乾燥で喉が不調な時に! 「梨の薬膳デザート」はいかが?

乾燥で喉が不調な時に! 「梨の薬膳デザート」はいかが?

レンチンだけでできる簡易版も★
乾燥が気になる季節。体調不良は喉からやってくる……という人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなちょっとした喉の不調の時にオススメしたいデザートをご紹介します。
秋のフルーツ・梨を使ったあったか薬膳デザート♪ じんわりジューシーな梨がおいしそう〜! このレシピをツイートしたのは、北海道の漢方相談店「ミドリ薬品」さん。

①. ヘタの部分を蓋になるように切っておく。
②. 実の部分の芯をスプーンでくりぬき、氷砂糖3個か、はちみつ(大匙1)とお水(大匙1)、生姜スライスを1かけ入れる。
③. ①の蓋をして、汁があふれるので深めの皿に入れて蒸し器で40~50分蒸す。柔らかくなり皮にヒビがはいってきたら完成。

忙しくてゆっくり作る時間がない人の場合は、梨を一口大に切って、みじん切りにしたショウガとはちみつをかけて、レンジで3分チンすれば簡易版が完成♪

梨には潤いを生んで渇きを癒す効果、はちみつには保湿作用や胃腸を元気にする働きが期待できるんだとか。乾燥している日にはぴったりの薬膳スイーツですね。Twitter上では、さっそく試している人が続々♪
梨の中にレーズンを入れています! ほかほかスパイシーなお味とのこと。カラダの芯から温まりそうですね。
ショウガにシナモンをプラス! 芳醇な香りを想像しただけでたまりませんね。ちなみに、シナモンは喉の痛みが強い時には控えめにした方が良いそうですよ。
はちみつに黒蜜、てんさい糖のシロップで作ったというユーザーも。スイートな仕上がりで、気分も上がりそう!

ミドリ薬品さんによると、皮ごと食べるのがオススメだというこの「梨の薬膳デザート」。食欲がない時に食べてハマったという人もいましたよ! 気になる方はぜひ試してみてください♪

(阿部綾奈/ノオト)

関連記事