ギャップ萌え! 心理学「ゲインロス効果」を恋愛にうまく利用して

ギャップ萌え! 心理学「ゲインロス効果」を恋愛にうまく利用して

コツは頑張りすぎないこと……!?
意中の彼を落とすため、彼に会う日はいつも気合いバッチリ☆ 一瞬だって隙を見せることなく、彼の前では完璧な私でいたいの! その気持ち、よーくわかります。好きな人の前では、いつでもかわいい自分でいたいし、常に頑張っちゃいますよね。

しかし、いつでも完璧なあなたを見ている彼の中で、上がりきった印象をさらに上げるのは至難の業。では、どうしたら印象を良くすることができるのでしょうか……? それは、「頑張りすぎないこと」なのです。

普段は頑張りすぎず、ここぞという時に最高の印象を残す。そうすることで、彼のメーターは一気に振り切り、あなたの印象がグンと上り詰めます。この現象を、心理学の世界では「ゲインロス効果」と呼びます。

■「ゲインロス効果」って何?

「ゲインロス効果」とは、「ゲイン=利益(プラスの印象)」と「ロス=損失(マイナスの印象)」をうまく使い分けることで、ギャップを作り上げる効果のこと。

わかりやすいように、2つのシチュエーションで「ゲインロス効果」をご説明したいと思います。

【合コンで……】

自己紹介の時からニコニコしていた彼と、無口で不愛想に感じられた彼。どちらからふいに笑顔を向けられたら、ギャップ萌えを感じますか? 多くの人は後者の彼に「え、意外、こんな風に笑うんだ……」と、ドキッとするでしょう。

【職場で……】

職場で大きな失敗をしたあなた。いつもやさしい上司と、いつも怒っている怖い上司。どちらにやさしい言葉をかけられたら印象に残るでしょうか? きっといつもの姿からは想像のつかない、後者の上司のギャップに好印象を抱くのではないでしょうか。

このように、最初からプラスの印象を抱いていた人よりも、最初はマイナス印象を抱いていた人からの方が、プラスの印象を受けた時に心に残りやすいのです。

■では早速、実践してみましょう♪

「ゲインロス効果」をうまく利用するには、「頑張りすぎないこと」が肝となってきます。普段からあなたの印象を良くする必要はなく、頑張るのはここぞ! という時だけで良いのです。

普段はデニムやパンツスタイルが多いあなたは、デートの度に無理してスカートを穿く必要はありません。今日は気合を入れるぞ、と決めた日にだけ、スカートを穿いてみてください。普段カジュアルなあなたを見ている彼は、見慣れないスカート姿にドキッとするはずです。

料理が苦手なのであれば、無理して取り繕う必要はありません。堂々と「料理はちょっと……」と伝えておきます。すると、いざ手料理を披露することになった時、「苦手なはずなのに頑張ってくれている」と、好印象を与えることができるかもしれません。また、「料理は苦手だけど、お菓子は作れるよ♪」と手作りのお菓子をプレゼントするのも効果的です。

■実際に「ゲインロス効果」で恋に落ちた男性も!

「今の彼女は、出会ったころは髪は明るいしネイルは派手だし……見た目がとにかくチャラチャラしていて、最初は苦手でした。でもある日、髪色が暗くなったことで落ち着いた印象に。それから急に真面目な一面や、清楚な部分が目に付くようになり、いつの間にか恋に落ちていました」(28歳・営業)

チャラそう、というマイナス印象から始まると、髪を暗くするだけでもドキッとさせることができるようですね。

「いつも目を見て挨拶をしてくれない会社の先輩に対して、無愛想な人だな、と思っていました。しかし、僕が仕事で大きな失敗をした時、『気にせず次頑張ろう』と、目を見て笑ってくれて……その日から、僕は彼女に片思いしています」(29歳・広告)

いつもは無愛想なのに、弱っている時にやさしくしてくれた、というギャップにやられてしまったようです。

どうでしたか? ギャップ萌えって、意外と簡単に作れてしまうものなんです。「ゲインロス効果」をうまく利用して、頑張りすぎずに彼を落としてみませんか?

(小泉桃子+ノオト)

関連記事