雑誌の付録のバッグ 正直あなたは使ってる?

雑誌の付録のバッグ 正直あなたは使ってる?

え、それ付録なの?
有名ブランドとのコラボや、人気キャラクターをモチーフにしたアイテムなど、今や雑誌購入時の決め手になると言っても過言ではない「付録」! 中でも定番アイテムと言えば、やっぱりバッグですよね。でも、正直使うことに抵抗はある? ない?

■友だちとかぶっても気にしない! アリ派の意見

「『otona MUSE』の付録で、梨花さんがディレクションを手掛ける『LI HUA』のロゴが入ったバッグを通勤用サブバッグとして使っています。シンプルなデザインなので、付録感がなく重宝しています」(アパレル・25歳)

「今年の夏フェスは『sweet』付録のミニポシェットで参戦しました! iPhoneとお金、リップが入るちょうど良いサイズを持っていなかったので、大切にしています。とっても使いやすい!」(出版・28歳)

「『GLOW』に付いていた『DEAN & DELUCA』の保冷バッグが、ママ友の間で話題になり、気付いたらみんなお揃いでした」(主婦・32歳)

「『BEAMS BOY』とコラボした『リンネル』の付録のリュック。デザインが好みで、思わず購入してしまいました! 友人にも『それどこの?』とよく聞かれるお気に入りです」(飲食・29歳)

「ランチタイムに使っているお弁当を入れるバッグは、愛用して3年ほど。付録といえど、作りもしっかりしているので愛着を持って使っています」(事務・26歳)

デイリー使いからイベントごとまで、シーンを問わず使っているという意見が多数! そのままではなく、チャームやスカーフを付けて簡単にアレンジしているという人も……♪

■使っちゃってるよ~と思われたくない! ナシ派の意見

「他の人が使っているのは気にならないけど、なんとなくデイリー使いには抵抗があります。ポーチやキーケースは重宝しているんですけどね」(事務・25歳)

「電車で同じバッグを持っている人と隣になってしまい、気まずい空気になったことがあって以来使っていません。でもクローゼットの収納用として、活用していますよ」(営業・25歳)

実は、今回の周辺調査によると、ナシ派の意見はごく少数! 外では使わなくても、上手に活用している人もいるのは見習いたいアイディア!

■番外編 付録あるある!

「おばあちゃんやお母さんにあげたら、喜んでくれました」(学生・20歳)

「近所までのお出掛けならOK。コンビニや犬の散歩用として、家族みんなの共有バッグに(笑)」(教員・27歳)

「未使用のものは、フリマで売っています」(営業・28歳)

「使わないならちょうだい~」という家族あるあるですね(笑)。捨てるのはもったいないけど、必要な人がいるなら、「譲る」「売る」という選択で、みんながハッピーに!

マチのある丈夫なトート、旅行に便利そうなエコバッグ、おしゃれの幅を広げてくれるリュック、イベントシーンにも対応できるクラッチバッグなど、多岐にわたる付録のバッグ! 最近のアイテムは、クオリティが高いものばかりなので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

(関紋加/ノオト)

関連記事