知ってる? コンディショナーとトリートメントの違い

知ってる? コンディショナーとトリートメントの違い

正しい知識で美髪になろう★
美髪を目指して、日々のヘアケアを怠らない女子のみなさん。リンス、コンディショナー、トリートメント……それぞれの違いを知っていますか? 知っているようで知らないヘアケアアイテムの違いについて、調べてみました。

■リンスとコンディショナーの違いは…?

一般に、リンスとコンディショナーはどちらも、主に髪の表面をなめらかにするものです。髪のすべりをよくすることで、キューティクルの傷みを防ぎ、パサつきにくくします。

一般的に、リンスとコンディショナーは同じものと言われています。髪の表面をコーティングし、潤いをキープしてくれます。使用する時は、髪の水分を切ったあとに適量をなじませ、すぐに洗い流しましょう。髪の内部を補修するものではないので、あまり時間をおきすぎるのは良くないみたい。流す時は、ぬめりがなくなるまで、しっかり洗い流してくださいね!

■トリートメントって何?

トリートメントは、英語の「treatment(処置する)」という 単語から名づけられました。髪の内部に浸透して失われた栄養を補い、ダメージの補修や保湿をする役割を持ちます。また、髪をコーティングしてダメージから保護します。

リンスやコンディショナーと違い、髪の内部に浸透するのがトリートメント。痛んだ髪をケアしたり、質感をコントロールしたりするものがあるんだとか。適量を髪に塗布した後に、内部に成分を浸透させるために5〜10分程度放置してください。その後は、ぬるま湯でやさしくすすぐようにしましょう。

■シャンプー後はどの順番で使えば良いの?

シャンプー後の順番は、
1. トリートメント
2. コンディショナーまたは、リンス
が正解です。
髪の内部に栄養を与えてから髪の外側をコーティングしてあげることで栄養成分が、流れて出てしまうのを防ぎます。

トリートメントしてから、コンディショナー・リンスを使うのが良いと言われています。これは意外と知らない人も多かったのではないでしょうか? 筆者は逆に使っていました……! 前述の通り、コンディショナー・リンスは髪の表面をコーディングするものなので、後からトリートメントをしてしまうと成分が内部まで浸透しにくくなってしまうんだとか。ただし、商品の中にはこれらの順序をちゃんと指定しているものも少なくないので、自分が使っているコンディショナーやリンスの説明を確認してみて!
正しい知識と使い方で、美髪を手に入れてくださいね★

(阿部綾奈/ノオト)

関連記事