季節の味をズボラにおいしく! 秋野菜の「無限◯◯」レシピ

季節の味をズボラにおいしく! 秋野菜の「無限◯◯」レシピ

食べすぎ注意☆
無限にごはんが食べられると話題になった「無限ピーマン」。ピーマンにツナ缶、中華顆粒だし、塩、こしょう、ごま油を加えてレンジでチンするだけのズボラレシピです。これをアレンジして、ピーマン以外の野菜で作る無限○○レシピも多数生まれています!

寒くなってきたこの季節、旬の秋野菜でももちろん無限○○ができちゃうんですよ。ズボラ料理大好きな筆者も作ってみました♪

■無限きのこ

材料は、お好みのきのこ3パックくらい、ツナ1缶、鶏ガラ(または中華)顆粒だし小さじ2、塩こしょう、ごま油、ごま(各適量)です。今回はエリンギ、舞茸、しめじを使いました。

きのこは石づきのあるものは石づきを取ります。しめじ、舞茸など手でほぐせるものは手でほぐし、ほぐせないエリンギなどは包丁で細長く切ります。
ごま以外の材料を耐熱皿に入れます。ツナ缶の汁も旨味なので全部入れましょう。軽く混ぜたら、ラップをかけて600Wで4分ほどレンジにかけます。
仕上げにごまをかけて完成です。小ねぎをかけると色味も旨味もアップしましたよ。さすが無限レシピ、箸が止まりません! ごはんのおかずにはもちろん、煮汁と一緒に、茹で立てパスタにあえてもおいしかったです。

■無限ごぼう

今度はごぼうで作ってみましょう。基本の材料は先ほどと同じですよ。
ごぼうは泥を落とし、ささがきにしながら水に取ります。包丁が難しい場合はピーラーを使うと便利ですよ。全部終わったらごぼうの水を切り、ごま以外の材料を耐熱皿に入れ、600Wで4分レンジにかけます。
仕上げにごまをかけて完成。

きんぴらや煮物のイメージがあって、ツナとの相性が心配だったのですが、ごぼうサラダのようなホッとする味でした☆

■無限カボチャ

続いてはカボチャでチャレンジ! 今回は「坊ちゃんカボチャ」という小さい品種を使ったので丸ごと1個使いましたが、普通の大きいカボチャの場合は1/4個程度が目安です。

カボチャは洗ってタネとワタをスプーンでかきとります。1cm程度のスライスにした後、一口大に切ります。電子レンジは過熱ムラが起きやすいので、なるべく同じ大きさになるように切ってくださいね。切りにくいようだったら、まるごと電子レンジで1分ほど過熱すると柔らかくなってカットしやすくなりますよ。
ごま以外の材料を耐熱皿に入れ、600Wで4分レンジにかけます。カボチャに爪楊枝がすっと刺されば完成です。固かったら、1分単位で様子を見ながら柔らかくなるまで再加熱してください。
これまた仕上げにごまをかけて完成。これなら「甘いカボチャはおかずにならない!」という男性でもおかずとして食べてくれるかも。コショウ多めにすると大人の味で、おつまみにも◎!
作り置きおかずとしても優秀な無限○○レシピ。朝ごはんやお弁当にも大活躍です。また、顆粒だしをお湯に薄く溶いて作ったスープに、作った無限○○を入れると、即席のスープにもなりますよ♪ 旬の秋野菜でたくさん作って、食欲の秋を堪能しましょう♪

(田中いつき+ノオト)

関連記事