やらなきゃ損! ヘアカラーの色をできるだけ保つケア方法

やらなきゃ損! ヘアカラーの色をできるだけ保つケア方法

長く楽しみたい!
季節の変化や気分に合わせてヘアカラーを変えると、なんだかウキウキしますよね♪ と、喜ぶのもつかの間、カラーがすぐに落ちてしまって残念な気持ちに……なんて経験はありませんか?

それ、実はヘアカラー後のケアが間違っているのかもしれません。ヘアカラーを長持ちさせるにはいったいどんなケアをすれば良いのでしょうか?

■シャンプーの選び方

ラウレル硫酸など、硫酸やオレフィン-スルホン酸が入ってるシャンプーを使うと、色が早く落ちてしまうので気をつけてください

洗浄力が強すぎるシャンプーでは、カラーも落ちやすくなってしまうのだとか。また、カラーリング後の髪はアルカリ性になりやすいので、弱酸性やアミノ酸系のシャンプーを利用すると良いのだそう。

■シャンプーの方法

美容室でヘアカラーをした当日と翌日の2日間は、できるだけシャンプーを控えてください。どうしても洗う場合は、軽めのシャンプーにして38度のぬるま湯で頭皮をもみ洗いしましょう。

カラーをした当日だけではなく、その次の日も洗わないほうが良いんですね! その後も、あまりゴシゴシ洗いすぎず短時間で洗うようにすると、ダメージが少ないそう。髪の毛を洗うというよりは、頭皮のみ皮脂を落とすイメージで洗うと、必要以上に髪に刺激を与えなくて済みそうですね。

■ヘアケア

ヘアカラー後は、優しくタオルドライをしドライヤーを使うときは髪に近づけず20㎝くらい離して8割程度乾かしましょう。

物理的な刺激でも髪にダメージを与えてしまうので、タオルドライもやさしくするのが基本! その他には、ドライヤーの前に洗い流さないトリートメントとしてオイルを付けておくと、ドライヤーの熱から髪を守ることができますね。

紫外線によってもカラーリングの染料やメラニン色素は攻撃をうけ、色素の構造変化してしまい「分解」されてしまい、褪色します。

紫外線対策もしっかりしておかないと色持ちが悪くなるそう。カラーをした後は、真夏でなくても髪にも使えるUVケアスプレーなどでケアしたほうが良さそうですね!
せっかくなら、お気に入りのカラーで過ごす期間は長いほうがうれしいですよね! ヘアカラーをした時には、ちょっとした手間を意識してみると、今よりもカラーが長持ちするかもしれませんよ♪

(きたざわあいこ+ノオト)

関連記事