ガルシニア茶とは?ダイエット効果はあるの?飲み方は?など気になるポイントをご紹介します!

ガルシニア茶とは?ダイエット効果はあるの?飲み方は?など気になるポイントをご紹介します!

聞き慣れないお茶ですね。

「ガルシニア茶」単品はもちろん、様々なダイエットティーやダイエット食品、サプリメントの中にも含まれていることが多い「ガルシニア」。

また、ダイエットだけではなく、美容目的やスパイスとして調理に使用されています。ダイエットに効果があるとされ、美容・健康食品であるガルシニアは、どんな成分が含まれており、効果は本当に期待できるのでしょうか?

「ガルシニア茶」とは?



ガルシニア茶の成分となっている「ガルシニア」は正式名称「ガルシニア・カンボジア(Garcinia Cambogia)」。

東南アジアやインドで広く栽培されているオトギリソウ科フクギ属の植物で、「果物の王様」とも呼ばれるマンゴスチンの仲間です。地域によっては「ゴラカ」や「タマリンドマラバー」などの名前で呼ばれています。

食べ方は部位によって異なっており、熟した果実は生でそのまま食べ、皮や実は乾燥後に貯蔵しスパイスとしてカレーや魚類の保存用として使います。味覚は柑橘系に類似した強い酸味が特徴的。

5月から9月の暑い時期に、黄色や赤みがかった色のオレンジ大の実が背の高い木に生ります。果物やスパイスの食品が多い東南アジアやインドでは、昔から流通し親しまれてきたごく一般的な食品です。

ダイエット食品に含まれているのはガルシニアの乾燥し加工させた皮の部分。身をそのまま食べても、満腹効果が得られダイエットには良いとされていますが、残念ながら日本では生のガルシニア市場流通量はほとんどありません。

ガルシニア茶など、加工されたガルシニア抽出物で手軽にガルシニアダイエットにチャレンジしてみましょう!

なぜガルシニアがダイエットに良いとされているの?

ガルシニアがダイエットなどに効果があるとされる研究は進んでおり、人間の体でも有効だとされるヒト試験の結果も多数報告されています。特に注目されているのが、脂肪を作る際に関与する酵素の働きを阻害してくれる「ヒドロキシクエン酸(HCA)」。

食事などから糖質を摂取した場合、体内で糖質はブドウ糖に変化しエネルギーとなっていきます。しかし、エネルギーにならなかった余剰分は酵素である「ATPクエン酸リアーゼ」の働きで脂肪に変化。体へ蓄積してしまう体脂肪を作ってしまうATPクエン酸リアーゼの働きを阻害してくれるのが、「ヒドロキシクエン酸」なのです。

また、食後に急に上がる血糖値の上昇を抑える効果もあるとされていることから、空腹感が抑制され余分な食事を避けられる可能性が。糖質の吸収、体脂肪の蓄積、血糖値の上昇を抑えてくれる効果が期待できることから、ガルシニアにはダイエットに向いている食材だとされています。

「便秘をしない」「消化と排便の良好なサイクル」など胃腸も大きく関係しているダイエット。ガルシニアは食材のほかに、胃腸を整える薬として使用されてきたため健康な胃腸を維持する効果も期待されています。

ただ、効果があるという研究結果がある一方、効果が期待できないという研究結果も存在しており、研究者の意見は様々です。

世界で広まるガルシニア・ダイエットの歴史

1965年、インドの研究者がガルシニアの中にダイエットに効果があるとされる「ヒドロキシクエン酸」などの成分を発見。それまでは一般的な食品や胃腸の調子を整えるための薬だったガルシニアが、ダイエット食品として1965年に初めて注目されたのです。

ラットを使用した実験が開始されたのは1998年以後。ダイエット食品としては、比較的新しい部類です。ダイエット効果があると発見された後、ミス・アメリカに選ばれたアメリカ人女性が、「ガルシニアでダイエットをしている」と発言したことから、ダイエット食品としてガルシニアがブームになりました。

当時のアメリカでは、多くの人気セレブタレントやトップモデルが実行。ダイエット製品大国・アメリカで始まったガルシニアダイエットブームは世界中に拡大していきます。欧米では、ガルシニアは「スパイスダイエット」と呼ばれることもあります。

日本でも2000年代に一時流行しましたが、2002年に厚生労働省が指摘するなど過剰摂取の危険性が取り上げられブームは短期間で終了してしまいました。

しかし、近年中国など東アジアを中心に、ガルシニアダイエットが注目され、日本でも再びブームが到来しています。様々な健康食品や美容・ダイエット食品として開発され、手軽なガルシニアダイエット飲料としてガルシニア茶が好まれています。

ガルシニア茶などガルシニアの飲み方とは?

ガルシニア茶は多くの場合、粉末やティーバッグの形で販売されています。

ガルシニア茶をやかんで入れる場合

1. やかんに600mlの水を入れティーバッグ1袋、もしくは大さじ1~2杯のガルシニア茶を入れます。
2.沸騰したら弱火にし、8分程度煮詰めれば完成。

ガルシニア茶を、水出しで入れる場合。

1.400mlの水にティーバッグ1袋を入れ、40分程度冷蔵庫で寝かせれば完成。

ガルシニア茶はホットでもアイスでも楽しめます。柑橘系のような酸味があるため、苦手だと感じる方は麦茶やウーロン茶などで割れば飲みやすいでしょう。ガルシニアの含まれたダイエット茶では、プーアルなど様々な成分と組み合わせて販売されていることが一般的です。

ガルシニアの独特な甘酸っぱさを生かし、ご自身の好みでブレンドを楽しんでみてはいかがでしょうか?お茶だけでなく、ハーブティーやココア、コーヒーとの組み合わせで販売されている飲料もあります。

また、いつでも気軽に楽しめるガルシニアパウダー配合の「ガルシニアダイエットガム」もありますが、多くの場合含有量が少なく脂肪燃焼効果は薄いとされています。しかし、食欲抑制効果はあるとされているため、空腹時の間食としては活用できるでしょう。

従来の方法として、カレーや魚料理、炒め物などのスパイスとして活用することも可能です。

一日に量はどれくらい摂取すればいいの?

前述したように、東南アジアやインドで長年、一般的に食べられており、カフェインも含まれていないので刺激も少なく比較的安全だとされているガルシニア。しかし、厚生労働省や専門家が副作用の問題点の指摘をしている点において、注意しなければならないのも確かです。ガルシニアの一日の摂取量は500〜1000mg程度だとされています。

ガルシニア茶だと、1杯~2杯程度で十分な量。一日に何倍も摂取する必要はありません。麦茶やウーロン茶などで薄めた場合は、日常生活の中で飲むお茶をガルシニア茶配合のお茶と変えて飲んでいる人もいます。

一般的な食事と少々違い、ダイエットに関してはつい「ダイエットに効果があるコレを多く食べればより効果を得やすいかもしれない」、と過剰な摂取をしてしまいがち。

また、「一度により多くのダイエット効果を得たい!」という思いから、ガルシニア茶を含んだ複数のダイエット食品を同時に摂取してしまう人もいます。その食品の効果をキチンと体内に吸収するためにも、用法・用量を守った適切な摂取方法を心がけましょう。

ガルシニアを摂取する際の気を付けるべき点

ガルシニアの過剰摂取で、特に注意しなければならない摂取形態は「サプリメント」です。サプリメントは手軽で、一度に多くの栄養素を摂取することが可能。

しかし、気を付けなければ摂取量を簡単にオーバーしがちなモノでもあります。その点、ガルシニア茶という飲料で摂取すれば、量を意識しながら緩やかに体内へ吸収していくことができます。

カフェインが含まれていないという点では、刺激も少なく妊婦さんにも安心な飲み物とも考えられますが、ガルシニアは体に大きな影響を与える栄養素。妊婦さんは多量のガルシニア摂取は控えましょう。

また、病気療養中の方、アルツハイマーの方、痛み止めなど普段常用していない薬を服用中の方には適していないと考えられています。

まれなケースではありますが、ガルシニア自体が体に合わないという方も。元々、ガルシニアはインドでは便秘薬として使用されている面もあり、胃腸になんらかの影響が出やすい食品。下痢や嘔吐などの体調不良が見られた場合はすぐに摂取するのを停止し、症状が酷ければお医者さんに相談してください。

ガルシニアはダイエットに効果的であると考えられている一方、長期間多量に摂取した場合の研究は未だにデータが少なく、明確なエビデンスは存在していません。研究途中の面もあるため、注意しながらガルシニアを摂取していきましょう。

ガルシニア茶をダイエットに生かすためには?

単に「ガルシニア茶を毎日飲んでいるだけ」では、健康維持には役立つ面がありますが、ダイエットとして成功するかどうかは個人差もあり難しい点があります。

ガルシニアダイエットで重要なのは、ガルシニア茶などでの摂取と同時に「運動」を行うこと。30分~1時間以内にガルシニアは体内へ吸収されるため、トレーニングを開始する前にはガルシニア茶を飲んでおきましょう。

食事の面でも、押さえておきたいポイントがあります。ダイエット中によくある「つい食べ過ぎてしまった」という食事の過剰摂取を防ぐためには、満腹感を得るために食前に摂取します。

更に、食後に摂取することで、血糖値の上昇を緩やかにし急速な栄養の吸収を避け、その後の空腹の時間も減らすことが可能だとされています。空腹の時間が減れば、ダイエットの天敵である間食を減らせられるかもしれません。ガルシニア茶は摂取量だけではなく、「飲むタイミング」も重要です。

また、脂肪燃焼効果があるカプサイシンを多く含んだ「トウガラシ」はガルシニアと相性の良い食品だとされています。トウガラシ入りのピリ辛な食事と一緒に、甘めのフルーティなガルシニア茶を飲んでみてはいかがでしょうか?

ガルシニアと運動の深いつながり

ガルシニアには、「満腹感の維持」などだけではなく運動時に効果が発揮できる作用もあるとされています。ガルシニアを摂取した人間を対象に、一定の時間内で栄養素が体内で分解されエネルギーへ変換される率を計算可能な実験を行った場合、運動時に脂肪燃焼効率が上昇していた報告も。

普段の運動が、ガルシニアを摂取することによって効率よく脂肪を燃焼することが可能であるとされています。運動時の脂肪燃焼だけではなく、ガルシニアの成分を数日間摂取した場合、ハードなトレーニングの持続時間が摂取していない時よりも伸びたという研究結果もあります。

また、筋肉中のグリコーゲンが筋肉育成には必須ですが、ガルシニアを摂取した直後にトレーニングを行うと終了後3時間は有意なグリコーゲンの上昇が見られました。運動をしやすい筋肉作り、脂肪燃焼しやすい体作りをガルシニアの「ヒドロキシクエン酸」が手助けしてくれると考えられています。

このことからプロテイン製品の中には、ガルシニア成分が含まれた製品も一般的に販売されています。単に脂肪を落とすのではなく、筋肉をつけメリハリのある健康的なボディラインを目指してガルシニア茶を飲んでみては?筋肉がついていれば、ダイエット後のリバウンドもしにくくなりますよ。

ダイエット以外にも効果が期待できるガルシニア

「体重を落とす」というダイエット以外にも、健康面や美容面でポジティブな働きをしてくれるとされています。

ガルシニアには、有効成分である「ガルシノール」が配合。ガルシノールに確認できる抗炎症作用や抗酸化作用には、成人病予防効果があるとされており健康的に日々を過ごすためには欠かせません。

また、女性に嬉しいのが「アンチエイジング効果」があるということ。活性酸素とは、病原菌撃退や雑菌排除などの役目があり人間が生きていくために必要不可欠な存在ですが、増えすぎると健康な細胞まで痛めてしまい老化の原因になってしまいかねません。ストレスや飲酒、紫外線などでも活性酸素は増加します。

この増加した活性酸素を抑えてくれるのが「抗酸化作用」なのです。ガルシニアだけではなく、大豆(大豆イソフラボン)やワイン(ポリフェノール)などの飲食物にも多く含まれています。また、基礎代謝を活発にしてくれる効果があるとされているため、美髪・美肌効果も期待できます。

世界最古の医療ともいわれるインドの「アーユルヴェーダ」にも、ガルシニアを使用した胃腸の治療方法がありました。近年注目されている抗酸化作用ですが、昔から人間はガルシニアなどを通して活用していたようです。

まとめ

食べ物に関係した○○ダイエットの多くは、その食品ばかりを摂取してしまう傾向にあり、食事や生活のバランスも崩しがち。

体重だけ減少しても、体調を崩し、栄養の偏りやストレスで肌を傷めてしまっては意味がありません。バランスよく痩せるためにも、ガルシニアダイエットに挑戦してみてはどうでしょうか。

関連記事