。この辺りもアディポネクチンと共通しているので、インスリン抵抗性の改善によりアディポネクチンの増加に繋がると言えます。ダイエットの際にはこの2つのことを頭に入れておくといいかもしれないです。

アディポネクチンの正常値はどうなのか

アディポネクチンは健康に良いというのが十分理解できたと思います。ここでは、アディポネクチンの正常値とは一体どうなのかについて説明させて頂きます。アディポネクチンは血液検査によりどの位体内に含まれているかが分かります。

平均値として、男性が8.3µg/ml、女性が12.5µg/mlとなっており、どの世代においても女性の方が高めという結果が出ています。この数値は食事メニューなどを考える際には目安になるのではないでしょうか?

平均寿命も女性の方が高めという数値が出ており、こちらの方は知っている方も多いと思われます。アディポネクチンの数値が高ければ高いほど長生きすると言われており、積極的に増やしていきたいものです。

4µg/ml以下だとメタボリックシンドロームや糖尿病、がんといった病気になりやすいとされており、低アディポネクチン血症と言われています。ちなみに長生きしている人のアディポネクチンの数値は高いとされており、若い女性の平均値の倍近くを出しています。

アディポネクチンダイエットについて

アディポネクチンの基本的な所を押さえたと思いますので、アディポネクチンダイエットについて紹介させて頂きます。

こちらはアディポネクチンの増やし方や食品に関する項目と重複していますが、方法として、食生活を見直す、アディポネクチンを増やす食べ物を摂取する、オスモチンを含む食べ物を摂取する、適度に運動を行うの4つを行うだけです。

このダイエットの目的として、健康で太りにくい体と生活習慣を作る所にあります。食生活を見直す際にはレコーディングダイエットがおすすめです。

これは食べたものをただノートに書いて記録するというもので自分が今どの栄養素を摂りすぎているか、足りない栄養素は何かといったものを分析し、食事メニューを考えることができます。

食事の際に摂取していきたいのは食物繊維で余分な脂肪を取り除いて、アディポネクチンを増やしやすい環境を少しでも整えるのが大事です。

運動を行う際は有酸素運動を行うことにより、脂肪燃焼やエネルギー消費を効率よく行えます。筋トレを行う際はウォーキングなどの有酸素運動である程度脂肪燃焼を行ってからの方がおすすめと言えます。

メタボリックシンドロームについて

アディポネクチンを増やす上でメタボリックシンドロームとは一体どういうものなのかというのを知っておくのが大切です。ここでは、メタボリックシンドロームについて説明させて頂きます。

メタボリックシンドロームは内臓脂肪が蓄積され、高血圧や高血糖、高脂血症などの症状が一度に出るという考え方です。多くの人が予備軍とも言われており、自分とは無関係と言いにくい問題になっているのです。

高血圧や高脂血症など複数のものを持っていると、心筋梗塞や脳卒中といった病気に繋がります。メタボリックシンドロームと認定される診断基準について説明させて頂きます。

ウェストが男性85cm以上、女性が90cm以上とBMIが25以上に加えて、中性脂肪は150mg/dl、HDLコレステロールは40㎎/dl未満、収縮期血圧が130㎜Hg以上かつ拡張期血圧85㎜Hg以上、空腹時血糖が110mg/dl以上の内2つ以上該当するものがあるとメタボリックシンドロームと言われています。
日々の健康状態はどうなのか把握するのも大切です。

糖尿病って一体どういうものなのか

アディポネクチンは糖尿病にも効果的と言われています。多くの人が糖尿病に悩まされています。ここでは、糖尿病は一体どういうものなのかについて説明させて頂きます。

糖尿病はインスリン作用不足によって慢性の高血糖状態が起きる病気です。つまり、インスリンの作用が不十分であることで高血糖状態が続き、様々な合併症が生じるとされています。肥満数の増加などにより、糖尿病を発症する人が増えており、身近に存在する病気と言えます。

糖尿病は膵臓のβ細胞が破壊されることでインスリン不足が生じるⅠ型糖尿病とインスリンの分泌低下とインスリン抵抗性が上がることにより起きるⅡ型糖尿病の2つに分けられます。肥満の場合、Ⅱ型糖尿病であることが多いです。

糖尿病は随時血糖値が200mg/dl以上と高い血糖値なのが特徴的です。空腹時でも126mg/dl以上となっています。症状として、口の渇きやケガをしやすくなるといった症状から手足のしびれ、起立性低血圧、白内障といったものが見られます。

治療の際は食事や運動の見直し、薬を処方することがあります。この辺りはアディポネクチンを増やす対策と共通している部分もあります。

高脂血症とは一体どういうものなのか

アディポネクチンは高脂血症に効果的なのは前述にあった通りです。ここでは、高脂血症はどういうものかについて説明させて頂きます。

高脂血症はLDLコレステロールや中性脂肪、遊離脂肪酸、リン脂質が増加している病気のことです。糖尿病や高血圧などと同様に日々の生活習慣が大きく関係しているとされており、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中といった病気を引き起こしやすいと言われています。

LDLコレステロールに対し、HDLコレステロールが少ないのも特徴的です。症状として、アキレス腱に凹凸が見られたり、角膜に白色の混濁が見られるといったものがあります。治療は食事と運動習慣の見直しと薬物治療が主になってきます。BMIで25未満になるようにするのが大切で肥満にならないようにするのが大切です。

食事は卵黄、カステラ、マヨネーズ、かずのこ、すじこといった卵を控えめにするのが重要です。これらにはコレステロールが多いとされており、1日300mg以内にするのが目安となっています。すじこなどの魚卵は通風になりやすいという別の問題もあるので注意が必要となります。

心筋梗塞とは一体どういうものなのか

アディポネクチンは心筋梗塞の予防にも効果があるとされています。ここでは、心筋梗塞とはどういうものかについて説明させて頂きます。

心筋梗塞は心臓に十分な血液が行き届かず、心筋が壊死に陥った状態のことを指します。冠動脈という心臓の血管が動脈硬化によって狭くなったり、血栓により詰まったりすることで心筋が壊死を引き起こすと言われています。

死亡率も高く、危険な病気のひとつです。症状として、突然の胸の痛み、圧迫感といったものが特徴的で冷汗や吐き気、嘔吐、呼吸困難といったものがあります。狭心症の治療に用いられるニトログリセリンが効かないということも知られています。

治療として、CCUに入院し、安静第一で酸素投与が行う必要が出てきます。血栓を溶かしたり、合併症に対する治療が行われたりします。合併症によってはリハビリをどのくらい行うかといったことも決定するので、リスクの高い病気というのが分かるのではないでしょうか?

脳卒中とは一体どういうものなのか

アディポネクチンは脳卒中に効果があるとされています。脳卒中や脳梗塞などごちゃごちゃになっているという方もいるのではないでしょうか?ここでは、脳卒中とはどういうものか説明させて頂きます。

脳卒中は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3つのことを指します。日本人の死因でも上位に来るほどのポピュラーな病気として知られています。

脳梗塞は脳の血流が滞り、その部分が壊死することで起きる病気です。動脈硬化や血栓といったものが原因で脳に上手く血液が行き届かなくなるのが原因と言われています。高血圧や糖尿病といった生活習慣病から発展することもあります。

脳出血は文字通り、脳血管の出血で片麻痺や感覚障害などを引き起こすと言われています。どの部位で出血が起きるかにより、症状が変わってきたりします。

くも膜下出血は動脈瘤と呼ばれるものが破裂することで起きるとされており、脳卒中の中でも死亡率が高いということで有名です。認知症や尿失禁などが起きやすく、後遺症が重いとも言われています。

以上の3つの病気から体に重い障害を残す可能性もある気をつけなければならないというのが分かったと思います。予防には日々の生活習慣を見直していくことが重要です。

がんとは一体どういうものなのか

アディポネクチンはがんに有効とされています。ここではがんとはどういうものなのかについて紹介させて頂きます。

がんとは、悪性腫瘍のことを指します。血管やリンパ節に転移し、やがて死に至る病気です。無限にがん細胞が増殖するというのが厄介で一度治療を行ったとしても再発する危険性もあるので、長期に渡る治療が必要とも言えます。

肺がんや胃がん、大腸がん、肝臓がんといったものが挙げられます。中でも肝臓は沈黙の臓器とも言われており、他の所で起きる症状で初めて発覚するというケースも少なくないです。性別差では、男性に多めで女性は少なくなっていると言われています。

がんには、喫煙、何を食べていることが多いか、生活習慣はどうなのかといった部分が大きく関わっているとされており、生活習慣を見直すことでがんの予防に繋がるというのが理解できるのではないでしょうか?しかし、治療技術の向上により、がんの治癒率も向上しているのも確かです。

レプチンとは一体どういうものなのか

アディポネクチンに関係しているものとして、レプチンというものが挙げられます。ここでは、レプチンがどういうものかについて紹介させて頂きます。

レプチンはアディポネクチンと同じく、ホルモンの一種で食欲を抑える働きがあるとされています。脂肪が増加することにより、レプチンの分泌が高まり、肥満を防ぐことができるのです。

ですが、脂肪があまりに多すぎると、レプチンを過剰に分泌したとしても満腹中枢が反応しないということがあります。これをレプチン抵抗性と言い、肥満に繋がっていくのです。

レプチンが適切に働くことにより、血糖値を抑えることができ、糖尿病予防に繋がります。インスリンがあまり効かないといった時はこのレプチンが救世主になると言っても過言ではないです。また、エネルギー消費にも一枚噛んでいると言われており、肝臓に働きかけ、代謝を促進します。結果、体に余分な脂肪を溜めずに済むのです。

レプチンを増やしていくには、牡蠣やうなぎ、あさり、レバーといった食べ物に多く含まれていると言われています。これらには亜鉛が多く含まれていると言われており、亜鉛がレプチンを作り出す元となるのです。

TNFαとは一体どういうものなのか

アディポネクチンに関係しているものとして、他にはTNFαというものが挙げられます。ここでは、TNFαがどういうものかについて紹介させて頂きます。TNFαはマクロファージから作られ、腫瘍細胞を壊死させる働きがあると言われています。

インスリンの働きを妨げる働きがあります。結果、糖尿病を引き起こす恐れもあるのです。他にも血栓の形成やミトコンドリアの動きを邪魔する。血液凝固の促進など人体に悪影響を及ぼしていきます。

そういったことを踏まえると、高脂血症や高血糖がある場合、TNFαが多くなっているのも疑った方がいいかもしれないです。脳炎や脳症、細菌性髄膜炎といったTNFαの値が高い病気は予後が悪いとされているので要注意となっています。

一酸化窒素により、TNFαは抑制されると言われています。何より大事なのはアディポネクチンと同様に生活習慣を見直して、体内の脂肪が多すぎるという状態を改善するのが重要です。

PAI-1とは一体どういうものなのか

アディポネクチンに関係しているもののひとつとして、PAI-1があります。ここでは、PAI-1とは一体どういうものなのかについて紹介させて頂きます。PAI-1は脂肪細胞から分泌される物質のひとつで血液を固まらせる作用があります。

血栓ができると、それを溶かそうとするプラスミンという物質の働きを阻害し、血栓を大きくし、血流を滞らせようとします。高血圧や糖尿病、高脂血症などがあると、動脈硬化を進行させます。結果、心筋梗塞や脳梗塞といった病気に繋がっていくのです。

基準値として、43.0ng/ml以下とされています。敗血症や動脈硬化、心筋梗塞、がんなどが高い数値を出します。数々の炎症を引き起こす病気に多いとされており、特徴的な物質と言えます。

そうならないためにもTNFαの時と同様に日々の生活習慣を見直し、内臓脂肪を増やさないようにする対策が必要となっています。性質などから見てもアディポネクチンと対になっていると言えるのではないでしょうか?

アンジオテンシノーゲンとは一体どういうものなのか

アディポネクチンに関係しているものとして、アンギオテンシノーゲンがあります。ここでは、アンギオテンシノーゲンとは一体どういうものなのかを紹介させて頂きます。

アンギオテンシノーゲンは血圧を上昇させる働きがあるアンギオテンシンの分泌を促進する働きがあります。内臓脂肪が増加すると、分泌が促進され、血圧が上昇し、高血圧になるのです。アンギオテンシンがカリウムの排泄を促進し、ナトリウムの再吸収を促進させると言われています。

この結果、血液の水分量が増加し、血圧の上昇に繋がるのです。アンギオテンシノーゲンは肝臓で作られています。この辺りは肝臓と腎臓が上手く働くことで血圧を調整しています。降圧剤はアンギオテンシンの働きを阻害するという部分に着目して作られていると言っても過言ではないです。

アンギオテンシノーゲンを増やさないためにも、食事や運動といった日常生活の習慣を見直し、健康な体作りが重要となってきます。アディポネクチンと対極に位置している物質と言えます。

生活習慣の改善のヒント~コーヒー編~

アディポネクチンを増やしていくために一体どういう部分に気をつけたらいいのかという声も多いのではないかと思います。その方法として、コーヒーを飲むことが挙げられます。

コーヒーを飲むことでアディポネクチンの量が飲んでいない人に比べて多いと言われています。ハーバード大学でも実験が行われ、同様の結果が得られています。

コーヒーは昔、薬として用いられてきました。頭痛などに対して効果があるとされていたようです。栄養として、カフェインやポリフェノール、タンニン、クロロゲン酸といったものがあります。

効果として、平滑筋を弛緩させて気管支喘息や狭心症対策になる、眠気や疲労感を取り除いてリラックスさせる、腎臓に作用して利尿作用を促進させる、二日酔いに効果的、偏頭痛の予防、パーキンソン病や認知症の予防、心臓の収縮力を高めるといった効果あります。

アディポネクチンを増やす以外にも体にとってプラスになる効果が多くあります。朝に一杯飲んでみるだけでも大きく変わってくると言えるのではないでしょうか?

生活習慣改善のヒント~サプリメント編~

アディポネクチンを増やしていくためにはサプリメントの力を借りるのもひとつです。今回はそれを気軽に摂取できるサプリメントSP−18スリム DXについて紹介させて頂きます。

SP−18スリム DXはアディポネクチンの分泌を促進し、脂肪燃焼を助けるサプリメントとして知られています。アディポネクチンを分泌させるサプリメントとして、特許も取得済みです。

魚鱗コラーゲンやL-カルチニン、α-リポ酸、カプサイシン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6も配合されているので美容にも効果的なサプリメントなのです。1日2~4粒摂取するだけで食前や運動の30分前に摂取するといいとされています。

さらに、アディポネクチンは美容にいいということでこのサプリメントは高い需要があると言えます。90粒で16200円で送料無料となっています。定期コースなどを利用すると、安く購入できるのが嬉しい所です。

主成分は100%植物性成分由来にこだわっており、高い品質を誇るサプリメントとなっています。日々の食事をサポートするのにピッタリなのでおすすめです。

生活習慣の改善のヒント~ミドリムシ編~

アディポネクチンを増やしていくためにはミドリムシが効果的と言われています。今回はミドリムシについて紹介させて頂きます。

ミドリムシはビタミンやミネラルなど59種類の豊富な栄養素を含んでいると話題の生物でサプリメントにも多数使用されています。独自成分のパラロミンやアディポネクチンを増やす作用があります。

ミドリムシを用いたサプリメントの一番のメリットは体内での吸収率の高さにあります。通常の野菜はセルロースという細胞壁が邪魔しており、吸収率は約40%と言われています。しかし、ミドリムシの場合はセルロースがない関係上、吸収率が約93.1%とほぼ全て吸収できるのです。

ミドリムシのサプリメントにはどのようなものがあるのかいくつか紹介させて頂きます。まずは小林製薬から発売されている石垣島のユーグレナです。こちらはビタミンやミネラルといった豊富な栄養素が含まれています。

しかも、GABA、ゼアキサンチン、クロロフィル、パラミロン、ルテインという話題の栄養素が含まれているのがおすすめな所です。もうひとつはミドリムシ市場のミドリムシエメラルドです。こちらはコエンザイムQ10や葉酸といった不足しがちの栄養素が補えます。

このようにミドリムシを用いたサプリメントはアディポネクチンを増やすだけでなく、私達が日常生活の中で不足しがちな栄養素を補えるというのは非常に大きなメリットなのでおすすめです。

まとめ

今回、アディポネクチンの効果を中心に紹介させて頂きました。この記事を通して、自分の生活習慣を見直し、より健康的な生活を送って頂いたらなと思います。

関連記事